週刊少年ジャンプ 2021年20号(2021年4月19日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2021.20
●『アメノフル』(原作:たけぐし一本 漫画:みたらし三大)
2号連続新連載の第2弾は、スイーツバトルコメディ!特別なキャンディを食べたせいで、お菓子を生み出せる人間が誕生した。それによって東京は壊滅──。それは「ペロペロキャンディ使い」の仕業と言われている。同じ能力を持つお菓子はないはずだった。そんなお菓子使いをとらえるのが仕事である、お菓子警察「ルセット」が、甘い物好きの女子高生を疑い始めるが……?!

●『アンデッドアンラック』(戸塚慶文)
シェン前に現れたのは、かつての支障であるファン。しかし、どう観ても若者だった。本人いわく「より強くなるために若返った」と言うが……?シェンの能力である「不真実(アントゥルース)」は、好きな人にしか発動しない。ゆえにファンには効果がなくなってしまった。シェンは絶望のたびに強くなることを知っているファンは、ムイを連れて行こうとする。しかしそこに風子とアンディが──?!

●『破壊神マグちゃん』(上木敬)
新任のあかむら先生は無駄に怖い。宿題の量も尋常じゃないし、学校の規律の乱れが気になると、突然の荷物検査を始める。マグちゃんを取り上げられてしまった流々は、意を決して理科準備室へ。しかしそこには異様な光景があった。どうやらこの教師は、マグちゃんを崇める「混沌教団」のメンバーらしい。ミュスカーにより派遣されたようで、奇妙な踊りでマグちゃんを引きつけようとするが?!

■掲載順チェック!
【今号の掲載順】
アメノフル(原作:たけぐし一本 漫画:みたらし三大) <巻頭カラー> <新連載>
呪術廻戦(芥見下々)
僕のヒーローアカデミア(堀越耕平)
Dr.STONE(原作:稲垣理一郎 作画:Boichi)
ブラッククローバー(田畠裕基)
アオのハコ(三浦糀) <センターカラー>
アンデッドアンラック(戸塚慶文)
高校生家族(仲間りょう)
マッシュル-MASHLE-(甲本一) <センターカラー>
ウィッチウォッチ(篠原健太)
SAKAMOTO DAYS(鈴木祐斗)
逃げ上手の若君(松井優征) <センターカラー>
夜桜さんちの大作戦(権平ひつじ)
僕とロボコ(宮崎周平)
破壊神マグちゃん(上木敬)
灼熱のニライカナイ(田村隆平)
あやかしトライアングル(矢吹健太朗)
アイテルシー(稲岡和佐)
クーロンズ・ボール・パレード(原作:鎌田幹康 作画:福井あしび)
《休載》
ONE PIECE(尾田栄一郎)
HUNTER×HUNTER(冨樫義博)

【コメント】
2作目の新連載がスタートした今号。突如下位掲載に転落した『アイテルシー』と『クーロンズ・ボール・パレード』が気になる。すぐに浮上すれば良いのだが。『アンデッドアンラック』が久々に掲載順位を上げた。『灼熱のニライカナイ』では一つの謎が開示され、収束も近い気がする。