カテゴリー別アーカイブ: 電子配信コミック

マンガライターが選んだ、「ビューン読み放題スポット」で配信しているおススメコミックをご紹介します。

愛を知らない『カイル』と感情ある人間の行方は?!

人間が繁殖する時は、少なくとも愛情というものがどこかに介在する。
しかし今回ご紹介する『カイル』に登場する、海婁(カイル)と呼ばれる半人半海洋の生物には、そのような感情は存在しない。ただ子孫を増やすためだけに人間の女性を襲い、子孫を産ませて子らの餌にするのだ。

そんな衝撃的な設定の本作には「パイン」「セヴン」「カイル」「マサキ」「シグル」という5人のカイルを巡る物語が連作という形で収録されている。それぞれの名前を冠したカイルたちが、人間の女性と出会って変わっていく様子が描かれる。

続きを読む

『Fairytale』は人間味あふれるおとぎ話!

童話と言えば、「赤ずきん」「白雪姫」「人魚姫」などが有名どころだろうか。今回ご紹介する『Fairytale』は、いくつかの童話の主人公たちが絡み合った、猫と狼と吸血鬼が登場する不思議なオリジナルストーリーである。

とある時代のとある国で、ネズミの駆除で裕福になった猫(ヒトの形に猫耳の姿)たち。しかし、かの有名なハーメルンの笛吹き男によってすべてのネズミがいなくなってしまったため、猫たちの仕事はなくなり、国の外へ放り出されてしまった。

続きを読む

『わが家は駐在所』だから人を救う!

山間の小さな村・登呂林(とろりん)村は、銀世界が広がり、澄んだ青空と空気、子供たちの笑い声の響くのどかで平和な場所。都会から引っ越してきた主人公・萩原 太一は駐在さん。妻の渚は、男女の双子の子供を生んで婦警こそ引退したものの、正義感の強いお母さんである。
若い人はみんな村を出ていくため、二人の子供たちは近所の人気者だ。毎日あちこちの家で、まるでローテーションのように面倒を見てもらっている。

続きを読む

股間のマグナムで成り上がれ!男の生きざまが輝く『杉作』

いきなりちょっと下ネタ路線なんですが、「俺の股間のマグナムが火をふくぜ!」なんて言い回しありますよね。マグナム=男性のシンボルという比喩で。今回はそんな股間のマグナムを比喩じゃなく、本当に実体化しちゃった男の物語『杉作』をご紹介したいと思います。 続きを読む

素直になれない恋……『誰もあたしを好きにならない』は本当?

ヤリマンを装って本気の恋をしない真希。真面目でカタブツの梨華。13年の付き合いの幼馴染に翻弄される奈津美。けれど、彼女たちには普通の恋はできない。真希はヤリマンということが周囲に広がりすぎて。梨華は好きな相手がチャラチャラしていることが気に入らなくて。奈津美はずっと姉役だった呪縛が解けなくて……そんな女の子の不器用ラブ!

続きを読む

ホテルには魔法使いがいる!?極上の“おもてなし”物語『コンシェルジュ』

舞台は就職氷河期だった頃の日本。どうにか都内のホテルに就職できた川口 涼子は、宿泊客のさまざまな要望に応える「コンシェルジュ」部門に配属された。次から次へと舞い込む仕事に頭を抱える涼子だが、上司の最上 拝(もがみ はい)はどんな難題も見事に解決して彼女を驚かせる。それもそのはず、最上はニューヨークの一流ホテルで活躍した経歴があり「グレート・ハイ」とも呼ばれる凄腕コンシェルジュだったのだ……!

続きを読む

弥生時代と怪奇現象の短編集!『水の国幻視行』でロマンを感じよう!

舞台は弥生時代。持っているとその村は潤うという、伝説の「水の鐸」をめぐる物語。干ばつで困っていた南の村の長は、息子のトキに水の鐸を手に入れるように依頼する。トキは水の鐸を持つという伊都国(いとこく)へと発つが、村からの途中の道で狗奴国(くなこく)の戦士に襲われたところを、偶然にも伊都国の第二王子が助けてくれて……。

続きを読む

米を吐き出す特異体質、どう使う……?人情派&超常的コメディ『米吐き娘』

主人公は22歳のフリーター・みのり。母親と2人暮らしの彼女は極貧生活だった。その理由は「口から米を吐いてしまう」という超常的な体質だから。米吐きを公言できないから選べる仕事が少なく、勤めてもトラブルですぐ辞めることになってしまうのだ。それでも負けずポジティブに生きるみのりは、米の産地である地元県庁が募集しているキャンペーンスタッフの仕事を見つけて無事採用。米吐き娘が米の消費推進キャンペーンをやるんだから、まさに天職──かと思いきや、その職場は変なヒトばかりで……!? 続きを読む

二つの勾玉が揃う時……『白狐奇譚』は教会の天使?!

山奥の教会に怪我をした青年が突如現れた。しかし教会で祈っていた少年・清貴が救急箱を取りに行っている間に、彼はいなくなってしまう。何やら黒い勾玉を残して……。実は青年の正体は人間ではなく、別世界に住んでいるはずの白狐の玉藻だったのだ。

続きを読む

二つの家族に揺れる……『月の行方』はどこへ着地する?

月子は19歳になってから、お金持ちの実の父親に引き取られることになった。実の母親は生まれてすぐに亡くなり、叔母とその子どもたちときょうだいとして仲良く暮らしてきたが、実の父親の妻が亡くなり、心細くなったのだろうか。籍は入れないまま、お試し期間のようにその家に行ってみるが──?

続きを読む