カテゴリー別アーカイブ: まんが雑誌定点観測

週刊少年ジャンプ 2020年29号(2020年6月22日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2020.29
●『破壊神マグちゃん』(上木敬)
新連載第2弾は、謎の破壊神復活コメディ!海辺で拾った宝石をうっかりぶち壊してしまった流々は、「破壊神マグ=メヌエク」と名乗る上位存在を復活させてしまう──!?しかし見た目はクラゲのようなタコのような小さな生命体。納豆と温かいお湯に浸かるのが好きになったマグちゃんは、まだ完全体になっていないせいか、トラブルを起こしてばかり。けれどある台風の日に──!?

続きを読む

週刊少年サンデー 2020年29号(2020年6月17日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0628
●『MAJOR 2nd』(満田 拓也)
方針に合わないシニアから風林中野球部に移っていた千葉。練習をさぼりがちだったことに加えて、思惑を知ってしまった仁科が直接対決を言い渡す。

これで仁科が負けたら笑いものですよね。でも佐藤監督の指導もあって多少はパワーアップしているはず。ただし千葉が抜けてると再び9人体制になるんですよね。

続きを読む

真島ヒロ『EDENS ZERO』待望のアニメ化!!

6月12日(金)、「週刊少年マガジン」で連載中の漫画『EDENS ZERO』のTVアニメ化が作者・真島ヒロ自身の公式twitterにて告知された。

「週刊少年マガジン」で2018年の夏に連載を開始して以来、単行本が第10巻まで発売中だ(2020年6月17日現在)。

続きを読む

週刊少年マガジン 2020年29号(2020年6月17日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
2020WM_no29
『EDENS ZERO』(真島ヒロ)
暴走するドラッケンの前に、危機に陥った仲間たちを思う気持ちがシキに新しい力を与えた!!死闘の末にシキは何を見る?激動のベリアル・ゴア編、ついに決着。最新単行本第10巻が6月17日(水)に発売。

続きを読む

週刊少年ジャンプ 2020年28号(2020年6月15日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2020.28
●『あやかしトライアングル』(矢吹健太朗)
4号連続新連載の第1弾は、『ToLOVEる-とらぶる-』の矢吹健太朗先生の作品!なんと11年ぶりの週刊少年ジャンプ帰還となる。妖と少年少女のファンタジーは、三者三様の思いが交錯する物語。祓忍(はらいにん)の風巻祭里は、幼馴染で妖が視えるすずがあまりにも危機感がないことが気掛かりだ。何しろすずは──?!マシュマロ猫っぽい妖のシロガネを相手に、祭里はすずを守れるのか?!

続きを読む

週刊少年マガジン 2020年28号(2020年6月10日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
2020WM_no28
『ドメスティックな彼女』(流石景)
ヒナが昏睡状態から目覚めてからさらに時が流れ、ついにナツオとヒナの結婚式。たくさんの人々に見守られて、複雑な出会いから始まった三角関係が今日、幕を下ろす。

続きを読む

週刊少年ジャンプ 2020年27号(2020年6月8日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2020.27
●『ONE PIECE』(尾田栄一郎)
「兎丼」に捕まっていたはずのキャプテン・キッドが現れた!?生け捕り命令から、「殺してよし!」に変更されたが、ルフィが現れてひとまず撤退することに。それを眺めている仮面の男たちは一体……?侍たちは二手に分かれてドームの中に侵入する部隊と、敵になりすましてカイドウ襲撃の瞬間を待つ者たち。カイドウとオロチを挟み撃ちにする参段だが、果たして──?!

続きを読む

週刊少年サンデー 2020年27・28号(2020年6月3日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0627
●『名探偵コナン 警察学校編』(原作:青山 剛昌、作画:新井 隆広)
萩原編。コミュ力抜群で合コンでも女性達に一番人気の萩原研二。機械関連に詳しい萩原と松田に機動隊の爆発物処理班からスカウトがある。しかし順調すぎる話に萩原は躊躇する。

そういう考え方も一理あります。将棋の大山名人は「最初のチャンスは見逃せ」なんて言ってましたしね。ところで諸伏や伊達の行動も違和感ありあり。こちらに萩原も関わってくるんでしょうか。

続きを読む

週刊少年マガジン 2020年27号(2020年6月3日)

■ 掲載漫画ピックアップ
2020WM_no27
『トーキョーバベル』(花林ソラ/久世蘭)
天使の正体は、過去にバベルで命を落とした人間ではないのか。苦悩する大牙だが、先に進むよりほかに道はない。コミックス第1巻は早くも7月17日(金)に発売予定。

続きを読む

週刊少年ジャンプ 2020年26号(2020年6月1日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2020.26
●『約束のネバーランド』(原作:白井カイウ 作画:出水ぽすか)
目覚めるとそこは海──そして見える大きな街。念願の「人間の世界」にたどり着いた食用児たちだったが、一緒に喜んでいるはずのエマがいない?!まさか、やっぱり「代償はない」なんて嘘だったのか?エマが一人犠牲になったというのか?戸惑う家族たちだが、そんなことで立ち止まってはいられない。エマならきっと諦めない!ならば彼らもエマを探す!!

続きを読む