カテゴリー別アーカイブ: 少年誌

週刊少年サンデー 2017年37・38号(2017年8月9日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0337
●『古見さんは、コミュ症です。』(オダ トモヒト)
1月2日。なじみの強引な決定により、クラスメイトを初詣に誘う電話をかけることに。皆いろいろな冬を過ごしていました。なお古見さんのおみくじは大吉でした。

待人が「来る はやいでしょう」とありますが、肝心の只野に勇気があるかどうかですね。しかしそんな只野のおみくじはどうだったのか。

続きを読む

週刊少年マガジン 2017年36・37合併号(2017年8月9日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
cover_2017WM_no36_37

●『五等分の花嫁』(春場ねぎ)
成績優秀な高校生・上杉風太郎は、父の借金で極貧生活を強いられる毎日。家庭教師のバイトを始めることになったはいいが、生徒はクラスメイト、しかも五つ子で!?新連載。

続きを読む

週刊少年ジャンプ 2017年36・37合併号(2017年8月7日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2017.36・37
●『ONE PIECE』(尾田栄一郎)
第6回キャラクター人気投票発表巻頭カラー!そして「麦わらジャック」と題して、集英社刊行の29誌に超大型コラボ企画としてコラボ企画が大展開されるぞ!漫画雑誌だけでなく、『non-no』や『MORE』といった女性誌や、果ては『すばる』や『小説すばる』といった文芸雑誌にまで進出!!まさに垣根を越えた、大きな企画となっている。数多の雑誌を股にかけるのは、まさに大海賊にふさわしい?!

続きを読む

週刊少年マガジン 2017年35号(2017年8月2日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
cover_2017WM_no35

●『血戦の九遠』(枩岡佳範)
祟祓いを生業とする家に生まれながら”視えない”ミコト。なりゆきで引き受けた依頼をもてあまし、亡き父の古い友人を訪ねるが……?妖怪アクション新連載。

続きを読む

【ネタバレ感想】「血戦の九遠」【週刊少年マガジン35号 2017年8月2日発売~】

タタリをもってタタリを制す! ホラー活劇開幕!!

祟祓いが生業の巫家の新たな当主・ミコトは”零感”少女。新たな依頼に助けを求めた亡き父の旧友はアニオタのチャラい若者で!? タタリの力でタタリを断つチェーンソーを操る男・九遠と”視えない”ミコトは街に巣くうタタリに立ち向かう! 枩岡佳範が力強い筆致で描くホラーアクション!

週刊少年サンデー 2017年36号(2017年8月2日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0336
●『天野めぐみはスキだらけ!』(ねこぐち)
剣道部仲間に勧められてタイツを履いてみためぐみ。いろいろ感化された学でしたが、釘をひっかけたことで、そうそうにタイツは電線しちゃいました。

毎日一足タイツを潰していたら、お金が足りませんし、この1日だけで終わりそうです。それでも気分転換にはなりましたね。

続きを読む

週刊少年ジャンプ 2017年35号(2017年7月31日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2017.35
●『ハイキュー!!』(古舘春一)
平凡な自分に「下を向いている暇はあるのか」と鼓舞する田中。そんな田中のことを縁下は以前「バカだ」と言ったけれど、「でも、シンプルとか一途とかって、多分すっげー難しい」と語る。そして影山のトスをレフトに呼び込んだ田中は、見事な超インナークロスで第一セットをもぎ取った。月島が呆れるほどの田中のメンタルの強さだが、本人にはまったく自覚のない前向きさらしい。ただただまっすぐに突き進む田中にほだされる回だ。

続きを読む

週刊少年サンデー 2017年35号(2017年7月26日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0335
●『夏のらくがき』(あだち 充)
毎年夏休みになると東京からやってくる同い年の男の子。女の子との小さな頃の約束は、チャンバラから剣道になっても続いてきた。そんな約束の中身とは……。

6年ぶりの新作読切。あだち作品でメガネ男子は少ないので新鮮ですね。ただ竹刀であっても、女の子を叩けるのかどうか……。

続きを読む

11年にわたる冒険についに幕! 真島ヒロ『FAIRY TAIL』完結

真島ヒロ氏の漫画、『FAIRY TAIL(フェアリーテイル)』が2017年7月26日発売の週刊少年マガジン34号にて大団円を迎えた。
連載は2006年35号の第1話からまるまる11年の長期にわたり、TV・劇場アニメも制作されてマガジンの看板を背負う作品だった。国内はもちろん、海外でも人気を博し、累計発行部数は全世界で6000万部以上といわれる。

続きを読む

週刊少年マガジン 2017年34号(2017年7月26日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
cover_2017WM_no34

●『ランウェイで笑って』(猪ノ谷言葉)
文芸希望だったのにファッション誌担当に回された編集者・ふみよ。おしゃれに疎い彼女にとって、この世界は場違いな居心地の悪い場所だった。東京コレクションのランウェイに現れた小さなモデル・千雪に何を思う……!?待望の単行本第1巻は9月15日発売予定。

続きを読む