月別アーカイブ: 2021年12月

【2021年まとめ】今年に亡くなった漫画家や関係者(8~12月)

7月までにもビッグネームが並んでいましたが、8月以降も著名な方々がお亡くなりになられました。(前回の記事はこちら

続きを読む

【2021年まとめ】今年に亡くなった漫画家や関係者(1~7月)

2021年も残り数日。この時期に新聞や雑誌の記事になるのが、1年間に亡くなった有名人や著名人の話題です。そこで2021年に亡くなった漫画家や関係者を集めてみました。長くなるため、1~7月と8~12月に分けてあります。

続きを読む

女の子になった男の子の成長物語『オレが私になるまで』

「生まれ変わるなら(もしなれるのであれば)異性になりたい」という願望を持っている人は、男女を問わず多くいらっしゃると思います。しかし、ずっと戻ることができないとしたらどうでしょうか。

それでもなりたいという人は、もしかしたら少ないかもしれません。ある日突然、男の子から女の子になったある少年が、少しずつ自分を受け入れて女性になっていく物語が、今回ご紹介する佐藤はつき先生の『オレが私になるまで』です。 続きを読む

同性カップルの心が和む同棲コミックエッセイ『今日もひとつ屋根の下』

これまでは、なかなか理解を得られなかった同性カップル。「LGBTQ」という言葉が浸透してくるとともに、不動産会社の入居申し込みでも、通常通り申し込みができ、審査にも通過できるようです。その他、クリエイターや芸能人で、LGBTQに入ることをカミングアウトする人も増えています。

今回取り上げる、犬井あゆ先生(以下、「先生」)もそのひとり。デビュー作『定時にあがれたら』が発表された時期と並行して、付き合いはじめた同性のパートナーがいます。その彼女との日常を描いたコミックエッセイが、『今日もひとつ屋根の下』です。 続きを読む

週刊少年サンデー 2022年4・5号(2021年12月22日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ

●『帝乃三姉妹は案外、チョロい』(ひらかわ あや)
才色兼備な名女優である綾世昴(あやせ すばる)の一人息子の優(ゆう)。しかし母親と異なって凡人な優は超名門校で才能を示す“三帝”と呼ばれる帝乃家の三姉妹と出会う。新連載。

やたら凡人と主張していますけど、あの完璧な掃除だけで家事スキルは抜群にあると推測できます。そうなると三姉妹の誰とくっつくか……ですね。

続きを読む

誰も知らない話が満載!『刑務官が明かす死刑の話』で都市伝説の○×も解説!

極刑が廃止される先進国も多い中、いまだに死刑制度のある我が国・日本。漫画『刑務官が明かす死刑の話』は、死刑執行に携わった刑務官から聞いた話を描いたコミックエッセイだ。死刑執行担当に選ばれる確率は年間で0.1%であるとか。その候補者になるのは優秀でベテランのある一定の条件を満たした者のみである。そしてそれは決して断れないのだ。

続きを読む

週刊少年マガジン 2022年4・5合併号(2021年12月22日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ

●『東京卍リベンジャーズ』(和久井健)
三天戦争が終わって一週間がたったが、タケミチはまだ病院のベッドの上にいた。ドラケンを失い梵も解散してしまった今、タケミチはたった1人で戦い続ける決意を固めていた。最新単行本第25巻が発売中。

続きを読む

週刊少年ジャンプ 2022年3・4合併号(2021年12月20日発売)

■掲載漫画ピックアップ

●『呪術廻戦』(芥見下々)
2号連続巻頭カラー!劇場版アニメは12月24日(金)より上映開始だ!映画ポスターと『呪術廻戦0→1』の単行本の掛け替えカバー付きと豪華である。虎杖が新しいルールを追加したと知った伏黒は、もうこの階層には用はなかったが、目的を達したゆえに本気で戦える!!

続きを読む

ボーイ ミーツ ガール、でも彼女は吸血鬼だった 『よふかしのうた』2022年7月にアニメ化

小学館の「週刊少年サンデー」にて好評連載中の『よふかしのうた』(コトヤマ)のアニメ化が進行中。2022年7月からフジテレビ系列の『ノイタミナ』枠で放送予定です。

続きを読む

週刊少年ジャンプ 2022年2号(2021年12月13日発売)

■掲載漫画ピックアップ

●『呪術廻戦』(芥見下々)
第2回キャラクター人気投票結果発表!劇場版の学生証シール付き。三人を相手にする伏黒だったが、そこへルール追加の一報が入る。伏黒は津美紀が殺し合いに強制されることはない、焦らず皆を信じろと自分に言い聞かせる。相手の持ち点にこだわらず、ただ降りかかる火の粉を払えばいいと。果たして戦いの行方は──?!

続きを読む