日別アーカイブ: 2022/05/14

揺れ動く女の子の繊細な感情を描いた読み切り百合短編集『妹ができました。』

女性同士の恋愛(ガールズラブ)を描いた作品は、「百合」と呼ばれます。今でこそ広く知られるようになり、さまざまな人がカミングアウトするようになりましたが、周囲に打ち明けにくいものでした。

そのため、どこか繊細な感じのするそんな恋愛のような感じがします。そんな女の子たちの恋愛の一部を描いた短編集が、芥文絵先生の『妹ができました。』という作品です。2011年~2014年にかけて「つぼみ」と「ひらり」に掲載された読み切り作品に、描き下ろしが入って一冊の短編集になりました。 続きを読む

【祝アニメ化!】村岡ユウ先生の『もういっぽん!』2023年1月アニメ放映決定!

女子高生の部活をテーマにした作品は、かなりたくさんあります。その中でも、柔道は古くから名作と呼ばれる作品も多いですね。筆者自身も柔道をしていたこともあり、やはり柔道をテーマにした作品は注目してしまいます。

今回は、以前にレビューを書いた村岡ユウ先生の『もういっぽん!』がアニメ化されると聞いたので、その件について書かせていただきます。昨年にはアニメ化が発表されていましたが、ついに2023年1月より放送が決定しました(以前のレビュー記事はこちら)。 続きを読む

竹嶋えく先生によるさまざまなテイストの極上な百合作品が楽しめる短編集『君に好きっていわせたい』

ひとことで「ガールズラブ(百合)作品」といっても、あまあまな恋愛を描くものから心のどこかに闇を感じさせるもの、際どい性描写のあるものまでさまざまあります。そういう意味では、それぞれの好みが分かれやすいジャンルといえるでしょう。

あまあまな百合恋愛作品の中でも、かわいい絵柄で人気の高い作者といえば竹嶋えく先生です。その中でも、読み切り(短編)作品を集めた『君に好きっていわせたい』を紹介します。 続きを読む

書店・書店員を思わず応援したくなるお仕事コミック『本屋の堀ちゃん』

取引先や来店するお客様に接客していると、そんなに低くない確率で横柄な態度に出る人など、想定外の事態に遭遇します。特に接客業の経験のある方ならば、思わず何度も首を縦に振るでしょう。

小売業者は日本国内にもたくさんあり、おそらくどの業界にもそれぞれの「あるある」が存在するはず。その中で、書店業界で発生しがちなあるあるを描いた作品が、今回ご紹介する佐久間薫先生の『本屋の堀ちゃん』です。本作は「Webアクション」で連載されていた『カバーいらないですよね』のエピソードを改題したものと番外編を収録した、オール新作となっています。 続きを読む

ほのぼのした恋愛を描くガールズラブコミック『女ともだちと結婚してみた。』

日本では、自治体単位でパートナーシップ制度を制定していますが、同性婚はまだ法的に認められていません。もしも結婚が認められるようになったら、婚姻届を出したいと思う人は一定数いるのではないでしょうか。

今回は同性婚にちなんで、雨水汐先生の『女ともだちと結婚してみた。』を紹介させていただきます。本作は、同性婚が法律で認められるようになった日本が舞台の、女同士で結婚した「ふうふ」の物語です。 続きを読む