カテゴリー別アーカイブ: 自由研究

落語研究会を通した高校生の青春ストーリー『こたつやみかん』

日本の伝統芸能の中で、もっとも手軽に楽しむことのできるものが、落語・講談などの寄席です。コロナ禍の中で落語会の数が激減した時期もありましたが、都内であれば毎日数百~1,000件近くの落語会が行われています。

落語・講談の場合、「天狗連」と呼ばれるアマチュアの落語家・講談師、もしくは落語研究会(いわゆる落研)も活発に活動しており、演じる・観賞する両方の面で敷居が低いといえるでしょう。そこで、今回は高校の落語研究会を舞台にした青春ストーリー、秋山はる先生の『こたつやみかん』を紹介します。 続きを読む

『永久機関シマエナガ─シマエナガとカラスさん─』のシマエナガは結構あざとい!

【あらすじ】
限定された地区にのみ住む生き物は多くいる。シマエナガもそのうちの一種で、北海道にしか生息していない。北海道以外に住むのはただのエナガである。
『永久機関シマエナガ─シマエナガとカラスさん─』(青春/角川書店)は、「カワイイ」を自覚したシマエナガと、案外どこででも生きていけるカラスの掛け合い4コマ漫画だ。

続きを読む

どうしようもなく惹かれ合う「女と女」の物語『まばたき』

愛の形にはさまざまあります。異性に惹かれることもあれば、同性に惹かれることもあるでしょう。形はどうあっても、好きな人のことを想う気持ちはみんな一緒。不思議なことに、似たタイプの人より正反対なタイプに惹かれやすいようです。

そんなどうしようもなく惹かれ合う「女と女」5組(10人)について描いた物語として、『いてもたってもいられないの』や『かけおちガール』などを代表作に持つ、ばったん先生の『まばたき』を紹介します。 続きを読む

毎月の節約ライフが微笑ましいコミックエッセイ!『定額制夫の「こづかい万歳」〜月額2万千円の金欠ライフ〜』

働いている人たちの大半は、毎月決められた小遣いの中でやりくりする「お小遣い制」で毎月暮らしています。使える金額が制限されていることもあり、一見すると不便だと思う人もいるでしょう。

しかし、多くの人は少ないお小遣いの中で工夫をして、毎日の暮らしを楽しんでいます。そんな男女の節約ライフを追ったコミックエッセイが、吉本浩二先生の『定額制夫の「こづかい万歳」〜月額2万千円の金欠ライフ〜』です。本作は過去に「王様のブランチ」や「アメトーク!」「週刊SPA!」などのメディアで取り上げられています。 続きを読む

子供と大人の視点で描かれた女3人の恋愛物語『姉の友人』

「十人十色」という言葉があるように、顔が違うように志向も異なります。恋も同じできれいごとになびいて付き合い始める人もいれば、何も感じないどころか嫌がる人もいるでしょう。

また、気持ちを言葉にすることをためらったり間違えたりすると、その恋は一気に壊れてしまうかもしれません。それはLGBTQの恋愛でも同じことです。今回は、女性3人の複雑な恋愛感情を描いた、ばったん先生の『姉の友人』を紹介します。 続きを読む

「働くとは何?」を考えるキッカケとなる良質な社会派マンガ『さよならブラック企業 働く人の最後の砦「退職代行」』

働いていて、「こんな会社辞めてやる!」と思ったことのある人は多いでしょう。しかし、日本では長らく終身雇用制度が機能していたこともあり、「退職は逃げである」という考え方も根強く残っています。

実際、「耐えていればいつか報われる」という思いがあるからか退職までなかなか踏み出せない人も少なくないはず。そんな労働者を救う存在の退職代行サービスを行う法律事務所を舞台に、労働者と企業側の視点から退職の問題を描いた作品が、今回ご紹介する『さよならブラック企業 働く人の最後の砦「退職代行」』です。 続きを読む

ありそうでなかったレズ風俗にハマった女子大生の百合マンガ『彩純ちゃんはレズ風俗に興味があります!』

「風俗店といえば、男性が使うもの」と思っている人はいませんか。実は、レズ風俗というものもあるんです。文字どおり女性同士の風俗店で、彼女ができた気分で気軽に利用できる点が人気の秘密。実際にGoogleで検索してみると、実に多くのお店が出てきます。

若い女の子がレズ風俗に少しずつハマっていく過程を描いた作品として、今回ご紹介するのが伊月クロ先生作の『彩純ちゃんはレズ風俗に興味があります! 』です。現在3巻まで発売されているコミックスは、10万部を突破しています。 続きを読む

『そのヲタク、元殺し屋。』で真のヲタク愛を見よ!

【あらすじ】
日本のオタク文化は世界中で認知され、浸透していると言えるだろう。オタクが主人公の漫画も多く、今回紹介するも『そのヲタク、元殺し屋。』同様だ。しかし、一般的に日本人のオタクを描いた作品が多い中、本作ではイタリアの殺し屋がオタク文化に触れて撃沈し、来日する。こういう作品はそう多くはないかも知れない。

続きを読む

突然モテはじめた無自覚な女たらし! メイと5人の女の子の物語『どれが恋かがわからない』

誰でも、一生のうちに3回はモテ期がくると言われています。あまりたくさんの人に告白されても困るかもしれませんが、実際に告白されたら嬉しいものですよね。異性が好きな人であれば異性、同性に恋する人であれば同性に告白されたらなおさらでしょう。

突然告白された女性と、彼女の周りに現れる女の子たちとの日常を描く日常系百合マンガとして今回ご紹介するのが『どれが恋かがわからない』です。作者の奥たまむし先生は『明るい記憶喪失』などを代表作に持っています。 続きを読む

【ご当地漫画紹介第6回・神奈川県】『鎌倉ものがたり』『あおざくら 防衛大学校物語』

気まぐれ連載、ご当地漫画を紹介する第6回の舞台は神奈川県です。東京の隣でもあるため、たくさんの漫画の舞台となっており、その中から『鎌倉ものがたり』(西岸 良平)と『あおざくら 防衛大学校物語』(二階堂 ヒカル)を紹介します。

続きを読む