カテゴリー別アーカイブ: 少年誌

週刊少年マガジン 2024年20号(2024年4月17日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
●『甘神さんちの縁結び』(内藤マーシー)
アメリカ留学を望む朝姫に瓜生の心の中では応援と心配がせめぎあう。自分の受験勉強は順調でもこちらの問題を解くのはなかなか難問で…。最新単行本14巻が好評発売中。

続きを読む

週刊少年サンデー2024年21号(2024年4月17日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
●『葬送のフリーレン』(原作:山田 鐘人、作画:アベ ツカサ)
帝国に侵入したラントとユーベル。一旦は逃れるものの、魔導特務隊の隊員に追い詰められてしまう。ユーベルが抵抗したものの、視界を奪われてしまい、ラントと共に拘束される。

ラントとユーベルが1級合格時にゼーリエから貰った魔法が知りたいところ。縛ったものが鉄のロープなら簡単に抜けられそうですが、逃げたら何か知らせるような仕掛けでもありそうです。 続きを読む

週刊少年サンデー 2024年20号(2024年4月10日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
●『まじっく快斗』(青山 剛昌)
宝石がはめ込まれたブロンズ像を盗むと予告した怪盗キッド。中森警部の妻で青子の母でもある敏腕検事の碧子がキッドの確保に乗り出す。厳重な警備の中で怪盗キッドが登場。

とりあえずキッドの登場ですが、宝石だけを盗むのか。ブロンズ像ごと盗むのか。ところでキッドが成りすましたのは中森警部で良いのでしょうか。それとも他の人だった? 続きを読む

週刊少年マガジン 2024年19号(2024年4月10日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
●『シャングリラ・フロンティア』(硬梨奈/不二涼介)
サイガ‐0と合流し、封将も倒して後はクターニッドの出現を待つばかりとなったサンラクたちだが、まったくその動きはなくチームは明日に備えてログアウトすることに。一方、リアルでは楽郎の家に慧から思いがけない贈り物が届いていた。慧とシルヴィとの決戦を収録した最新単行本17巻が4月17日発売。

続きを読む

週刊少年サンデー2024年19号(2024年4月3日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
●『ロッカロック』(馬頭 ゆずお)
音楽、その中でもロックが大好きな瀬良幸丸(せら ゆきまる)。熱中したバンドの解散に納得しつつ、中学校の卒業式でゲリラライブを敢行する。そして高校に進学。新連載。

ちょっと古いタイプな気がする主人公。ここから、どこまで人気を集められるのか。ただサンデーって、音楽ものが受け無さそうな感じなんですよね。とりあえずは仲間集めかな。 続きを読む

週刊少年マガジン 2024年18号(2024年4月3日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
●『戦隊大失格』(春場ねぎ)
薬師亡きあと、浮遊城に戻ったD。居合わせた再編ブルー部隊の碧流従一位から神具を奪ったDは仲間にメッセージを伝えると、再び桜間としてグリーン部隊と合流する。その真意は⁉

続きを読む

週刊少年サンデー2024年18号(2024年3月27日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
●『写らナイんです』(コノシマ ルカ)
部員不足で廃部寸戦のオカルト部。1人残った部員である橘みちるは、怪奇な噂のある黒桐まことを部に誘う。しかしみちるの撮った黒桐の写真には幽霊が写っていなかった。新連載。

霊的なパワーは、みちるの方が上ってことで良いとして、このままではオカルト部の廃部の危機は続くんですよね。この後に他の部員はどうやって増やすんでしょうか。 続きを読む

週刊少年マガジン 2024年17号(2024年3月27日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ

●『カッコウの許嫁』(吉河美希)
SNSのフォロワー数3億人を誇る世界の歌姫テイラー・スチュアートが天の屋にやってくる。またとないチャンスにスタッフは意気込むものの、凪はというと今一つやる気がない。しかし理人からテイラーはスターライトホテルにも宿泊すると聞かされて思わず「ならば勝たせてもらいますよ」啖呵を切ってしまうのだった。
続きを読む

週刊少年サンデー2024年17号(2024年3月19日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
●『トニカクカワイイ』(畑 健二郎)
ラブラブなナサとツカサながら、WEB漫画に刺激された知り合いの余計なアドバイスにより、隙間風の気配。そんな時にナサの「本当のこと知ったら…」発言をツカサが聞いてしまう。

言われてみれば、秘密らしい秘密ってツカサの不老不死くらいなんですよね。もっとも2人だけの秘密ってよりも、人類全体の秘密と言った方が妥当かもしれませんが。 続きを読む

週刊少年マガジン 2024年16号(2024年3月20日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
●『彼女、お借りします』(宮島礼吏)
「普通のデートでいい」。水原にはそう言ってもらったものの、彼女に満足してもらうためのデートプランに頭を悩ませる和也。二人の秘密を知っている栗原からは一線を超えろとそそのかされてさらに浮足立ってしまう。一方水原も友人との会話から「デートで男女の関係を迫られる」可能性に気づいてしまい…?

続きを読む