週刊少年ジャンプ 2017年44号(2017年10月2日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2017.44
●『ブラッククローバー』(田畠裕基)
TVアニメ放送前日表紙&巻頭カラー!!フェンリルの腹違いの弟・ランギルスから、凶々しい空気が漂ってくる。このままでは彼が彼でなくなってしまうと感じたフェンリルは、ずっと気にかけていた弟を全力で止めようとすべてを賭けて挑むが、力及ばず、仲間がクリスタルを破壊するも、一瞬の差で間に合わず敗退してしまう。しかし、虫の息になっているフェンリルに試合が終わってもなおトドメをさそうとするランギルスに、アスタは──!?

続きを読む

【ネタバレ感想】センチメントの行方【月刊コミックバーズ2017年7月号(2017年5月30日発売)~】

あれから20年 現代の女子高生達は何を感じるのか

小学館「ビッグコミックスピリッツ」掲載のオムニバス漫画『センチメントの季節』の新作連載。大人となったかつての女子高生と今の女子高生の出会いで何が起きる?孤高の女子高生に触れることを許された男子高生の存在とは?新たな女子高生達の言動から目が離せない。

週刊少年サンデー 2017年44号(2017年9月27日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0344
●『舞妓さんちのまかないさん』(小山 愛子)
中学3年生時代の思い出を回想。文化祭が始まり、力を入れて作ったお化け屋敷はお客さんに好評でした。キヨは、お腹の空いたすみれにクレープの差し入れです。

空腹ながら受け付けを代わって、食券まで提供した健太の思いが届く日は来るので……いや当面来ないでしょうね。元々、青森編しか登場しないからなあ。

続きを読む

【ネタバレ感想】ふたりのじかん【まんがライフSTORIA2016年Vol.18(2016年5月30日発売)~】

天然ムチムチな先輩は青少年には刺激が強すぎです

高校1年生の真田文人とボンキュッボンな先輩部長・進藤和月の部員が2人だけな写真部。何かと無邪気な和月の言動に振りまわされて、ぶんちゃんの煩悩とシャッターを押す指が暴走することたびたびに。突っ込み役で美脚な小野寺先輩の意外な赤面も要チェックだ!

【ネタバレ感想】寄宿学校のジュリエット【週刊少年マガジン43号 2017年9月27日発売~】

知られちゃいけないヒミツの恋!!

東和国とウェスト公国の間に位置するダリア学園。黒犬の寮と白猫の寮は、それぞれの国を背負って激しく対立していた。寮生達を束ねるリーダー、犬塚とペルシアは、人前では敵として振る舞いながら実は相思相愛の恋人同士で…。ヒロイン・ペルシアのかわいさに目が離せない!!

 

週刊少年マガジン 2017年43号(2017年9月27日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
cover_2017WM_no43
●『寄宿学校のジュリエット』(金田陽介)

東和国とウェスト公国の間に位置する寄宿学校ダリア学園。それぞれの国を背負って対立する黒犬の寮のリーダーである犬塚と、白猫の寮を束ねるペルシアは実は恋仲で……。移籍前の月マガでの掲載分収録の単行本第1~5巻は好評発売中。

続きを読む

マーガレット 2017年20号(2017年9月20日発売)

■掲載漫画ピックアップ
cover201720
●『空色レモンと迷いネコ』(里中実華)
尾道に暮らす瀬戸渚は、小さいころ引っ越してしまった幼なじみの涼のために街の写真を撮る毎日。そんな渚の前に現れたのは人気俳優の上条大和?……里中実華先生の新連載。尾道を舞台に始まる新たな恋の物語に期待ですね。

続きを読む

週刊少年ジャンプ 2017年43号(2017年9月25日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2017.43
●『食戟のソーマ』(原作:附田祐斗 作画:佐伯俊)
TVアニメ第3期放送開始直前記念巻頭カラー!とうとう始まった1年生ズ3人の3rd BOUT。「バターを活かした料理」とは、具体的にはどのようなものなのだろうか?副食材で、通常はメインで使う素材ではないものに、創真と斎藤がどう手を加えていくのかが注目される。大量のオレンジを搾る斎藤に、切り餅を利用して「なんちゃってホワイトソース」を作ると言う創真。そして二人は同時にフライパンにバターを投入!その時、「あの人物」たちは──?

続きを読む

週刊少年マガジン 2017年42号(2017年9月20日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
cover_2017WM_no42
●『ランウェイで笑って』(猪ノ谷言葉)
家を支えるために一度は諦めたデザイナーの夢。「好きなだけではいつか挫折する」と言われた育人が出した答えは……?都村育人編が完結。待望の単行本第1巻が発売中。

続きを読む

週刊少年サンデー 2017年43号(2017年9月20日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0343
●『境界のRINNE』(高橋 留美子)
元エクソシスト(悪霊ばらい)の霊を払う仕事を請け負ったりんね。しかしりんねは、桜に化けた悪霊を手にかけることができなかった。浄霊料をも断ったりんねを見る桜の目は……。

今回の選択は間違っていないと思いますが、普段の行いがアレなんですよね。ちょっとずつ進展していると考えて、今後の成り行きに期待しましょう。

続きを読む