カテゴリー別アーカイブ: 研究員おすすめ

『キャプテン翼』シリーズ~2024年4月に連載終了!気になる今後は?

スポーツとマンガは、親和性が高いジャンルのひとつです。ご多分に漏れず、サッカーマンガも名作が多く、ワールドカップ出場が夢のまた夢だった時代から、数多くの名作が生み出されています。

その中でも、国内・国外問わず多くのプロサッカー選手に影響を与えてきた作品が、高橋陽一先生の『キャプテン翼』シリーズです。現在は「キャプテン翼マガジン」にて『キャプテン翼 ライジングサン Final』が連載されていますが、このたび2024年4月の「キャプテン翼マガジン Vol.20」での終了が発表されました。 続きを読む

週刊少年マガジン 2024年6号(2024年1月10日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
●『盤上のオリオン』(新川直司)
祖父から「将棋の神様に選ばれた」と祝福されて上京した二宮夕飛。しかし棋士を育成する奨励会は全国から神童が集まりしのぎを削る過酷な戦場だった。スランプに陥った夕飛を慰めようと兄弟子の壱岐はとあるバーに誘うが、そこには客と将棋を指す一人の美女の姿があった。素人の彼女相手に連敗記録を更新してしまった夕飛は翌日の高校の入学式で彼女と再会する。新連載。

続きを読む

オリンピック金メダリストの実話!『JJM 女子柔道部物語 社会人編』がスタート!

柔道とマンガは、実は親和性が高いテーマのひとつです。実際、柔道を扱ったマンガは名作も多くあります。『帯をギュッとね!』『花マル伝』など、男子柔道を描いたものから『YAWARA!』や『もういっぽん!』『All Free!』など、女子柔道を描くものまでさまざま。

その中でも、根強いファンが多くいるのが小林まこと先生の作品。アトランタオリンピック女子63kg級金メダリストでもある恵本裕子さん原作で、2016年よりスタートしたのが『JJM 女子柔道部物語』です。その社会人編となる『JJM 女子柔道部物語 社会人編』が、いよいよこの10月よりスタートしました。 続きを読む

『映画クレヨンしんちゃんオラたちの恐竜日記』2024年夏公開予定!

連載開始から見ると2020年、アニメ化・劇場版公開から2022年に、30周年を迎えた『クレヨンしんちゃん』。2023年現在では連載34年目、アニメ化・劇場版公開より32年目を迎えました。その勢いは衰えるどころか、ますますパワーアップ中です。

コツコツと積み上げて、劇場版は来年で第32作目。今回は、なんと恐竜がテーマです!タイトルは『映画クレヨンしんちゃんオラたちの恐竜日記』で、ロードショー開始は2024年夏を予定しています。 続きを読む

女社長と風俗嬢の恋の行方は?『寂しすぎる女社長がレズ風俗嬢に秒で落ちる話』

高給を得ていて、かつ欲しいもの・名声などすべてを手に入れている人は、いわゆる「勝ち組」と呼ばれ、恵まれていると思われがちです。実際に羨ましがられたり、嫉妬されたりすることもあるでしょう。

しかし、それはあくまでも外面だけで、内面は何か満たされない気持ちでいるかもしれません。日常に寂しさを感じている女社長と小悪魔風俗嬢の出会いを描いたちょっとHな百合コメディとして、『寂しすぎる女社長がレズ風俗嬢に秒で落ちる話』(作画:みさき天夢、原作:六番目の課長)を紹介します。 続きを読む

ほのぼの4コマなろう系『チート転生した猫は嫁の膝で丸くなりたい』

ピークを過ぎたとも言われている異世界転生もの。しかしまだまだ面白い作品があるのも事実。そこで竹書房「まんがライフオリジナル」にて連載中の『チート転生した猫は嫁の膝で丸くなりたい』(樹るう)を紹介します。

続きを読む

『新クレヨンしんちゃん』『野原ひろし昼メシの流儀』2024年1月よりWeb連載に

『新クレヨンしんちゃん』および『野原ひろし昼メシの流儀』が連載されていた「まんがタウン」が、2024年1月号(12月5日発売分)で休刊となり、約23年間の歴史に幕を下ろしました。

同誌は、増刊の「クレヨンしんちゃん特集号」から誌名変更して創刊された雑誌で、『クレヨンしんちゃん』シリーズとともに歩んできた雑誌でした。気になる今後の掲載メディアは、雑誌ではなく公式サイトの「まんがクレヨンしんちゃん.com」です。コミックスは、今後も変わりなく双葉社より販売されます。 続きを読む

【移籍情報】「月刊まんがタウン」掲載作品の移籍先

双葉社の「月刊まんがタウン」が12月5日発売の2024年1月号をもって休刊となりました。

掲載作は『かりあげクン』や『鎌倉ものがたり』など16作品。そのうち、先に紹介した臼井儀人先生関連の2作品『新クレヨンしんちゃん』および『野原ひろし昼メシの流儀』を除いた14作品のうち、連載継続分の移籍先をまとめました。ファンだった方は、ご参照くださると幸いです。 続きを読む

週刊少年マガジン 2024年4・5合併号(2023年12月27日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ

●『はじめの一歩』(森川ジョージ)
鴨川ジムがSNSの炎上騒動に見舞われていたころ、東邦ジムもまったく違うトラブルに見舞われていた。世界戦のために近く来日するはずの間柴の対戦相手・マーカスが行方不明になって連絡が取れないのだ。このままなら間柴の不戦勝もありうると木村たちは浮かれるが、ことはそう単純ではないようで…? 

続きを読む

志村貴子先生の『淡島百景』が連載再開!物語は最終章へ!

『淡島百景』のレビュー記事はこちらからどうぞ

宝塚歌劇団をモチーフにした、架空の歌劇学校である淡島歌劇学校を舞台に、将来の舞台女優を目指す学生・卒業生・ファンを主人公として、その濃密な人間関係を描いた作品が『淡島百景』です。 続きを読む