カテゴリー別アーカイブ: ドラマ

「コミック乱」6月号表紙でそろい踏み、松本幸四郎、市川染五郎らの出演で『鬼平犯科帳』が新たに実写化

池波正太郎先生の名作『鬼平犯科帳』シリーズの新たな実写作品となる劇場版『鬼平犯科帳 血闘』が5月10日に公開されます。

続きを読む

『アンメット ある脳外科医の日記』がフジテレビ系列でドラマ化

作品のレビュー記事はこちら

医療系の作品は、古くは半世紀以上前から存在し、マンガ・小説・ドラマとも人気の高いコンテンツです。相変わらず、医療系作品は医師もしくは看護師が主人公になる割合が高い傾向にあり、医療の高度化に伴って専門的な内容に絞られる傾向にあります。

その中でも、難易度の高い診療科目ともいわれる脳神経外科医に焦点を当てた『アンメット~ある脳外科医の日記~』が、今年4月より関西テレビ制作・フジテレビ系列にてドラマ化。本作は元脳外科医の子鹿ゆずる氏が原作を担当し、コミックスは14巻まで発行されています。 続きを読む

SNSで人気沸騰中!『気になってる人が男じゃなかった』がドラマCD化

「次にくるマンガ大賞 2023」のWebマンガ部門第1位、「このマンガがすごい! 2024」オンナ編第2位を受賞するなど、X発マンガとして大きな反響を読んでいるのが、新井すみこ先生が描いた『気になってる人が男じゃなかった』です。

コミックスを手に取った方からも、さまざまな反響が寄せられている本作が、このたびドラマCD化。CDのみの通常版、描き下ろしマンガの小冊子つきの限定版にて、4月24日に発売されます。 続きを読む

本能寺の変を生き延びた信長、どうなる?『信長のシェフ』

本能寺の変で信長が死んでいなかったらどうなるか。芳文社「週刊まんがTIMES」にて好評連載中の『信長のシェフ』(原作:西村ミツル、作画:梶川卓郎)で、それが描かれつつある。

続きを読む

ムカつく人を一刀両断!胸がスカッとする『ブラックガールズトーク』

男性が一度は覗いてみたいもののひとつに、ガールズトークがあります。「本音を話してストレス発散する場」として利用している人が多いのですが、男性はなかなか同席できません。

多くの女性にとって共感できる作品として、男性は女性が持っている本音を知る手段のひとつとして、今回おすすめするのは、マキノマキ先生の『ブラックガールズトーク』(連載時のタイトルは『ブラックガールズトークリターンズ』)です。本作は、2月5日よりテレビ東京の「ドラマプレミア23」枠で、ドラマ化されます。 続きを読む

ドラマ『義母と娘のブルース』2024年1月2日放送決定、スピンオフ『祖母と孫娘のブルース』連載中

漫画『義母と娘のブルース』(桜沢鈴)の同名ドラマの完結編となる『義母と娘のブルースFINAL 2024年謹賀新年スペシャル』が放送されます。

続きを読む

ドラマ『ぎぼむす』こと『義母と娘のブルース 』のスペシャルドラマが放送決定!

2018年に火曜ドラマとして、TBS系列で放映された『義母と娘のブルース』、略称『ぎぼむす』。連続ドラマ終了後も、2020年・2022年に謹賀新年スペシャルが放映されるなど、話題になりました。

その『ぎぼむす』が、スペシャルドラマとして放映決定。タイトルは『義母と娘のブルース FINAL 2024年謹賀新年スペシャル』です。放映日時は2024年1月2日21時からで、原作の『義母と娘のブルース final』と同じく大学生になったみゆきと亜希子の絆が描かれています。 続きを読む

ついに最終回『からかい上手の高木さん』の実写ドラマ24年3月放映決定

大人気の『からかい上手の高木さん』(山本崇一朗)が、「ゲッサン」11月号で最終回を迎えました。

続きを読む

『正直不動産』スペシャルドラマに続き、セカンドシーズンの放映が決定!

『正直不動産』レビュー記事はこちら
ドラマ(ファーストシーズン)の記事はこちら
スペシャルドラマ決定の記事はこちら

正直にまつわることわざ・四字熟語は、いい意味で使われるものは「正直は一生の宝」や「開雲見日」などさまざま。その一方で「正直者が馬鹿を見る」などのように、あまりいい意味で使われないものも見られます。

さて、ひょんなことから嘘をつけなくなり、正直に営業するしかなくなった不動産セールスパーソンを描いたマンガが、小学館「ビッグコミック」で好評連載中の『正直不動産』(作者:大谷アキラ、原案:夏原武、脚本:水野光博)です。

以前本サイトでもお伝えしたスペシャルドラマの放送日と、新作ドラマの放映が決定しました。 続きを読む

【読み比べ】『あなたがしてくれなくても』と『私がひとりで生きてくなんて』

2023年4月からフジテレビ系列で全11回+特別編が放送された、ハレノ晴先生の『あなたがしてくれなくても』。本作は、セックスレスというなかなか口にしにくい夫婦問題をテーマにしていることもあり、放送中は大きな反響を呼びました。

彼女が夫婦問題について描いている作品として、COMIC DAYSで連載されている『私がひとりで生きてくなんて』があります。こちらは離婚された専業主婦が自分を取り戻すために仕事をしてリベンジする物語です。この記事では、この2作品の読み比べをしていきます。 続きを読む