戸田恵梨香と永野芽郁で『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』がドラマ化決定!

警察モノと言えばテレビドラマにおける定番の1つですが、講談社「モーニング」にて連載中の『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』(泰三子)が日本テレビ系列でドラマ化されます。

続きを読む

愛を知らない『カイル』と感情ある人間の行方は?!

人間が繁殖する時は、少なくとも愛情というものがどこかに介在する。
しかし今回ご紹介する『カイル』に登場する、海婁(カイル)と呼ばれる半人半海洋の生物には、そのような感情は存在しない。ただ子孫を増やすためだけに人間の女性を襲い、子孫を産ませて子らの餌にするのだ。

そんな衝撃的な設定の本作には「パイン」「セヴン」「カイル」「マサキ」「シグル」という5人のカイルを巡る物語が連作という形で収録されている。それぞれの名前を冠したカイルたちが、人間の女性と出会って変わっていく様子が描かれる。

続きを読む

週刊少年マガジン 2021年22・23合併号(2021年4月28日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
2021WM_no2223
●『EDENS ZERO』(真島ヒロ)
葵宇宙全てのロボットの機能停止をもくろむシュラ。その計画を阻止すべくネロ66に乗りこんだシキたちをシュラ自らが迎え討つ。帝国・反乱軍・星系六祈将の四つ巴の戦いの幕は切って落とされた!!

続きを読む

週刊少年サンデー 2021年22・23合併号(2021年4月28日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0722
●『バイロケーターズ』(田辺 狭介)
落雷に打たれたことで下半身不随になり、幽体離脱も経験した天野崇彦(あまの たかひこ)。悪霊に奪われた義姉の魂を取り戻すため、離脱師と名乗る貴姫みこと(たかひめ みこと)の手助けをする。新連載。

バトルアクションとのことですが、異能対決にもなりそうです。設定もいろいろありそうですし、『君は008』の迫力と色気に勝てるでしょうか。

続きを読む

【特集:臼井儀人シリーズ-1】昨年連載30周年を迎えた国民的人気コミック『クレヨンしんちゃん』

1990年に「漫画アクション」誌上で連載が開始され、「まんがタウンオリジナル」や「JOURすてきな主婦たち」を経て2010年まで連載されていた作品が、今回ご紹介する臼井儀人先生の『クレヨンしんちゃん』です。

アニメ版が国民的人気を誇っていることもあり、臼井儀人先生の作品と聞けば本作を連想する人も多いと思います。ご存知のとおり、作者が2009年に事故で急死したのを受けて、遺稿掲載が終わった2010年3月号で一旦連載を終了。その後、元スタッフによる『新クレヨンしんちゃん』があとを引き継ぎ昨年で30周年を迎えました。 続きを読む

落語を通して自分を好きになれるコミック『お多福来い来い~てんてんの落語案内』

近年はADHDや自閉スペクトラム症などの言葉が広く知られ、生きづらさを抱えた人の存在が表に出るようになりました。そういう傾向はなくても「自分なんてダメだ」と思いやすい人は、少なからず生きづらさを抱えているでしょう。

そんな人への応援歌ともいえるコミックエッセイが、今回ご紹介する細川貂々先生の『お多福来い来い~てんてんの落語案内』です。彼女は『ツレがうつになりまして』の作者としても知られています。 続きを読む

現役書店員による“書店あるある”が満載『カバーいらないですよね』

日本においてマンガ掲載の場所といえば、1990年代は商業マンガ雑誌が大半でした。しかし、近年ではサイトやスマホアプリを中心とした作品も多く見られるようになりました。実際、ある程度名前を知られた方もこうした媒体で作品を描いているようです。

今回ご紹介する佐久間薫先生の『カバーいらないですよね』も、Webサイトで掲載されているマンガのひとつ。本作は、webアクションで「セカンドオピニオン」という、ボツになったネーム・原稿を救済するという企画から誕生しました。 続きを読む

【ネタバレ感想】アオのハコ【週刊少年ジャンプ19号(2021年4月12日発売)~】

思いを寄せる先輩と突然の同居!?青春部活ストーリー!

バド部の大喜は、1年先輩の女バスの千夏が好き。毎日朝練をしに体育館へ行くのは、実は彼女目当てだった。しかしとある事情から千夏が家に同居することに!?だが人気者の千夏と同居など、周囲にバレたら大変なことになる。そこで必死で隠そうとするが、千夏に誤解され…。

週刊少年ジャンプ 2021年21・22合併特大号(2021年4月26日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2021.21・22
●『ONE PIECE』(尾田栄一郎)
vs四皇、超白熱!海に落下したはずのビッグ・マムだが、新たな雷雲を携えて城に戻った様子。お玉たちは狛犬に乗ってライブフロアのステージを目指すが、ややこしい敵に追われている。そこへなんとビッグ・マムと遭遇?!しかしお玉を見て10歳以下の子供にだけまれに見せる「マザーボード」に入った!世話になった「おこぼれ町」がカイドウの手下によって燃やされたと聞いて──!?

続きを読む