カテゴリー別アーカイブ: ドラマ

遂にアニメ化決定!!何気ない日常を鋭く描く『団地ともお』の世界

【あらすじ】
どこにでもある団地、普通の一家、木下家の日常をテーマに描かる心温まるヒューマンストーリー。主人公の「ともお」は丸顔で遊ぶことが大好きなどこにでもいる小学生。中2の姉の君子、専業主婦の母哲子、単身赴任を続け家に滅多に帰ってこない父の鉄雄。団地周辺に住む人々を中心に、ゆっくりと無理なく進む物語は、読む人をどこかノスタルジックな心持ちに誘う。 続きを読む

ビブリア古書堂の事件手帖(1): 1 (アフタヌーンKC)

謎解きはあの古びた本の中『ビブリア古書堂の事件手帖』TVドラマ絶賛放送中

ビブリア古書堂の事件手帖(1): 1 (アフタヌーンKC) ■毎週水曜日21:00~ フジテレビ

<キャスト>剛力彩芽、AKIRA、田中圭、鈴木浩介、高橋克実、他

小説からマンガへ、マンガから実写へ――一つの名作がまた新たな産声をあげた。

筆者は同小説のファンである。ずいぶん飾り気のない文章で描かれるストーリーだと最初は思った。しかし、そこには幾重にも折り重なる人間ドラマが隠されているのだ。一見、何も起きていない日常の描写であってもページをめくる手が止められない。そんな魔力がこの小説にはある。そして、その作品のイメージを確立させるイラストには、作品そのもののノスタルジックな雰囲気が漂っている。筆者が小説を手に取るきっかけとなったのも、実はこのイラストの美しさだった。 続きを読む

カラマーゾフの兄弟―まんがで読破

文壇の鬼才ドストエフスキー原作『カラマーゾフの兄弟』TVドラマ放送中

カラマーゾフの兄弟―まんがで読破 ■毎週土曜日23:10~ フジテレビ

<キャスト>市川隼人、斎藤工、林遣都、他

若者たちの葛藤を描く究極の心理サスペンスが今、迫り来る緊迫感とともに幕を開けた。

作中に含まれたあの思想をどうやって現代のドラマに映し出すというのか――。 この作品のメディアミックスを知った読者は皆、少なからずそう思ったのではないだろうか。19世紀後半のロシア、その戦乱と闇に支配されていた国で描かれた作品がいかに重く、奥の深いものか知らぬ人はいない。 続きを読む

信長のシェフ 6 (芳文社コミックス)

ドラマも好評放送中!『信長のシェフ』原作レビュー

信長のシェフ 6 (芳文社コミックス) 【あらすじ】
いきなり見知らぬ場所にタイムスリップしてしまった料理人の青年・ケンは、自分の素性に関する記憶をほとんど失っていた。とまどうケンは刀鍛冶の少女・夏に助けられ、自分が激動の戦国時代に来てしまったことを知る。しばらく夏の家に居候しながら、完璧におぼえている調理の技術を地元の人々へ惜しげもなく振る舞うケン。そんな彼のもとに、噂を聞きつけた“ある人物”が訪れた。その人物とは戦国の覇王・織田信長。信長のシェフ(料理番)として召し抱えられたケンは、たぐいまれな料理の技術と信念を発揮し、戦乱の時代を駆け巡ることになる――。 続きを読む

トッカン―特別国税徴収官―

現代日本の弁慶の泣き所『トッカン―特別国税徴収官―』TVドラマ放送

トッカン―特別国税徴収官― ■2012年7月4日(水)22:00~ 日本テレビ 放送開始
<キャスト>井上真央、北村有起哉、鈴木砂羽、木南晴夏など

【あらすじ】
鈴宮深樹(25歳)通称ぐー子は、ある事情から安定した職業につきたくて公務員を目指していた。ありとあらゆる国家試験を受けたものの、唯一受かったのが「国税局の国税専門官」というあまり聞き慣れない役職。 東京国税局管内の税務署に配属され、新米徴収官として働き始めてはみたが、これが公務員の仕事――? 徴収官の中でも、特に悪質な事案を担当する「特別国税徴収官」通称トッカンに任命されてしまったぐー子。さらに悪いことに、上司の鏡雅愛は冷血無比で有名な“死神”だった。そんな鏡の補佐として奔走する日々に、ぐー子は耐えられるのか? 続きを読む

GTO SHONAN 14DAYS(1) (少年マガジンコミックス)

AKIRAがグレートティーチャー!?『GTO』TVドラマ放送

GTO SHONAN 14DAYS(1) (少年マガジンコミックス) ■2012年7月3日(火)22:00~ フジテレビ系 放送開始
<キャスト>AKIRA、山本裕典、高知東生、滝沢沙織、八野聖人など

お馬鹿で下品で粗忽者――でも、生徒のためなら平気で命をかける。
それが『GTO』GREAT TEACHER ONIZUKA。

いわずと知れた藤沢とおるのヤンキーマンガ(講談社)だ。原作はシリーズ累計4500万部(少年マガジンにて2009年から掲載した『GTO-SHONAN 14DAYS-』も含む)を記録したベストセラーである。 続きを読む

孤独のグルメ 【新装版】

原画展イベント開催&ドラマ版DVDも発売中!『孤独のグルメ』

孤独のグルメ 【新装版】 輸入業を個人で営む中年男が、外出先や自宅で独り――ただ黙々と「メシを食う」。ハードボイルド・グルメ漫画とも呼ばれる異色の作品『孤独のグルメ』が、初の単行本発売から15年経った現在なにかと話題になっている。

2009年には実力派声優・小山力也の主演でドラマCD化、今年1月~3月にかけては松重豊の主演により実写ドラマ化され、そのDVDが先月発売されたばかりだ。また、明治大学の米沢嘉博記念図書館では今月から4ヶ月のあいだ、『孤独のグルメ』を中心とした原画展(入場無料)を開催している。 続きを読む

未来日記 (12) (角川コミックス・エース 129-19)

メディアミックスも好調の『未来日記』が今熱い!

未来日記 (12) (角川コミックス・エース 129-19) 【あらすじ】
空想好きな少年・天野雪輝は、常に周りのことを携帯に書き綴り日記にしていた。そんな彼はある日、空想のなかで“神”を名乗るデウス・エクス・マキナから、あるゲームへ参加させられる。半信半疑でゲームに乗った雪輝は、現実に戻ると自分の日記が未来を正確に予知する「未来日記」に変わっていた。日記の余地で順調な生活を送る雪輝だったが、やがてゲームの真の意味を知る。自分以外にも未来日記の所有者がいて、最後の一人になるまで互いに殺し合う――そして最後まで生き残った者が“神”の座を継げるというバトルロイヤルだったのだ。望まない殺し合いに巻き込まれた雪輝に逃げるすべはなく、自分を偏愛してくれる少女・由乃とともに戦いの渦中へ身を投じる……。 続きを読む

陽だまりの樹 全巻セット (小学館文庫)

市原隼人×成宮寛貴『陽だまりの樹』初ドラマ化

陽だまりの樹 全巻セット (小学館文庫) ■2012年4月 BSプレミアムにてテレビ放送開始
<キャスト>市原隼人、成宮寛貴、黒川芽以、他

2012年、手塚治虫氏が手がけた長篇歴史漫画『陽だまりの樹』が、新たな産声をあげる。過去4回もの舞台化(2012年4月、5回目の公演を控えている)やアニメ化(2000年・日本テレビ系)を経てきた大作が、どのように生まれ変わるのかに注目が集まる。

続きを読む