月別アーカイブ: 2022年7月

天使が与えるのは幸か不幸か!?『プラチナエンド』で神を決める!

【あらすじ】

大ヒットしてアニメ化・実写化もされた『DEATH NOTE』や『バクマン。』のコンビが贈る3作目は『プラチナエンド』!こちらもTVアニメ化されている。
今度は神・天使と人間を中心にすえた本作が最終回を迎えた。天使がついた「神」候補13名の戦いを描くファンタジーだ。

続きを読む

週刊少年マガジン 2022年35号(2022年7月27日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ

●『ブルーロック』(金城宗幸/ノ村優介)
カイザーのシュートがゴールに突き刺さり、ゲームは1-1の同点に。イレブンがカイザーインパクトに驚愕する中で潔はカイザーを冷静に分析し、独自の高次元理論に到達する。あとは実践だけだ!最新単行本第20巻が発売中。

続きを読む

週刊少年サンデー 2022年35号(2022年7月27日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ

●『名探偵コナン』(青山 剛昌)
仮面ヤイバーのコラボイベント目的に静岡まで遠出したコナン一行。引率の若狭先生と沖屋昴(赤井秀一)が駆け引きをする中で、海の家の従業員の遺体が見つかる。

いきなりの殺人事件。コナンの脅威が静岡まで広がりました。若狭vs赤井はとりあえず引き分けとして、コナンを含めた3人の推理合戦はどうなるんでしょうか。

続きを読む

蘇る感動!『鋼の錬金術師20th ANNIVERSARY BOOK』

【あらすじ】
読んだことがなくてもそのタイトルは誰でも知っているであろう『鋼の錬金術師』が、連載開始から20周年を迎えた。
2001年7月から2010年6月にかけて、全108話にわたって「月刊少年ガンガン」に連載された本作。単行本は27冊になり、後に刊行された完全版では18巻にまとめられている。
TVアニメや劇場版アニメも多数制作された。
2021年12月に生誕20周年を記念してメモリアルブックが刊行。
今回はそれを紹介したい。

続きを読む

週刊少年ジャンプ 2022年34号(2022年7月25日発売)

■掲載漫画ピックアップ

●『ONE PIECE』(尾田栄一郎)
4号ぶりに連載再開の『ONE PIECE』!応募者全員サービスの第2弾では、GEAR5状態のルフィと、カイドウ&カイドウ型ヤマトが登場!8月5日(金)発売の「ジャンプGIGA」では、シャンクスが表紙を飾る!そちらでは映画のヒロイン・ウタのライブ応援グッズセットが応募者全員サービスとなっている!8月8日(月)には最新映画に関わる総勢15名の徹底ロングインタビューが掲載されたムック本も発売される。本誌以外にも楽しみが盛りだくさんだ!!

続きを読む

週刊少年マガジン 2022年34号(2022年7月20日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ

●『EDENS ZERO』(真島ヒロ)
ついにシキたちの前に姿を現したジギー。レンダードの中枢にはジギーによって生命創造のエーテルを集めるために、レベッカの母親であるセントファイア・ノックスを始め、ワイズやホムラの母など、母となった者たちが集められていた。驚愕するレベッカたちを残して一人テレポートされたシキはジギーと一対一の戦いを挑むが!?

続きを読む

週刊少年サンデー 2022年34号(2022年7月20日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ

●『MAO』(高橋 留美子)
白眉の野心を見込んで姿を現す猫鬼。一方、幽羅子の妖を追って村にたどり着いた摩緒。その前に巨大な土の人形が湧き出してくる。村にいたのは兄弟子の大五だった。

意外な人物ですが、死んだと思われた人間が続々と生き返って?います。圧倒的な力量以上に意識が不明瞭なのが脅威です。何かに操られているのでしょうか。

続きを読む

週刊少年ジャンプ 2022年33号(2022年7月19日発売)

■掲載漫画ピックアップ

●『僕のヒーローアカデミア』(堀越耕平)
死柄木と対決中の爆豪だったが、なかなか優勢には立てない。傷を負い、腕を折られ、それてでもその地に立ち続ける。そんな中、出久と連絡がつかない雄英では、爆豪を守るように指示が飛ぶ!「そいつは雄英を卒業して、No,1ヒーローを目指すんだ!!」と──。そこに現れた3人のヒーロー候補生たちとは?!

続きを読む

週刊少年マガジン 2022年33号(2022年7月13日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ

●『シャングリラ・フロンティア』(硬梨奈/不二涼介)
サイガー0に加え、飛び入り参加の秋津茜とシークルゥの協力を得て、夜襲のリュカオーンの影を倒したサンラク。ネフィリム・ホロウでの好敵手・ルストとモルドが待つフィフティシアで新たな冒険が幕を開ける!

続きを読む

週刊少年サンデー 2022年33号(2022年7月13日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ

●『龍と苺』(柳本 光晴)
大鷹名人と守屋棋聖も見守る中で、海江田王座との対局が続く。両者の差し手が進むものの、まだまだ海江田の研究範囲の様子。そんな対局室に大鷹名人と守屋棋聖が訪れる。

解説や回想シーンにも出てきた河村はどこにいるんでしょうか。流れからすると、もう亡くなって……の可能性がありそうです。実際にも故・村山聖九段がいましたしね。

続きを読む