週刊少年ジャンプ 2021年21・22合併特大号(2021年4月26日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2021.21・22
●『ONE PIECE』(尾田栄一郎)
vs四皇、超白熱!海に落下したはずのビッグ・マムだが、新たな雷雲を携えて城に戻った様子。お玉たちは狛犬に乗ってライブフロアのステージを目指すが、ややこしい敵に追われている。そこへなんとビッグ・マムと遭遇?!しかしお玉を見て10歳以下の子供にだけまれに見せる「マザーボード」に入った!世話になった「おこぼれ町」がカイドウの手下によって燃やされたと聞いて──!?

●『Dr.STONE』(原作:稲垣理一郎 作画:Boichi)
地球上の全人類が再び石化した中、様々な偶然が重なりスイカに最後の復活液が降り注ぐ!石化を解かれたスイカだったが、幼い彼女一人では生きていくこともままならない。千空も復活液を持っていないし、他に話し相手も協力者もいない中、絶望に号泣するスイカ。しかし、千空もかつてはたった一人の人類だったことを思い出し、とにかく全員の石像探すことに決める。強くなれ、スイカ!!

●『ブラッククローバー』(田畠裕基)
10分で解けるユナイトの間になんとかナハトを助けられたアスタだったが、その後30分はユナイトどころかブラック化もできないと言う。ダークトライアドは今、最高位悪魔クラスの力を得てしまっている。30分も保たないと考えるナハトだったが……。そして今最も危険な状況なのは、自分が残してきたジャックだ。そこへ現れたのは、マグナとゾラ!雑魚すぎると相手にされないものの、マグナはある秘術を生み出していた!!

■掲載順チェック!
【今号の掲載順】
ONE PIECE(尾田栄一郎) <巻頭カラー>
マッシュル-MASHLE-(甲本一)
呪術廻戦(芥見下々)
Dr.STONE(原作:稲垣理一郎 作画:Boichi)
ブラッククローバー(田畠裕基)
アメノフル(原作:たけぐし一本 漫画:みたらし三大) <センターカラー>
逃げ上手の若君(松井優征)
夜桜さんちの大作戦(権平ひつじ)
僕のヒーローアカデミア(堀越耕平) <センターカラー>
アオのハコ(三浦糀)
ウィッチウォッチ(篠原健太)
ぺこぺこの病(渡辺シンペイ) <センターカラー> <読切>
僕とロボコ(宮崎周平)
SAKAMOTO DAYS(鈴木祐斗)
高校生家族(仲間りょう)
アンデッドアンラック(戸塚慶文)
あやかしトライアングル(矢吹健太朗)
破壊神マグちゃん(上木敬)
クーロンズ・ボール・パレード(原作:鎌田幹康 作画:福井あしび)
灼熱のニライカナイ(田村隆平)
アイテルシー(稲岡和佐)
《休載》
HUNTER×HUNTER(冨樫義博)

【コメント】
GW前の合併特大号。増ページの作品もあり、読み応えたっぷりだ。どの作品も先が気になるところで次号に続くが、長期休暇ということもあり、次号の発売は5月10日(月)までおあずけとなる。単行本の発売はあるので、お気に入りの作品の復習をして熱い思いを高めよう!