カテゴリー別アーカイブ: 新連載レビュー

【ネタバレ感想】ジモトがジャパン【週刊少年ジャンプ42号(2018年9月15日発売)~】

日本全国のご当地を愛する男ジャパン!郷土愛は都道府拳!?

山形から東京に転校してきた時生は、早速地元をバカにされ、暴力で差を見せつければそれを抑えられるだろうという、田舎者ヤンキーの典型な考えを持つ。しかし、この学校で一番強いと言われる男は、日本全国を愛するあまりに「都道府拳」という謎の技を使う変なヤツで!?

【ネタバレ感想】思春期ルネサンス!ダビデ君【週刊少年ジャンプ42号(2018年9月15日発売)~】

見た目はダビデ、中身は純朴な高校生!?美術系ギャグ!

高校生のダビデ君は、クラスメイトのヴィーナスさんにぞっこん。失禁のピンチや、エッチな勘違いで、いつも悩ましい。ダビデ君が窮地の時にはどこからともなく小便小僧君が現れ、ひとまず最悪の状況は回避できたものの、2番目に悪いくらい?という結果を残していく。

【ネタバレ感想】アリスと太陽【週刊少年ジャンプ31号(2018年7月2日発売)~】

人の目が怖い…でも音楽が好き!それなら何を迷う!?

2年前までボカロ曲を作っていた太陽だったが、人の目に晒されて蔑まれる恐怖から、人前では楽器を弾かなくなった。しかし、転校生で一人で軽音部を立ち上げたアリスは積極的で、太陽がずっと探し求めていた音の作者だと気付き、ともに音楽をしようと誘う。目指すはグラミー!?

【ネタバレ感想】夜になると僕は【週刊少年マガジン31号(2018年7月4日発売~)】

夢の中ならなんでもできる! どんな悪事も、復讐も。

少年犯罪で姉を奪われた主人公・望月和は、成人して出所した犯人に復讐を挑むが返り討ちに遭ってしまう。昏睡状態の中で和が手にしたのは、夢の中で現実の人間に鑑賞する能力だった。この力を使えば、誰にも悟られずになんでもできる!! 異能クライムサスペンス開幕。

【ネタバレ感想】総合時間事業会社代表取締役社長専属秘書田中誠司【週刊少年ジャンプ30号(2018年6月25日発売)~】

20年後から来た秘書が社長にお仕え!?それが仕事ですから!

人柄以外、取り立てて取り柄のない時岡。しかし、20年後にはすごい会社の社長になる!?それがあまりにもすごすぎるため、20年前の時岡を抹殺しようとする組織から守るために、社長秘書の田中が時空を越えてやってきた。命を守りつつ、会社を興すための人員探しからスタート!

【ネタバレ感想】EDENS ZERO【週刊少年マガジン30号(2018年6月27日発売~)】

真島ヒロ待望の新作!! 宇宙を舞台に冒険の旅へ!!

機械仕掛けのテーマパーク「グランベル王国」でただ一人の人間・シキは、自身に秘められた力も知らず機械たちと平和に暮らしていた。王国を訪れた少女・レベッカとネコのハッピーとの出会いが、シキに別れと新たな世界への冒険を告げる。真島ヒロの冒険ファンタジー開幕!

【ネタバレ感想】ヒットマン【週刊少年マガジン29号(2018年6月20日発売~)】

目指せ大ヒット! 瀬尾公治がマンガ編集の世界に挑む!

駆け出し編集者の剣崎龍之介はヒット作を生み出すべく新人漫画家・小鳥遊翼と二人三脚で奮闘中。だが自分のポリシーを曲げない翼や厳しい先輩に囲まれ前途多難で…。『風夏』の瀬尾公治が贈る熱い現場のストーリー。出版業界に興味がある人・バディ物が好きな人にもオススメ!

【ネタバレ感想】オリエント【週刊少年マガジン26号(2018年5月30日発売~)】

鬼が神で武士は悪党!? まやかしの歴史を討て、武蔵!!

野蛮な存在として差別される武士の子・小次郎と親友の武蔵。大人になったら悪い鬼と戦おうと誓いあっていたが、今は鬼を神のように崇める空気の中で自分を押し殺す毎日。ところが武蔵が学校を卒業する日、ついに鬼が真の姿を現した!! 『マギ』の大高忍待望の新連載!

【ネタバレ感想】キミを侵略せよ!【週刊少年ジャンプ25号(2018年5月21日発売)~】

宇宙人主人公とストーカーヒロイン!?どう隠すか暴くか!?

生まれたときから地球に住んでいる、宇宙人のハジメ。うっかり腕がぐにょぐにょ状態のところを、変人美少女に見られてしまい、「キミって宇宙人だよね!?」と証拠探しに翻弄される。バレるわけにはいかないが、幼馴染の地球人・華星のおかげで、さらに危機感が増幅!!

【ネタバレ感想】紅葉の棋節【週刊少年ジャンプ24号(2018年5月14日発売)~】

天才棋士・桜の弟は枯れ葉の紅葉……とはもう言わせない!

病と闘いながらも最後まで将棋を指し続けた桜。弟の紅葉は、できすぎた兄のせいでよくナメられていたが、兄を尊敬していた。だからこそ「竜王」を目指す!そこで彼に手を差し伸べたのは、桜の弟子だったという天才女流棋士で?!一番多く兄と戦った弟だからこそできる攻め!