花とゆめ 2011年23号(2011年11月5日発売)

■掲載漫画ピックアップ

・『女王様の白兎』(音久無)
地球に到達して数日、修行も順調に進み、レイシーは早くも願いを叶えるための三人目を探していた。けれど、何もかも上手くいっているのに、この胸のモヤモヤは何だろう?雪兎に名前を呼ばれて嬉しいのに、どうしたらいいのか分からない。わがまま女王様、ついに初恋を憶えるか!?

・『いわくのローズ』(堀古みやこ)
表向き普通の「古美術店ローズ」は、裏でいわくつきの美術品を扱う謎の店だった。店主ローズは年齢不詳のドSだけど、時給はいいし我慢してもおつりがくる――そう思っていたある日、事件は起きた。“メアリーの呪い”とは何なのか。解明できなければ、4日後にローズは……!怪奇ロマネスクここに見参。

・『いっしょにねようよ』(高尾滋)
停電した心細い暗闇の中で、一子が想ったのはただ一人。幸せになることを恐れて、古白の想いに応えられなかった一子の想いが、ついに溢れ出す。ピュアで深い愛の物語が今、幕を閉じます。たくさん苦しんだ二人だからこそ、いつまでも幸せでいて欲しいですね。

■掲載順チェック

【今号の掲載順】
 女王様の白兎(音久無)<巻頭カラー>
 暁のヨナ(草凪みずほ)
 神様はじめました(鈴木ジュリエッタ)
 Unknownの魔導書(師走ゆき)<読み切りカラー>
 いわくのローズ(堀古みやこ)<読み切り>
 モノクロ少年少女(福山リョウコ)
 月刊なかとば(山口舞子)
 スキップ・ビート!(仲村佳樹)
 いっしょにねようよ(高尾滋)<最終回>
 ろっぱん!!(作画:トビナトウヤ 原作:ハラダカケル)
 声優かっ!(南マキ)<巻頭カラー>
 俺様ティーチャー(椿いづみ)
 ローラさんは辛口(ゆきなかなこ)<読み切りカラー>
 僕は男子校でホントによかった。(南十字明日菜)<読み切り>
 蒲田ギュウ乳販売店(此花高見)

【コメント】
今号は、前号から大幅に連載順位を上げてきた『神様はじめました。』が、秋の風情満載で表紙を飾りました。今号の見所はなんといっても、読み切りの豊富さです。どの作品もボリュームたっぷり、読み応えのあるストーリーで、思わず読み切り作品だと忘れそうになりました。
そして次号は、あの大人気シリーズの新たな伝説『サクラ大戦~奏組~』がついに解禁です。表紙・巻頭カラーを飾り、46ページの大ボリュームで登場します。この波、乗り遅れることなかれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。