カテゴリー別アーカイブ: 研究員おすすめ

【特集:臼井儀人シリーズ-1】昨年連載30周年を迎えた国民的人気コミック『クレヨンしんちゃん』

1990年に「漫画アクション」誌上で連載が開始され、「まんがタウンオリジナル」や「JOURすてきな主婦たち」を経て2010年まで連載されていた作品が、今回ご紹介する臼井儀人先生の『クレヨンしんちゃん』です。

アニメ版が国民的人気を誇っていることもあり、臼井儀人先生の作品と聞けば本作を連想する人も多いと思います。ご存知のとおり、作者が2009年に事故で急死したのを受けて、遺稿掲載が終わった2010年3月号で一旦連載を終了。その後、元スタッフによる『新クレヨンしんちゃん』があとを引き継ぎ昨年で30周年を迎えました。 続きを読む

落語を通して自分を好きになれるコミック『お多福来い来い~てんてんの落語案内』

近年はADHDや自閉スペクトラム症などの言葉が広く知られ、生きづらさを抱えた人の存在が表に出るようになりました。そういう傾向はなくても「自分なんてダメだ」と思いやすい人は、少なからず生きづらさを抱えているでしょう。

そんな人への応援歌ともいえるコミックエッセイが、今回ご紹介する細川貂々先生の『お多福来い来い~てんてんの落語案内』です。彼女は『ツレがうつになりまして』の作者としても知られています。 続きを読む

現役書店員による“書店あるある”が満載『カバーいらないですよね』

日本においてマンガ掲載の場所といえば、1990年代は商業マンガ雑誌が大半でした。しかし、近年ではサイトやスマホアプリを中心とした作品も多く見られるようになりました。実際、ある程度名前を知られた方もこうした媒体で作品を描いているようです。

今回ご紹介する佐久間薫先生の『カバーいらないですよね』も、Webサイトで掲載されているマンガのひとつ。本作は、webアクションで「セカンドオピニオン」という、ボツになったネーム・原稿を救済するという企画から誕生しました。 続きを読む

社会人百合でもあり人事のお仕事マンガでもある最高傑作!『ヒトゴトですから!』

企業でいえば管理部門に当たるのが人事部。人事部は社員・アルバイトの採用から入社後の教育、部署異動の決定、給与計算などを担当します。いわば人に関するすべてが仕事なので、管理部門の中でも主要部署といえるでしょう。

そんな人事部にいる女性社員の恋愛模様を描いた作品が、ユニ先生の『ヒトゴトですから!』です。言葉としては聞いたことがあっても、意外と知られていない人事部の仕事についても描かれているので、お仕事マンガとしても楽しめます。 続きを読む

女子高生たちが軽率にいちゃつく一大百合絵巻『須波優子と百合な人びと』

男性の同性愛を描いた作品は、「BL」(ボーイズラブ)です。これに対して女性同士の恋愛を描いた作品を「GL」(ガールズラブ)もしくは百合と呼ばれます。百合作品もコメディタッチなものもあれば、いちゃつきが強い作品までさまざま。

そんな百合作品の中で、いちゃつく女子高生をコミカルに描いた作品が今回ご紹介する綿桐さや先生の『須波優子と百合な人びと』です。本作は、イラスト・マンガ・小説を楽しめるSNS「pixiv」にてご覧になれます。 続きを読む

女子高生+DIY=『スクール×ツクール』

女子高生の部活動漫画っていくつあるんでしょうか。「さすがにもう出尽くしただろう」と思っていたら、そうでもありませんでした。女子高生がDIYでキャッキャウフフする漫画が『スクール×ツクール』(原作:田岡りき、作画:wogura)です。

続きを読む

よっぱらいの生態を描く痛快コミックエッセイ『平成よっぱらい研究所完全版』

正体をなくすまで飲んで周囲に迷惑をかけた経験のある人も多いのではないでしょうか。お酒を飲むと笑い上戸になる人、泣き上戸になる人、誰かにやたら絡みたがる人などいろいろな人がいます。

そんな酔っ払いの実態を描いた痛快なコミックエッセイが、『のだめカンタービレ』の作者としても知られる二ノ宮知子先生の『平成よっぱらい研究所完全版』です。 続きを読む

女子高生の恋愛模様を描いたオムニバスストーリー『ララバイ・フォー・ガール』

少女から大人に変わっていく年代が、高校生から大学生にかけての数年間です。この時期は、美意識やセクシャリティなどといった価値観も発展途上だと言われています。そのため、時には意図することなく人を傷つけてしまうこともあるかもしれません。

そんな女子高生たちが織りなす恋愛模様を描いたオムニバスの群像劇が、今回ご紹介する松崎夏未先生の『ララバイ・フォー・ガール』です。 続きを読む

尊い「歳の差」百合が8作楽しめる短編集『さようならむつきちゃん』

甘いものから苦いもの、ほっこりするものまで、いろいろな側面を楽しめるのが百合短編集の大きな魅力です。今回ご紹介する磯谷友紀先生の『さようならむつきちゃん』も、さまざまな百合を楽しめます。

もともとはCOMITIA(コミティア)という創作ジャンルの同人誌用に描かれた作品で、本作にはタイトルとなっている『さようならむつきちゃん』をはじめとして、8作の短編が収録されています。

  • さようならむつきちゃん
  • 少女の魔笛
  • 桜の実の熟する日
  • 私のオディール
  • きみにならびて
  • 喪服
  • 神の子魔女の子
  • 魔女ヨハンセン

続きを読む

飲み友達に最高の『のみじょし』、でも恋人には…

お酒をこよなく愛する女性たちが「これでもか!」とばかりに飲み三昧になる4コマ漫画が『のみじょし』(迂闊)です。主人公はアラサー独身OLの高瀬道子(たかせ みちこ)。あだ名はみっちゃん。日本酒を“炭水化物”と言っちゃうほどの酒好きです。

続きを読む