カテゴリー別アーカイブ: 自由研究

ムカつく人を一刀両断!胸がスカッとする『ブラックガールズトーク』

男性が一度は覗いてみたいもののひとつに、ガールズトークがあります。「本音を話してストレス発散する場」として利用している人が多いのですが、男性はなかなか同席できません。

多くの女性にとって共感できる作品として、男性は女性が持っている本音を知る手段のひとつとして、今回おすすめするのは、マキノマキ先生の『ブラックガールズトーク』(連載時のタイトルは『ブラックガールズトークリターンズ』)です。本作は、2月5日よりテレビ東京の「ドラマプレミア23」枠で、ドラマ化されます。 続きを読む

週刊少年マガジン 2024年12号(2024年2月21日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ

●『カナン様はあくまでチョロい』(nonco)
羊司をかけたカナンと鉄花との勝負に突如ジャンヌが乱入してきた。勝負の趣旨を勘違いしていたジャンヌは生徒たちの面前で堂々と羊司に告白し、三つ巴の戦いが始まった!

続きを読む

週刊少年マガジン 2024年11号(2024年2月14日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ

●『黙示録の四騎士』(鈴木央)
ナシエンスは妖精王・キングと巨人の女王・ディアンヌ、そしてその子供たちに謁見する。二人は眠り続けるパーシバルを保護してくれていたのだ。そんな折、ナシエンスはいたずら者の妖精が人間の赤ん坊と妖精を入れ替える「チェンジ・リング」を行う場面に居合わせる。キングとディアンヌの子・マートルが騒ぎを起こした妖精を断罪しようとするのをナシエンスは制止するが、元々人間を快く思っていないマートルの逆鱗に触れてしまったようで…? 最新単行本15巻が好評発売中。次巻16巻は4月発売予定だ。

続きを読む

週刊少年マガジン 2024年10号(2024年2月7日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ

●『青のミブロ』(安田剛士)
芹沢の元に向かおうとする太郎だが、その前に斎藤が立ちふさがる。芹沢への思いをかけた太郎の必殺の一撃が、圧倒的な実力の差を覆して斎藤に届く! そのころ芹沢もまた近藤と死闘を繰り広げていた。それを見守るにおの胸中は…? 最新コミックス12巻が2月16日に発売。

続きを読む

週刊少年マガジン 2024年9号(2024年1月31日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ

●『黒岩メダカに私の可愛いが通じない』(久世蘭)
バレンタインのチョコ作りに苦戦する旭を手伝ってほしいと頼まれたモナ。好きな人のために一生懸命頑張っているのに空回りばかりの旭を見かねたモナはつい本気を出して指導を始めてしまう。果たしてその出来栄えは? 最新単行本13巻が2月16日に発売。

続きを読む

一人ひとりの悩みに向き合う女性用務員との心の触れ合いが暖かい『スクールバック』

「十人十色」という言葉があるように、人は顔が違うのはもちろんのこと、物事への考え方や思いもそれぞれ異なります。皆さんの中にも、若い頃に些細なことで友だちや親とケンカした経験のある方も多いでしょう。

特に高校年代は、子どもと大人の境界線上にいるため、大小さまざまな悩みを抱えているもの。親子とも、どのような距離感で接したらいいか悩んでいる方も多いと思います。そのような方に紹介したい作品が、小野寺こころ先生の『スクールバック』です。本作はサンデーうぇぶりにて、Webもしくはスマホアプリでお読みいただけます。 続きを読む

真剣に恋する女性を描いた学校百合『保健室はふたりきり』

学校を舞台にした百合作品は、名作が多くあります。ガールズラブ作品の中でも王道と言っていいでしょう。その中でも、保健室は他から遮断されている空間になりやすく、好きな人が近くにいるとドキドキしがちです。

そんな保健室ではじまる恋を描いた作品が、ろここ先生のデビュー作『保健室はふたりきり』です。帯にもあるとおり「全力で恋する女の子」が楽しめます。 続きを読む

週刊少年マガジン 2024年8号(2024年1月24日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ

●『シャングリラ・フロンティア』(硬梨奈/不二涼介)
久々にシャンフロにログインしたサンラクはアラバと共にキメラとの戦いに挑む。激闘の末についに愛刀を奪還したアラバの必殺技が炸裂する! 単行本第16巻が好評発売中。

続きを読む

劇場総集編『ぼっち・ざ・ろっく!』続報!『ぼっち・ざ・ろっく!外伝 廣井きくりの深酒日記』1巻発売決定

芳文社「まんがタイムきららMAX」で好評連載中の『ぼっち・ざ・ろっく!』(はまじあき)の続報が発表されています。

続きを読む

藤子・F・不二雄先生生誕90周年『Casa BRUTUS特別編集 大人も読みたい藤子・F・不二雄100』発売中

2023年12月1日は、藤子・F・不二雄先生の生誕90周年の記念日でした。神奈川県川崎市にある「川崎市藤子・F・不二雄ミュージアム」では、昨年11月より記念原画展が開催されています。

これまでにドラえもん特集を何度か掲載してきた、暮らしの情報誌「Casa BRUTUS」では、『Casa BRUTUS特別編集 大人も読みたい藤子・F・不二雄100』を発行。全国の書店で好評発売中です。 続きを読む