月別アーカイブ: 2019年5月

週刊少年サンデー 2019年26号(2019年5月29日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0526
●『探偵ゼノと7つの殺人密室』(七月 鏡一/杉山 鉄平)
要塞砲が発射され、ゼノ達がいる部屋は真空状態になってしまうものの、間一髪で隠し部屋に逃れたゼノ達。そこで須崎司令から“蒼の結社”の組織について知らされる。

とうとう7つ目の殺人密室に向かうことになりそうです。さすがにこれ以上話を伸ばすのは厳しいかな。リヒトの存在も含めて、完全に解き明かして欲しいものです。

続きを読む

週刊少年マガジン 2019年26号(2019年5月29日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
2019WM_no26
『七つの大罪』(鈴木央)
ゼルドリスの体を得て魔神王が復活した!<七つの大罪>は急ぎ魔界から召喚されたインデュラの討伐に赴く。一人残ったメリオダスはエリザベスと共にゼルドリスの元に向かうが……!?
最新単行本第37巻が6月17日(月)発売予定。

続きを読む

【ネタバレ感想】サムライ8 八丸伝【週刊少年ジャンプ24号(2019年5月13日発売)~】

身体は弱くても心は最強!侍魂で宇宙にまで飛び出す!?

生命維持装置に繋がれていないと生きられなかった八丸が、父を救いたい一心で覚醒する!!真の侍しか持ち得ない「魂」を宿し、そんな彼を見つけ出した盲目の猫の姿をした師匠とは?!未来的サムライの姿が、あちこちに新たな生命を吹き込んでいく!八丸の謎とは一体…!?

週刊少年ジャンプ 2019年26号(2019年5月27日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2019.26
●『ビーストチルドレン』(寺坂研人)
新連載4連弾の第3弾は、珍しくラグビーを扱った作品!漢字表記では「闘球」と書くスポーツだけあって、男同士が身体一つでぶつかりあう熱い競技だ!その伝説の選手に憧れた少年・桜は、幼馴染の空のおかげでサッカー部の片隅で「一人ラグビー部」をやっている。河原でうまくできずにいる桜の「集中力の中の世界」に入ってきた見知らぬ少年は、どうやらラガーマンらしい。そんな彼と翌日、何の因果か……?!

続きを読む

週刊少年サンデー 2019年25号(2019年5月22日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0525
●『魔王城でおやすみ』(熊之股 鍵次)
勇者対策の兵器製造に向けて資金を必要とする魔王達。償いのために、温泉地でアイドルをしてお金を稼ぐと宣言したスヤリス姫だったが、経費が掛かりすぎて儲かりませんでした。

ポセンドンのセリフ通りですが、人間って金持ちなんですね。2500万ゴールドの衣装をポンと買える国家予算ってどれだけなのか知りたいです。それとも単に魔界が貧しいのか。大した産業もなさそうですし。

続きを読む

週刊少年マガジン 2019年25号(2019年5月22日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
2019WM_no22
『ヒットマン』(瀬尾公治)
よみきりの好評を受け、翼の新作企画を練る龍之介は、偶然知ったバンド・Blue Wellsの音楽に魅了される。折しも2年ぶりに帰国した彼らのストーリーを漫画化したいと動き出すが……。新章スタート。

続きを読む

【前編】医療小説のトップにして原点となる作品がついに漫画化!『白い巨塔』徹底解説

【あらすじ】
舞台は2018年3月。

近畿地方は猛烈な豪雨に襲われ、各地でかけ崩れが発生する。後輩医局員の送別会に向かう途中だった財前五郎(国立浪速大学第一外科准教授)は、途中でがけ崩れに巻き込まれた親子を発見。

無事だった子供と協力して瀕死の状態だった父親を完璧な処置で救ったことから、マスコミにも取り上げられるようになり、消化器外科(肝臓・脾臓・大腸など)の若き権威としてもてはやされている。

しかし、師である東貞蔵(第一外科教授)は財前の影響力が大きくなることへの危機感から、次第に彼を遠ざけるようになり、あからさまに苦言を呈するようになる。

周囲からは「東教授退官後の第一外科次期教授有力候補」と見られており、財前自身も教授選に勝利したいと思っているなど権力欲は強い。そんな性格が災いして、後に東と鵜飼の権力争いに巻き込まれることとなる。 続きを読む

アイドルだって恋したい!『だから猫はやめられない』で本物の恋を見つけよう!

若くしてデビューしたトップアイドル・萩原麻子は、ハードスケジュールや芸能界のしがらみに疲れ果てていた。そこでひと芝居打ってマネージャーを出し抜き、「過労による絶対安静」という医師の診断を得る。その間に病院を抜け出したところ、偶然捨てネコに優しくタオルを掛けてやり「おまえがネコの形してなきゃつれて帰るんだけど」と呟いている青年を見かけた。普段触れることのない優しさに心を打たれた麻子は、こっそり彼についていき……?

続きを読む

週刊少年ジャンプ 2019年25号(2019年5月20日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2019.25
●『ふたりの太星』(福田健太郎)
新連載4連弾の第2弾で、『デビリーマン』の福田健太郎先生が帰還!夜と昼とで人格が変わる主人公が紡ぎ出す、新たな将棋漫画の誕生だ!14歳の天才棋士とうたわれている天童太星は公式戦無敗のプロ棋士候補。幼馴染の奏だけが彼の真実を知っていて、いつも世話を焼いてくれる。昼と夜の人格の間で交わされる交換日記は、太星の母の提案で始まった。そして昼から挑んだプロ試験で、何故かあえて太星は夜まで長考し……?!

続きを読む

週刊少年サンデー 2019年24号(2019年5月15日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0524
●『ゆこさえ戦えば』(福井 セイ)
数世紀に一度行われる悪魔達の戦い『悪魔凱戦(ディアブロイル)』。女子高生である新王寺ゆこ(しんおうじ ゆこ)に獄炎(フレア)の力を与えた悪魔のギギラ・ギングレイは、ゆこの無関心さと壮絶なパワーに愕然とする。新連載。

名前に“キング”と入っているってことは、前回の優勝者なんでしょうか。とりあえず、ゆこが凄いってことは分かりましたが、タイトルからして戦いに目覚めるってことは無さそうですね。

続きを読む