カテゴリー別アーカイブ: ドラマ

戸田恵梨香と永野芽郁で『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』がドラマ化決定!

警察モノと言えばテレビドラマにおける定番の1つですが、講談社「モーニング」にて連載中の『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』(泰三子)が日本テレビ系列でドラマ化されます。

続きを読む

女性のメイクに対する本音がわかるコミック『だから私はメイクする』

近ごろSNSでは、コスメにこだわりを持つ「コスメオタク」と呼ばれる人が増えているのをご存知でしょうか。特にTwitterでは「コスメ垢」といって、「#コスメ垢」や「#美容垢」などのハッシュタグで検索すると、多くのアカウントでコスメに関するディープな情報を発信していることがわかります。

そんなメイクにハマっていく女性の実態を描いたマンガが、今回ご紹介するシバタヒカリ先生の『だから私はメイクする』です。 続きを読む

『凪のお暇』に続いてコナリミサト先生の『珈琲いかがでしょう』が中村倫也主演でドラマ化

約2年前の記事「『凪のお暇』で大人気!コナリミサト先生の最新作(の1つ)『ひとりで飲めるもん!』」(http://comic-candy.com/archives/16130)でもちょっと触れた『珈琲いかがでしょう』がテレビ東京系でドラマ化されることになりました。

続きを読む

アラサー以上であれば共感できる女のデトックスマンガ『地獄のガールフレンド』

「ルームシェア」という言葉を耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか。日本では、1つの部屋もしくは集合住宅、戸建住宅などを複数人で利用することを指すようです。一軒家であれば、各部屋をプライベートルーム(個室)、リビングやキッチンなどを共有スペースとしています。

国内では90年代半ばから2000年代初頭にかけて知られるようになったルームシェア。これをテーマとして、一軒家に同居することになった20代から30代の女性3人の本音を赤裸々に描いたマンガが鳥飼茜先生の『地獄のガールフレンド』です。 続きを読む

経理女子の目線で見る人間模様を描いたお仕事マンガ『これは経費で落ちません!~経理部の森若さん~』

どんな企業でも大切な”経理”業務。経理部門で飛び交う書類は請求書や各種伝票などいろいろとありますが、そこから意外な人間関係が出てくることも。

経理女子が見た人間模様を描いたお仕事マンガが、今回ご紹介する『これは経費で落ちません!~経理部の森若さん~』です。もともとは集英社オレンジ文庫から出ている同タイトルの小説で、それを森こさち先生がコミカライズしました。 続きを読む

【医療マンガ特集:第1回】薬剤師のリアルがわかるマンガ『アンサングシンデレラ 病院薬剤師葵みどり』

病院ではさまざまな資格を持った職員が活躍しており、その専門知識を活かし1つのチームとして患者さんの診察・治療にあたる「チーム医療」という考え方を取り入れて実践しています。その中で、治療に使う医薬品の調剤を行い、薬剤を扱うプロフェッショナルの観点から治療に対する方針を提案するのが、薬剤師の役割です。

今回ご紹介する『アンサングシンデレラ 病院薬剤師葵みどり』の主人公は、総合病院に入職して2年目の26歳。そんな彼女は、病院の中で常に患者さんのことを気にかけ、退院後も健康に生活できることを目指し治療に関わっています。 続きを読む

『あおざくら 防衛大学校物語』が実写ドラマ&舞台化!

小学館「週刊少年サンデー」にて好評連載中の『あおざくら 防衛大学校物語』(二階堂ヒカル)がドラマ化されます。防衛相の幹部自衛官を育成する防衛大学校を舞台とした本作。詳しい内容は、「合コン小付」の異名は伊達じゃない!『あおざくら 防衛大学校物語』の記事をどうぞ。

続きを読む

【前編】医療小説のトップにして原点となる作品がついに漫画化!『白い巨塔』徹底解説

【あらすじ】
舞台は2018年3月。

近畿地方は猛烈な豪雨に襲われ、各地でかけ崩れが発生する。後輩医局員の送別会に向かう途中だった財前五郎(国立浪速大学第一外科准教授)は、途中でがけ崩れに巻き込まれた親子を発見。

無事だった子供と協力して瀕死の状態だった父親を完璧な処置で救ったことから、マスコミにも取り上げられるようになり、消化器外科(肝臓・脾臓・大腸など)の若き権威としてもてはやされている。

しかし、師である東貞蔵(第一外科教授)は財前の影響力が大きくなることへの危機感から、次第に彼を遠ざけるようになり、あからさまに苦言を呈するようになる。

周囲からは「東教授退官後の第一外科次期教授有力候補」と見られており、財前自身も教授選に勝利したいと思っているなど権力欲は強い。そんな性格が災いして、後に東と鵜飼の権力争いに巻き込まれることとなる。 続きを読む

ドラマも放送中!心あたたまる人情寿司ストーリー『江戸前の旬』

日本が世界に誇る食文化の一つ、寿司。誰もが親しんできた食べ物だけに『将太の寿司』をはじめ、これまでさまざまな漫画の題材になってきた。今回はそんな中でコミックス刊行数が95巻(2018年11月現在)に達し、発行部数は1500万部突破、須賀健太さん主演のドラマも放送中の人気作『江戸前の旬』を紹介したい。

続きを読む

麻雀漫画の枠を超えた“怪作”に心がアツくなる! 『天 天和通りの快男児』

『賭博黙示録カイジ』『アカギ 〜闇に降り立った天才〜』『銀と金』など数々の傑作を生み出し、ハードな勝負の世界を描き続けるギャンブル漫画界の鬼才・福本伸行。そんな福本氏が才能を一気に開花させた作品があるのをご存知だろうか? 今回は1989年から2002年まで連載され、ファンの間で語り継がれる出世作『天 天和通りの快男児』の魅力を紹介したい。 続きを読む