週刊少年ジャンプ 2019年18号(2019年4月1日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2019.17
●『鬼滅の刃』(吾峠呼世晴)
3周年突破記念表紙&巻頭カラー!そして4月6日(土)からとうとうテレビアニメが放送開始!義勇と猗窩座の一騎打ちの間に、父が教えてくれた「透き通る世界」に入れた炭治郎。猗窩座の手が義勇の腹を撃ち抜く寸前に、まったく気配もなくそれを切り落とすことに成功する。先に義勇を始末することに決めた猗窩座の背後には炭治郎がいるが、まったく気付かれていない。今が首を斬る絶好の機会なのに炭治郎は自ら──?!

続きを読む

1904-まんが川柳

「好き」のあと 「今日は何の日?」 照れ隠し

こんなふうに、照れ屋な男子にとっては、普段恥ずかしくて言えないことを、冗談めかしてなら素直に口にすることができるかも!? 一緒に笑える噓なら、これをきっかけにして仲良くなれるかもしれませんね。

週刊少年サンデー 2019年17号(2019年3月27日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0517
●『水女神は今日も恋をするか?』(三簾 真也)
収穫期に襲いかかる飛龍。その危機を救ったのは、砂衛団の副団長であるトルファンだった。寡黙な彼だったが、その実態は感動しやすい性格の持ち主だった。

ライバルかと思ったら、強烈にアシャの後押しをしそうなキャラでした。しかしアシャは恋敵と勘違いしているようですし、この辺りが今後の展開に関わりそうです。

続きを読む

週刊少年マガジン 2019年17号(2019年3月27日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
2019WM_no17
『炎炎ノ消防隊』(大久保篤)
紺炉とはアドラの間には繋がりがある!シンラは浅草に向かう。そこでは紺炉と白装束が戦いを繰り広げていた!!やはり紺炉には秘密が!?TVアニメ放送開始直前巻頭カラー。

続きを読む

人間でも妖でもいい!『霊感少年の事件簿~半妖 亜蘭編~』は大切な姉のためなら!

目が覚めると自室のベッドにいる亜蘭。最近よく記憶が飛んでしまうことがあったが、二人の姉と違って霊感などまったく持っていないはずだった。しかし、それまではただの奇行だと思っていた、洗濯叩きであちこち叩きまわるという下の姉・桜花の行為が理解できてしまった。彼女はどうやら「異形のモノ」を追っていたことが視えるようになっていたのだ──。

続きを読む

【ネタバレ感想】神緒ゆいは髪を結い【週刊少年ジャンプ15号(2019年3月11日発売)~】

白黒の二重人格で両極端な美少女が、イケメンを振り回す!?

あまりの凶暴さのために封印された黒い最凶を宿すのは、一見温厚でおっとりした白い美少女!幼馴染が髪を結う鎖で封印された黒は、過去の行いのせいで追われる身。白い少女に惚れたイケメンも巻き込まれ、なんとか黒を隠さなければならない。しかしアクシデントは不可避!?

週刊少年ジャンプ 2019年17号(2019年3月25日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2019.17
●『ONE PIECE』(尾田栄一郎)
おいはぎ橋で牛鬼丸と刃を交えるゾロのもとに、おトコを連れた女が救いを求めて現れる。おトコを狙う者などオロチ以外にはいないらしく、ゾロは酒とメシで手を打つということで助けることにするが、空気を読まない牛鬼丸が決闘と続けたがり隙あらば攻撃をしてくる。面倒な中で戦うことになったゾロは、「人斬り鎌ぞう」の鎌に──?!しかし反撃はここからだった!!

続きを読む

週刊少年サンデー 2019年16号(2019年3月20日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0516
●『双亡亭壊すべし』(藤田 和日郎)
自衛隊員を操る和装の男は、圧倒的な力で鬼離田姉妹の童子やアウグスト博士の放電、ジョセフィーンの火炎を弾き飛ばす。その正体は100歳近いすご腕の呪禁師だった。

そんな腕前を持つ呪禁師がなぜ敵対するのか。単に操られたとは思えませんし、何か裏がありそうです。もっとも強い人間ほど簡単に操られそうですが。

続きを読む

週刊少年マガジン 2019年16号(2019年3月20日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
2019WM_no16
『オリエント』(大高忍)
鬼鉄刀を統べる黒曜の女神は、武蔵の体を借りて忌人の真実と力の使い方を見せる。武蔵と共に戦う小次郎の決意を見届けた女神は犬飼を退けると言い、武士たちの刀の力を結集するのだった。犬飼四郎が目印の最新単行本第4巻が発売中。

続きを読む

「合コン小付」の異名は伊達じゃない!『あおざくら 防衛大学校物語』

一般的な大学とは異なる「省庁大学校(しょうちょうだいがっこう)」と呼ばれるものがあります。例えば、気象庁の職員養成を目的とした気象大学校、警察官の幹部を対象にした警察大学校などがそれにあたります。本作の舞台となる防衛大学校もまた幹部自衛官となる学生向けの大学です。

こうした省庁大学校でほぼ共通しているのは公務員として給料がもらえることです。そんな待遇に惹かれて、というか家庭の事情もあって入学したのが、本作の主人公である近藤勇美(こんどう いさみ)。高校で成績優秀だった彼は進学を希望していたものの、家があまり裕福でなかったことから先生の勧めに応じて防衛大学校に進学します。

続きを読む