月別アーカイブ: 2018年5月

あのサスペンスの“裏側”を暴いたギャグ漫画『金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿』

5月21日は「探偵の日」ということで、探偵にちなんだ最近の話題作をレビューしたい。1992年から連載開始し、日本を代表する“名探偵”シリーズとなった『金田一少年の事件簿』――そのオフィシャル外伝となる『犯人たちの事件簿』だ。

続きを読む

ボディビルダーの真髄(?)に迫る異色作『マッチョグルメ』

ネット通販でプロテインの売上が伸び、全国あちこちにトレーニングジムが増えている現在、日本にもフィットネスブームが到来しつつあるのかもしれない。トレンドに敏感な漫画界にも“筋肉”をテーマにした作品が次々と生まれてきた。今回はその1つ、ネットでも話題となった異色のグルメ作『マッチョグルメ』を紹介したい。

続きを読む

週刊少年サンデー 2018年25号(2018年5月16日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0424
●『MAJOR 2nd』(満田 拓也)
大尾中との試合が続く。ともに投手戦となったものの、下位打線にも全力投球を続ける仁科に対して、待球作戦を始める大尾中がフォアボールでランナーを出すことに成功する。

最初のピンチですが、大吾にも対策はあるんでしょう。それでもスタミナ不足は解消していないみたいですし、やはり苦戦からは逃れられないようです。

続きを読む

本格的ハンバーガーを題材にした人情グルメ漫画『本日のバーガー』

起源を1970年代の『包丁人味平』とし、一つの完成形を1980年代の『美味しんぼ』とするであろう、日本のグルメ漫画。最近では弁当あり、ジビエ料理あり、迷宮モンスター料理ありとバリエーションが広がっている中で、久しぶりに原点回帰と言えそうな“古くて新しい”正統派グルメ漫画『本日のバーガー』が登場した。今回はそれを紹介したい。 続きを読む

プロ棋士たちの美味しい盤外戦『将棋めし』

今、将棋界がアツい。天才・藤井聡太六段の快進撃、羽生善治氏の「永世7冠」達成、新たなタイトル戦に昇格した「叡王戦」、盤外では「ひふみん」こと加藤一二三氏の人気など、ルールを知らない人ですら“棋士”の姿を目にする機会が増えてきた。

現実でのブームを反映して将棋を扱う漫画が増える傾向にあり、さらに日本漫画のお家芸と言えるグルメをかけ合わせた作品も登場している。ネットで話題のその漫画は『将棋めし』(松本渚/メディアファクトリー)だ。 続きを読む

週刊少年マガジン 2018年24号(2018年5月16日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
cover_2018WM_no24
『炎炎ノ消防隊』(大久保篤)
教皇庁の地下で聖陽教会の暗殺部隊”聖陽の影”と遭遇した紅丸とジョーカー。かつてここで訓練を受けたジョーカーは、己の過去と決別すべく隊長に勝負を挑む。最新単行本第13巻発売中。

続きを読む

あの傑作『ドラゴンボール』の外伝漫画にファンが大喝采

平凡な主人公が異世界に転生し、元いた世界の知識を駆使してヒーローとなる……ここ数年“異世界転生モノ”が日本でブームとなり、漫画・アニメ業界を席巻している。そんな中、意外な異世界タイトルが登場して大反響を呼んだ。『ドラゴンボール外伝 転生したらヤムチャだった件』(ドラゴン画廊・リー/集英社)だ。 続きを読む

週刊少年ジャンプ 2018年24号(2018年5月14日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2018.24
●『紅葉の棋節』(里庄真芳)
再び2連弾となる新連載の第1弾は、将棋をテーマにした作品。持病を抱えて竜王を目指しながらも、志半ばにして燃え尽きて散った蔵道桜九段……その弟の紅葉は、「枯れ葉」と呼ばれる落ちこぼれだった。いつか兄の意志を継いで竜王になるとは決めていても、将棋界はそう甘くはない。成功する者は早くに成功するし、しない者はいつまでもしない。ところがその成功者側である16歳の新鋭女性棋士・市原銀杏が、何故か紅葉の家にやってきて……?!

続きを読む

週刊少年サンデー 2018年24号(2018年5月9日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0423
●『名探偵コナン ゼロの日常(ティータイム)』(新井 隆広、原案協力/青山 剛昌)
毛利探偵事務所の下にある喫茶店ポアロ。そこで働く一見好青年の安室透(あむろ・とおる)には、他人には明かせない別の顔があった。新連載。

『名探偵コナン 犯人の犯沢さん』に続くスピンオフです。『犯沢さん』の評価は分かれていますが、本作の評判はどうなるのでしょうか。とりあえずは何か事件が起きてから、となりそうです。

続きを読む

週刊少年マガジン 2018年23号(2018年5月9日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
cover_2018WM_no23
『リアルアカウント』(渡辺静/オクショウ)
あやめの捨て身の行動でステージ3からの帰還を果たし、会長マーブル疑惑も晴れたユウマ。次の投票時間が迫る中、突然カリンが「会長マーブルは自分だ」と言い出した。その真意は!?

続きを読む