月別アーカイブ: 2020年8月

週刊少年ジャンプ 2020年39号(2020年8月31日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2020.39
●『仄見える少年』(原作:後藤冬吾 漫画:松浦健人)
新連載4連弾の第2弾!残暑の頃に霊怪ホラーが登場。以前読切で掲載された作品の連載版だ。霊媒師として化物級の姉を持つ片難木伊織は、本来他人のためには動かない。動く時は自分のためにだけだと言うが、クラスメイトの哀別理久に取り付いた「霊怪」の存在を告げる。人助けが好きで、嫌な雰囲気を察知する能力を持っていた哀別だったが、それは自らが招き寄せていただけだった──?!

続きを読む

週刊少年サンデー 2020年39号(2020年8月26日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0639
●『よふかしのうた』(ことやま)
ナズナは仲間の吸血鬼に、コウとの関係を解消すると告白。ナズナを心配して追いかけたコウは、改めて「ナズナちゃんを好きになる」と宣言。

決意したナズナですが、タイムリミットもありますし、あまりうかうかできないんですよね。「恋路を応援する」と言ったニコの動向も気になります。

続きを読む

週刊少年マガジン 2020年39号(2020年8月26日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
2020WM_no39
『魔女に捧げるトリック』(渡辺静)
17歳の針井マキトは、子供の頃からショービジネスの世界で揉まれてすっかり荒んでしまったマジシャンだ。引退公演で火あぶりからの脱出に失敗して、気がついときには中世ヨーロッパ風の世界にいたマキトは異世界転生とはしゃいでいたが、そこは「風」ではなく魔女狩りの嵐が吹き荒れる本物の中世だった!

続きを読む

【ネタバレ感想】魔女に捧げるトリック【週刊少年マガジン39号(2020年8月26日発売)~】

天才マジシャンが中世にタイムスリップ!!

中世にタイムスリップしてしまったマジシャンのマキト。そこで出会った少女・ミアは「魔女」として教会の迫害を受ける身で…? 魔女狩りの嵐が吹き荒れる中世ヨーロッパを舞台に、マジシャンと魔女のショーが幕を開ける!! 『リアルアカウント』の渡辺静、最新作!!

二つの勾玉が揃う時……『白狐奇譚』は教会の天使?!

山奥の教会に怪我をした青年が突如現れた。しかし教会で祈っていた少年・清貴が救急箱を取りに行っている間に、彼はいなくなってしまう。何やら黒い勾玉を残して……。実は青年の正体は人間ではなく、別世界に住んでいるはずの白狐の玉藻だったのだ。

続きを読む

週刊少年ジャンプ 2020年38号(2020年8月24日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2020.38
●『BURN THE WITCH』(久保帯人)
新連載4連弾の第1弾は、2年ぶりに本誌に返ってきた久保帯人先生のシリーズ連載!2020年から始まった「BLEACH20周年プロジェクト」の第1弾となる本作は、既にアニメ化の情報も解禁!ドラゴンの保護・管理が仕事の、のえるとニニーの二人の魔女が繰り広げる裏(リバース)ロンドンの物語を4話ずつのシリーズで展開する。第1話は大ボリュームの57ページ!刮目せよ!!

続きを読む

週刊少年サンデー 2020年38号(2020年8月19日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0638
●『MAO』(高橋 留美子)
白眉との戦いで疲弊し寝込んでしまう摩緒。そんな状況でも次々と訪れる患者達を相手に菜花、百火、乙弥の3人がてんやわんやする。

親切な仲間達をもって摩緒は幸せ者です。しかし菜花の気苦労が続きます。「可哀そうだとは惚れたってことさ」の言葉もあるように確実に心情が揺れてますよね。

続きを読む

週刊少年マガジン 2020年38号(2020年8月19日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
2020WM_no38
『彼女、お借りします』(宮島礼吏)
2人きりの試写会を見届け、
小百合は旅立っていった。残された千鶴を心配する和也だったが、最愛の祖母を失ってもなお微笑む姿を前にそれ以上は踏み出せず……。単行本最新第16巻が発売中。

続きを読む

『日本人なら知っておきたい日本文学』を読んで、古典文学を学びなおしてみませんか?

『源氏物語』といえば、多くの人は紫式部が書いた古典の代表作であることを知っているでしょう。しかし、外国人に源氏物語や紫式部について質問されて、自信を持って答えられる人は少ないかもしれません。

それは、多くの人にとって作者・作品名・文法を丸暗記で古典(古文)の学習で、深い部分までは知る機会がなかったことに尽きると思います。そんな私たちのために、古典文学の作者像をわかりやすく描いた作品が、蛇蔵先生(作画担当)と海野凪子先生(エッセイ担当)の『日本人なら知っておきたい日本文学』です。 続きを読む

二つの家族に揺れる……『月の行方』はどこへ着地する?

月子は19歳になってから、お金持ちの実の父親に引き取られることになった。実の母親は生まれてすぐに亡くなり、叔母とその子どもたちときょうだいとして仲良く暮らしてきたが、実の父親の妻が亡くなり、心細くなったのだろうか。籍は入れないまま、お試し期間のようにその家に行ってみるが──?

続きを読む