日別アーカイブ: 2021/10/25

シェアハウスに住む個性的な4人の気持ちが絡み合う恋愛ストーリー『カカフカカ』

「十で神童十五で才子二十過ぎては只の人」という言葉があります。幼い時は非常に優れていて特別だと思われていても、そのほとんどは成長につれて平凡な人になってしまうというたとえで使われるものです。

これは、現実社会で叩きのめされていくうちに自分の能力に気づくことが原因にあります。自信をなくして臆病になってしまい、シェアルームに住むことになった女性を主人公にして、そこに住む人たちの恋愛模様を描いた作品が今回ご紹介する石田拓実先生の『カカフカカ』です。本作は、2019年に森川葵さん主演でドラマ化されました。 続きを読む

秋本治先生の「4誌で新作発表プロジェクト」第4弾は、下町の銭湯が舞台!『いいゆだね!』

秋本治先生の代表作といえば、多くの人が知っているであろう『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(以下は、通称の『こち亀』)ですね。この作品は1976年に連載がはじまり、2016年9月に最終回を迎えました。

その後、2016年の12月から順次4誌で新作の発表を行いました。最後となる2017年3月に「ウルトラジャンプ」にて連載開始されたのが、今回ご紹介する『いいゆだね!』です。本作は1994年に「スーパージャンプ」で読み切りとして3話が掲載され、2011年には『こち亀』の祝35年企画でコラボレーションされています。 続きを読む

週刊少年ジャンプ 2021年47号(2021年10月25日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2021.47
●『アオのハコ』(三浦糀)
単行本第2巻好評発売中!大人気御礼表紙&巻頭カラー!試合のあと、熱を出して寝込んでいる大喜の部屋に、突然千夏が現れる。うどんを作ってくれたり、何かして欲しいことはないかと聞いてきたりして、大喜の心配をする。千夏もインターハイを控えているので、風邪が感染ってはいけないからと部屋を出るように言うが、そこで千夏から大喜に質問が。些細なことまで見てくれている千夏にはかなわないのだった。

続きを読む