月別アーカイブ: 2020年2月

週刊少年サンデー2020年13号(2020年2月26日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0613●『名探偵コナン』(青山 剛昌)
クラスメイトの姉で人気モデルのパーティーに招かれたコナンや蘭達。暗闇の中で参加者の一人が苦しみ始め、灯りが付くと額に”天罰”の文字が書かれて倒れていた。

またしても殺人事件です。容疑者は数人に絞られそうですが、動機次第ではいろいろ込み入った事件になりそうですね。しかしよく人が死ぬ街だなあって思います。 続きを読む

海外での日本マンガ・アニメ事情を紹介したコミックエッセイ『フランス人の私が日本のアニメで育ったらこうなった』

政府が策定した「クールジャパン戦略」では、マンガ・アニメ・ゲームを有望なコンテンツとして取り上げています。特に、日本のアニメーションは「ジャパニメーション」と呼ばれ、海外でも広く親しまれていることはご存知でしょう。

フランスのマンガには、「バンド・デシネ」があります。日本では『タンタンの冒険』が有名ですが、近年では日本風のマンガ(マンフラ)を描く人も出ています。特にトニー・ヴァレント氏の『ラディアン』は日本でも人気で、2018年からはEテレでアニメ化されています。今回は、同じく日本のマンガ・アニメに影響を受けているマンガ家エルザ・ブランツ氏のコミックエッセイ『フランス人の私が日本のアニメで育ったらこうなった』を紹介します。
続きを読む

近未来SF『天使失格』は不思議も冒険もてんこ盛り!

2126年、トーキョーベイシティ。嵐(ラン)は夢の中で天使に出会った──。目が覚めるとそこは自宅。アメリカ出張の母親を見送って、学校にでかける途中、用水路から奇妙な手が出てネズミを捕まえるのを見た。50年ほど前に「バイテク(バイオテクノロジー)バブル」と言われた時代があり、さまざまな生物が作られたという。それらが下水道に逃げ込んで増殖しているという都市伝説があったが……。

続きを読む

週刊少年ジャンプ 2020年13号(2020年2月22日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2020.13
●『ONE PIECE』(尾田栄一郎)
しのぶにより、これまでのおでんの情けない行為の数々の真相が明かされて、驚き混乱する人々。またたく間に国中に真実が知れ渡り、人々が駆けつける中、おでんは部下の侍たちに本当のことを明かす。そして未来を予測するような言葉も……?!煮えたぎった油の中で1時間を耐えたおでんだったが、姑息なオロチの銃殺刑への変更により、おでんの死を受け入れるしかない侍たちは──?!

続きを読む

ネットで有名な「やったねたえちゃん!」が、まさかの全年齢向け漫画として復活

「そんな装備で大丈夫か?」など、特定の漫画やゲームに登場した台詞が長く汎用的にネット上で使われることがある。俗に”ネットスラング”と呼ばれるものだ。今回は漫画発祥の有名なネットスラング「やったねたえちゃん!」が数年の時を経て、そのまま同じ作者により『やったねたえちゃん!』というタイトルで復活したニュースをお伝えしたい。

(※一部で成人向け要素があるため、了承いただける方のみ続きをお読みください)

続きを読む

週刊少年サンデー2020年12号(2020年2月19日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0612
●『MAO』(高橋 留美子)
人の寿命を操る泰山府君(たいざんふくん)について知る菜花。一方で摩緒の兄弟子である華紋は現代で暗躍する陰陽師の存在を追いかける。

この陰陽師がラスボスとは思えませんが、一つの手掛かりにはなりそうです。しかし華紋も結構いろいろと活躍していますし、摩緒と対決することはあるんでしょうか。

続きを読む

週刊少年マガジン 2020年12号(2020年2月19日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
2020WM_no12
『五等分の花嫁』(春場ねぎ)
結婚式当日というのに、花嫁当てゲームを挑まれた風太郎。五つ子に振り回された高校生活も、今はかけがえのない思い出に…。単行本最終第14巻は4月17日(金)発売予定。

続きを読む

経理女子の目線で見る人間模様を描いたお仕事マンガ『これは経費で落ちません!~経理部の森若さん~』

どんな企業でも大切な”経理”業務。経理部門で飛び交う書類は請求書や各種伝票などいろいろとありますが、そこから意外な人間関係が出てくることも。

経理女子が見た人間模様を描いたお仕事マンガが、今回ご紹介する『これは経費で落ちません!~経理部の森若さん~』です。もともとは集英社オレンジ文庫から出ている同タイトルの小説で、それを森こさち先生がコミカライズしました。 続きを読む

【ネタバレ感想】魔女の守人【週刊少年ジャンプ10号(2020年2月3日発売)~】

国を守る魔女が魔物化する前に殺すのが役目の騎士が反旗!?

魔女のおかげで魔物から守られて暮らす人々。しかし人工的に魔物の血を入れて作られた魔女は、いずれ魔物化するという。そのために専属の騎士が付き、止めを刺すのが役目だが、そんな習慣などクソ喰らえと魔女と侍女とともに国を飛び出す。果たして彼らの行く先は?!

週刊少年ジャンプ 2020年12号(2020年2月17日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2020.12
●『アクタージュ act-age』(原作:マツキタツヤ 漫画:宇佐崎しろ)
連載2周年突破記念表紙&巻頭カラー!第1回人気投票開始と、サイド乙開演直前記念もある。第1回の公演を終えて、ルールを破ったサイド甲が負けることになりそうで、「勝ち筋が見つからない」ままに千世子たちが勝とうとしていた。しかし黒山は圧倒的に勝ちに行く手段を講じ、短い時間で練習を重ねる。自信を取り戻した千世子は、新たな自分になって「羅刹女」の公演を開始する!!

続きを読む