カテゴリー別アーカイブ: 自由研究

【百合特集:第1回】思わず胸がキュンとなるOL百合『定時にあがれたら』

「職場に気になる人がいたことがある」という人は、意外と多いのではないでしょうか。

今回ご紹介する『定時にあがれたら』は、そんなOLの恋模様を描いたオトナ百合の物語です。

(※)「百合」とは、女性の同性愛を意味する言葉。 続きを読む

【野球特集:後編】38年ぶりによみがえった高校野球マンガの最高傑作『プレイボール2』

→ 【野球特集:前編】はこちら

野球マンガの傑作『プレイボール』は、連載終了から40年経った今も根強いファンがいる作品のひとつ。それは、21世紀に入ってアニメ化されたこと(2005年~2006年)からも明らかでしょう。

【前編】でも書いたとおり続編を望む声も多く、その後の構想を練っていたものの、作者が急逝したため「叶わぬ夢」と思われていました。しかし、グランドジャンプで38年ぶりに続編の連載が決定。少年時代からちばあきお作品のファンだったコージィ城倉先生が、『プレイボール2』として2017年から連載を開始しました。 続きを読む

【野球特集:前編】ちばあきお先生が描いた伝説の野球マンガ『プレイボール』

メジャーでも活躍されたイチロー選手や田口壮選手が少年時代読んでいた野球マンガこそ、今回ご紹介する『プレイボール』であり、【後編】で紹介する『キャプテン』です。

中学野球を舞台として個性の異なるキャプテンを主人公にした『キャプテン』、そのスピンオフとして高校進学後の活躍を描いた『プレイボール』は、プロ野球選手にも強い影響を与えている作品で、今なお根強い人気があります。

連載終了から長年経っていることもあり、ご存じない方も多いのではないかと思いますので、軽くあらすじを紹介していきましょう。 続きを読む

『ダイの大冒険』新作アニメ&ゲーム化が発表され、ネットが大盛りあがりに!

有名国産RPG『ドラゴンクエスト』を題材にし、1989~1996年まで週刊少年ジャンプにて連載された『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』(原作:三条陸 作画:稲田浩司/全37巻)。なんと、その完全新作アニメとゲーム化プロジェクトが発表され、ファンを一気に沸かせている。

続きを読む

ロングセラー寿司漫画『江戸前の旬』、ついに単行本100冊に到達!

情熱と才能を備えた若き寿司職人・柳葉 旬が、厳しい父親のもとで修行を積み成長していく人情寿司ドラマ『江戸前の旬』。2000年初頭に単行本1巻が出てからおよそ20年が経ち、このほど100巻の偉業を達成した。

作品レビューはこちら続きを読む

ファン待望の一冊!田丸浩史短編集『よりぬきヒロシさん』レビュー

独特すぎる言語センスとかわいい女性キャラクター、ぶっ飛んだギャグ展開で熱狂的ファンを抱える漫画家・田丸浩史。『ラブやん』『超兄貴』『アルプス伝説』などを生み出して2020年に画業30周年を迎える田丸氏の初短編集『よりぬきヒロシさん 気まずいの以外全部出し』が、このほど発売された。今回はその簡単なレビューをしてみたい。 続きを読む

社会人の共感を呼ぶコミックエッセイ『僕たちはもう帰りたい』

「全日本もう帰りたい協会」というツイッターのアカウントをご存知でしょうか。ツイッターで57万人以上のフォロワーを集めているアカウントですが、そこには「早く帰りたい」という人たちの叫びが溢れています。

仕事に追われる社会人であれば多くの人が心に秘めている「もう帰りたい」という思いを形にした作品が、今回紹介する『僕たちはもう帰りたい』です。 続きを読む

あの昔話を大胆にアレンジ『マチ姉さんのポンコツおとぎ話アワー』

双葉社「主任がゆく!スペシャル」にて連載中の『マチ姉さんのポンコツおとぎ話アワー』(安堂友子)が盛り上がっています。「桃太郎」「鶴の恩返し」など昔話や童話をモチーフにした作品です。ただしタイトルに“ポンコツ”とあるように、本作で語り手を務めるマチ姉さんが独特のアレンジをすることで“名作”が“迷作”になり代わっています。

続きを読む

倫理とは哲学なり?! 『ここは今から倫理です。』で生徒の心を潤す教師に光を!

【あらすじ】
倫理教師の高柳は、影が薄く控えめな印象。しかし、学生時代に習ったところで将来役に立つかどうかもわからない「倫理」という教科を通して、生徒や教師たちにさまざまなことを考えさせ、直接手を差し出すことなく快復させるという、ヒロイックなストーリーだ。

続きを読む

『タベモノガタリ』であなたの“食べ型”をワイワイする

芳文社「まんがタイムきららMAX」にて連載中の『タベモノガタリ』(電柱棒)が人気です。いろんな食べ物の食べ方ならぬ“食べ型”がテーマになっています。まあそれだけであればいろんな漫画でも取り上げているのですが、そこに女子高生キャラをうまく当てはめたことでよりコミカルになっています。

続きを読む