月別アーカイブ: 2020年7月

週刊少年マガジン 2020年35号(2020年7月29日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
2020WM_no35
『ブルーロック』(金城宗幸/ノ村優介)
三次選考に向けて最後の一人を待つ潔の前に現れたのは、國神ではなく士道だった。衝撃を受ける潔だが、”青い監獄”存続をかけたU-20日本代表との試合に新たな闘志を燃やす! 最新単行本第10巻は8月17日(月)発売。

続きを読む

誰でも恋をしたくなる!『マリッジ・マリッジ・マリッジ!!』で結婚も視野に?!

女性のゴールが結婚──という時代は、もはや過ぎてしまったのかも知れない。打ち込める仕事があればそちらの方が夢中になれるし、やりがいもある。けれどどこかで恋を求める気持ちも残っていたり……?そんな3人の女性の結婚観とドタバタ劇、そして1本の短編『ア・タ・シのプライス』で結婚後の苦悩を描く本作『マリッジ・マリッジ・マリッジ!!』で、もう一度自分の恋愛観を見返してみたい作品だ。

続きを読む

週刊少年サンデー 2020年34号(2020年7月22日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0634
●『魔王城でおやすみ』(熊之股 鍵次)
スヤ姫からのアドバイスもあって戴冠式は無事に終了。未来に戻ったスヤ姫とのろいのおんがくかは、世界が元に戻ったことを確認してヘラヘラしてしまう。

そう言えば、のろいのおんがくかって名前が分かってないんですよね。今回は大活躍でしたし、ちゃんと名前を付けてはいかがかなと思います。

続きを読む

週刊少年マガジン 2020年34号(2020年7月22日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
2020WM_no34
『ランウェイで笑って』(猪ノ谷言葉)
合同展示会初日の後半戦。育ての親である祖母への執着から、アプロ本流を超えるデザインを生み出せずにいた遠だったが、TCGを経て自分自身のデザインを前面に押し出すように。初日終了時点での順位は3位。育人との勝負の行方は……?

続きを読む

【ネタバレ感想】僕とロボコ【週刊少年ジャンプ31号(2020年7月6日発売)~】

僕のオーダーメイドのロボットはちょっと違う?いいのか?!

一家に一台のメイドロボが当然の時代。ボンドの家は貧乏なのでロボを買ってもらえなかった。しかし、古くてもいいからとねだった結果届いたのは、妙にたくましいメイドロボ。メイドなのに掃除も料理もできないけれど、じゃあ何ができるのかというと──?役に立つのか?!

週刊少年ジャンプ 2020年33・34合併号(2020年7月20日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2020.33・34
●『ONE PIECE』(尾田栄一郎)
鬼ヶ島の裏口には、やはり敵が待ち構えていた。戦いの火蓋は切って落とされる!そして城内の天井裏では、ルフィと自らを「光月おでん」であると名乗るヤマトが話し込んでいる。そしてカイドウがオロチの首をはね、ビッグ・マムと手を組むと公言した。果たしてどうなるのか?!

続きを読む

『シャングリラ・フロンティア~クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす~』コミカライズスタート!!

『シャンフロ』こと『シャングリラ・フロンティア~クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす~』の連載が、7月15日発売の週刊少年マガジン33号にてスタートした。

続きを読む

週刊少年マガジン 2020年33号(2020年7月15日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
2020WM_no33
『シャングリラ・フロンティア』(硬梨菜/不二涼介)
フルダイブ型のVRゲームが普及した近未来、”サンラク”こと陽務楽郎はよりによってクソゲーばかりをプレイする悪食ゲーマーだった。
めぼしいクソゲーをあらかたクリアしてしまった楽郎が次に挑むのはクソゲーの対極に位置する”神ゲー”として名高い『シャングリラ・フロンティア』だった!!「なろう」で累計2億2千万PV超えの超人気作、堂々のコミカライズ!!

続きを読む

【ネタバレ感想】シャングリラ・フロンティア【週刊少年マガジン33号(2020年7月15日発売)~】

クソゲー専門の変態ゲーマーが神ゲーに挑んでみた

クソゲーを偏愛するサンラクこと陽務楽郎が次に挑んだのは総プレイヤー数3000万人を超えるフルダイブVRゲーム「シャングリラ・フロンティア」だった。「小説家になろう」で累計2億2千万PVを超える超人気作を実力派・不二涼介の手で堂々コミカライズ!!

週刊少年サンデー 2020年33号(2020年7月15日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0633
●『葬送のフリーレン』(原作:山田鐘人、作画:アベツカサ)
魔導書を求めて竜の巣に来たフリーレンとフェルン。しかし紅鏡竜の圧倒的な力を目の当たりにして、3人目の仲間として戦士のシュタルクに共闘を持ちかける。

結局は仲間になるんでしょうけど、単に紅鏡竜を倒してしまうのは惜しい気がします。特に村を襲わなかった理由が知りたいですね。ところで「服が透けて見える魔法」には興味があります。

続きを読む