カテゴリー別アーカイブ: 取材記

『リアル脱出ゲーム×ONE PIECE~海底監獄インペルダウンからの脱出~』取材レポート【その2】

onepiece_dassyutu_03

今回のイベントは、6人一組のチームに分かれ謎解きしていくチーム戦です。1時間の制限時間内に答えを導き出し、「軍艦」を模したステージに正しく乗り込めればクリアとなります。基本的に謎解きは指定のテーブルでチームごとに行い、ヒントは広い会場内を探し回るのがルール。最初に会場内の地図を渡されるので迷うことはないと思いますが、チームメイトと相談し、最初に役割分担をしておくことが脱出成功の秘訣となるでしょう。 続きを読む

『リアル脱出ゲーム×ONE PIECE~海底監獄インペルダウンからの脱出~』取材レポート【その1】

ZEPP_OP_main©尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

夏といえばイベントシーズン!! 数あるイベントの中で、イチオシのイベントが『リアル脱出ゲーム×ONE PIECE~海底監獄インペルダウンからの脱出~』(以下、『リアル脱出ゲーム×ONE PIECE』)。7月18日より東京公演が始まり、全国ZEPPツアーが開催されています。いまや知らぬ人はいないマンガ『ONE PIECE』(尾田栄一郎)と新感覚体感型謎解きイベント『リアル脱出ゲーム』(株式会社SCRAP主催)のコラボに、世間の注目も集まっているようですね。チケットは早くから完売続出で、東京・大阪会場では各回の追加席と追加公演が決定しました。 続きを読む

tedukasyo2014_05

ファン必聴のマル秘女子トーク【大賞】記念対談「羽海野チカ×ヤマザキマリ」

2年前の『マンガ大賞』の際に初めて顔を合わせ、それからイタリア在住のヤマザキマリ(マンガ家。代表作:『テルマエ・ロマエ』)が日本へ帰ってくるたび親交を深めているという両人。人付き合いが苦手だという羽海野チカは、「日本の誰よりもマリさんが一番顔を合わせている人」だという。こちらの対談は前半と打って変わって、和やかなムードでスタートした。 続きを読む

tedukasyo2014_06

トキワ荘の秘話満載!【特別賞】記念対談「藤子不二雄(A)×永井豪」

ゴルフ仲間だという藤子不二雄(A)氏と永井豪氏は、すでに気心知れた様子で登壇。藤子(A)氏はマイクを手にすると永井の言葉につられて「おめでとうございます!」と自らコメントし、会場を笑いの渦で包んだ。それからトキワ荘の想い出話が始まると、永井も興味津々といった様子でどんどん話が進んでいった。そもそも藤子(A)と藤子・F・不二雄はどうやって手塚と知り合ったのか? その疑問にはこう答えた。「人気マンガ家の手塚先生に、ただファンレターを出すだけでは読んでもらえないと考えました。だから、藤子・F・不二雄氏とともに手塚氏の肖像画(当時は写真など出回っておらず、手塚氏の描く自画像のイラストをお手本にした)を油絵で描いてファンレターとともに送ったんです」。すぐに手塚氏から返事が来て、文通が始まったそうだ。 続きを読む

tedukasyo2014_01

『三月のライオン』大賞受賞! 第18回「手塚治虫文化賞」贈呈式レポート

 手塚プロダクション代表、手塚眞氏も登壇。

今年、例年に勝る盛り上がりを見せた「第18回 手塚治虫文化賞」。5月30日に朝日新聞本社浜離宮ホールにて贈呈式が行われた。

日本に数いるマンガ家の羨望を集めるこの賞で、今年大賞に選ばれたのは羽海野チカの『三月のライオン』(白泉社)。新生賞には今日マチ子の『みつあみの神様』(集英社)など4作品、短編賞は施川ユウキの『オンノジ』(秋田書店)など3作品が選ばれた。そして、該当作品なしとされることも多い特別賞には藤子不二雄Ⓐの『まんが道』(中央公論新社など)『愛…しりそめし頃に…』(小学館)が選ばれ、小山宙哉の『宇宙兄弟』(講談社)が今年初めて設立された読者賞(一般の方からインターネット投票で選ばれる)を受賞した。 続きを読む

deathnote_main

DEATH NOTE×リアル脱出ゲーム「新世界の神からの脱出」プレス公演レポート【その2】

©大場つぐみ・小畑健/集英社

イベント好きの筆者としては、浮きまくっているこの状況が非常に悔しい!! 何とかして“イベント参加者”となるため、手近にあった問題を解きにかかります。連想ゲームで解けそうな問題を手にして数分――チームメイトが次々と解いていく姿を傍観する筆者がいました。もうお手上げです。謎解きは苦手だと思っていたけど、ここまでダメだったとは(笑)。 続きを読む

deathnote_sample_nazo

DEATH NOTE×リアル脱出ゲーム「新世界の神からの脱出」プレス公演レポート【その1】

突然ですが問題です。
次のパネルを見て答えを導き出してください。

 

ヒントは、マンガ『DEATH NOTE』(原作:大場つぐみ 作画:小畑健)に出てくる「デスノートの持ち主」。答えは記事の最後に掲載します。じっくり考えてみてくださいね。

さて、こんな問題どこから持ってきたんだと思ったあなた。これは5月30日より原宿ヒミツキチオブスクラップにて開催されるイベント、「DEATH NOTE×リアル脱出ゲーム『新世界の神からの脱出』」からのスペシャル【例題】です。

「リアル脱出ゲーム」といえば、今や知らぬ人はいないというほど話題沸騰の体感型謎解きイベントですね。以前からずっと気になっていたものの、参加の機会に恵まれなかった筆者。念願叶って、今回初参戦してきました! 続きを読む