カテゴリー別アーカイブ: 注目のメディア化作品

交際0日で結婚した夫婦の物語『焼いてるふたり』7月4日よりドラマ化

前回紹介した記事はこちら

男女共同参画局が発行する「男女共同参画白書」によると、2020年時点で30歳時の未婚率は、女性が40.5%で男性が50.4%。50歳時での未婚率は男女とも約3割という結果が出ています。

共通の趣味を通して積極的に話しかける、もしくはマッチングアプリで気になる人にメッセージを送るなど積極的に動かないと、なかなか出会いのチャンスさえつかめない時代といえるでしょう。そんな出会いに対して積極的になれない人に送りたいマンガが、ハナツカシオリ先生の『焼いてるふたり』です。

なお、7月4日より『焼いてるふたり 〜交際0日 結婚から恋をはじめよう〜』というタイトルで、ドラマが放映されています。 続きを読む

性被害・ジェンダーなど人間の醜い部分を描いた『先生の白い嘘』

どんなに優秀な人にも、誠実そうに見える人にも、男女関係なく心のどこかに闇があります。社会で生活をしていくうえで、私たちは大なり小なりストレスを抱えており、ストレスを発散しながら普段の生活や仕事をしているのです。

一般的に女性よりも男性のほうが体も大きく、力も強い。性犯罪の加害者になりやすい男性は、言葉で圧倒する人が多く、女性としてはどうしても抗う手段を失う傾向にあるのは致し方ないところでしょう。そんな性被害の実態を描いた作品が、鳥飼茜先生の『先生の白い嘘』です。本作は、2015年の「このマンガを読め!」で、第8位に入賞。2024年7月5日より実写映画が公開されています。 続きを読む

『帝乃三姉妹は案外、チョロい。』アニメ化決定!放送は今冬?来春?

小学館「週刊少年サンデー」で好評連載中の『帝乃三姉妹は案外、チョロい。』(ひらかわ あや)のアニメ化が決定しました。

続きを読む

【特集:『はたらく細胞』シリーズ-27】 映画『はたらく細胞』12月13日公開決定!キャストも続々決定

『はたらく細胞 実写版』の記事はこちら

人間の体内には、約37兆個の細胞がいると言われています。24時間365日年中無休で、体内のどこかで細胞たちは働いているのです。主に免疫系の諸細胞を中心に、擬人化した物語が『はたらく細胞』です。

2015年の連載開始当初から大きな注目を集めは、2018年には『はたらく細胞』が、2021年には『はたらく細胞!!』(第2期)と『はたらく細胞BLACK』がアニメ化。2023年には映画化も発表されました。その『映画 はたらく細胞』の公開日が今年の12月13日に決定して、キャストも発表されています。 続きを読む

3人の恋と成長の物語『先輩はおとこのこ』7月4日よりアニメ放送開始

皆さんは「普通とは何か?」と考えたことがありますか?そもそも定義自体、人それぞれです。「十人十色」という言葉があるように、100人に聞けば100通りの「普通」に関する考え方を聞けます。

ある人にとって普通だと思っていたことが、ある人にとっては違っているのはよくあることです。人間であれば、誰にも普通でない部分があるのかもしれません。3人の複雑な感情が絡み合う恋と成長の物語『先輩はおとこのこ』が、7月4日よりフジテレビ系列のノイタミナ枠でアニメ化されています。本作は「第5回アニメ化してほしいマンガランキング」で、第1位に輝いた話題作です。 続きを読む

『映画クレヨンしんちゃん オラたちの恐竜日記』公開日が2024年8月9日に決定!

劇場版最新作の記事はこちら
劇場版第30作目の記事はこちら

2024年の劇場版は、いよいよ31作目。第30作目では初の3Dに挑むなど、キャッチコピーどおり「シン次元」な作品でした。そんな31作目は、タイトルだけ見ると原点回帰ともいえるような感があります。

その名も『映画クレヨンしんちゃん オラたちの恐竜日記(以下、『オラたちの恐竜日記』)』。映画の公開日は、昨年に引き続き夏休み真っ只中の2024年8月9日(金曜日)に決定しました。また、コミカライズ版も公式サイトにて5月20日より公開中。作画を担当したのは、前回と同じく高田ミレイ先生です。

https://platform.twitter.com/widgets.js

続きを読む

競技かるたマンガ『ちはやふる』の続編!『ちはやふる plus きみがため』

ちはやふるアニメ化の記事

惜しまれつつも2022年8月(9月号)に連載が終了した『ちはやふる』は、2008年から14年にわたって247話発表され、コミックスは全50巻。累計発行部数2,700万部超を記録する超人気作品です。

2011年~2019年にかけて3期アニメが放映され、2016年・2018年には広瀬すずさん主演で映画化。競技かるた人口の増加に貢献し、2020年には、作品名が冠された競技かるた大会「ちはやふる小倉山杯」が開催されるなど、大きな社会的影響をもたらした『ちはやふる』。待望の続編『ちはやふる plus きみがため』を紹介します。 続きを読む

軽い命を持つ者同士が異世界を生き抜く冒険譚『魔女と傭兵』

気軽に読めることで人気の高い「ライトノベル」いわゆるラノベ。カバーや挿絵の他、舞台背景がわかりやすく補足されており、わかりやすい点が青少年だけでなくあまり読書習慣がない人たちにも人気です。

大手の「小説家になろう」では、100万以上の作品が掲載されています。その中で、年間ランキング1位を取った作品が、今回ご紹介する『魔女と傭兵』です。超法規的かえる先生の原作小説は2021年6月に投稿開始され、あっという間に人気作品となりました。 続きを読む

【完結】部活×柔道の柔道ガールズダイアリー『もういっぽん!』が最終回

初回レビューした際の記事
アニメ化特集の記事

どこにでもありそうな公立高校の女子柔道部を舞台に、柔道に勉強に学校行事に全力で取り組む姿を描いた部活群像劇。村岡ユウ先生の『もういっぽん!』が、5月16日0時公開の第267話で最終回を迎えました。

2018年より約5年半の長きにわたって連載された本作は、2023年冬にアニメ化。本放送終了後に第2期を希望する声も多数寄せられるなど、大きな反響を呼ぶほどの作品に成長しました。作者の村岡ユウ先生および関係者の皆さん、お疲れさまでした。 続きを読む

志村貴子先生の『淡島百景』最終巻5巻が5月13日発売&アニメ化決定!

レビュー記事はこちら
最終章の記事はこちら
最終回の記事はこちら

舞台に立つことを夢見た少女たちの奮闘、彼女たちが通う歌劇学校の光と闇を描いた『淡島百景』は、2024年3月に最終話を発表して無事完結しました。5月13日には、完結巻の5巻がいよいよ発売です。

その『淡島百景』ですが、アニメ化が発表されました。放送日やキャスト・スタッフなどの詳細は、まだ明らかになっていないので、続報が出次第追って書いていきます。 続きを読む