カテゴリー別アーカイブ: 少年誌

週刊少年ジャンプ 2020年32号(2020年7月13日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2020.32
●『ハイキュー!!』(古舘春一)
自分が強くなれば、目の前にはもっと強い奴がいる──!そうやって数々の試練を乗り越えてきた日向は、影山たちのチームに競り勝ち、次のステージに立つ!果たしてこの接戦の行方は?!次号、最終回!!

続きを読む

週刊少年マガジン 2020年32号(2020年7月8日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
2020WM_no32
『彼女、お借りします』(宮島礼吏)
小百合が下見に行った映画館で倒れてしまった。夢の実現を目前にして、祖母の命のタイムリミットをつきつけられても気丈にふるまう千鶴を前に、和也にはかける言葉もない。TVアニメが7月10日(金)スタート。

続きを読む

週刊少年ジャンプ 2020年31号(2020年7月6日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2020.31
●『僕とロボコ』(宮崎周平)
新連載第4弾は、宮崎周平先生の相変わらず不可解な規格外作品。一家に一台が当然のメイドロボ時代に、貧乏でメイドロボが買えない凡人(ボンド)少年が主人公。型落ち品でもいいからと母親に頼んで何とか我が家にもやってきたメイドロボは、現行型と比べるとデカくてブサくて何もできないポンコツマシン。さらには母親の手違いで注文できてなかったって、じゃあコレ何?!?!

続きを読む

週刊少年サンデー 2020年31・32号(2020年7月1日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0631
●『名探偵コナン』(青山 剛昌)
毛利探偵事務所にタレントの沖野ヨーコが来訪。仕事の下準備で向かった知人の別荘で密室殺人事件が起きる。が、お腹を下した小五郎は……。

格好つけてもダメなものはダメなんですよね。さて恒例の密室殺人です。でもマネージャーの「関わるな」の言葉を素直に聞いておいた方がいいと思うんですけどね。

続きを読む

週刊少年マガジン 2020年31号(2020年7月1日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
2020WM_no31
『炎炎ノ消防隊』(大久保篤)
新たに出現した柱から現れたのは、紅丸の師匠である先代の浅草火消し・火鉢のドッペルゲンガーだった。生前は一度もかなわなかった先代に対し、紅丸は現役棟梁としての成長を示せるのか!?7月3日(金)よりいよいよTVアニメ第二シリーズがスタート、そして7月17日(金)には最新単行本第24巻が発売だ。

続きを読む

週刊少年ジャンプ 2020年30号(2020年6月27日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2020.30
●『灼熱のニライカナイ』(田村隆平)
新連載第3弾は、『べるぜバブ』『腹ペコのマリー』の田村隆平先生の新作!ハートフル&ハードボイルドな海と少女と刑事の物語だ。現場に駆けつけると身内の警察官にまで応援要請される刑事の鮫島巡査。あまりに破天荒なため、クビは免れたものの、「小笠原の島とかでのんびりすれば?」ということで、秒で左遷されてしまっや。しかしその島には摩訶不思議な上司と言い伝えがあって……?!

続きを読む

週刊少年サンデー 2020年30号(2020年6月24日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0630
●『天野めぐみはスキだらけ!』(ねこぐち)
マナブとメグミの共同生活が続く。塾でマナブと仲良くなった藤代雪姫乃。メグミのことが気になって訪ねてみたものの、思い込みとのギャップを自覚する。

互いに認識したところで三角(四角かも)関係に発展するんでしょうか。互いに幼なじみとくっつく未来になるのはしっかり予想できるんですけどね。

続きを読む

週刊少年マガジン 2020年30号(2020年6月24日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
2020WM_no30
『東京卍リベンジャーズ』(和久井健)
兄に禁じられていた涙が眠れる獅子のリミッターを外す!!覚醒した青鬼・アングリーよって東卍、形勢逆転なるか!?TVアニメ化決定。

続きを読む

週刊少年ジャンプ 2020年29号(2020年6月22日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2020.29
●『破壊神マグちゃん』(上木敬)
新連載第2弾は、謎の破壊神復活コメディ!海辺で拾った宝石をうっかりぶち壊してしまった流々は、「破壊神マグ=メヌエク」と名乗る上位存在を復活させてしまう──!?しかし見た目はクラゲのようなタコのような小さな生命体。納豆と温かいお湯に浸かるのが好きになったマグちゃんは、まだ完全体になっていないせいか、トラブルを起こしてばかり。けれどある台風の日に──!?

続きを読む

週刊少年サンデー 2020年29号(2020年6月17日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0628
●『MAJOR 2nd』(満田 拓也)
方針に合わないシニアから風林中野球部に移っていた千葉。練習をさぼりがちだったことに加えて、思惑を知ってしまった仁科が直接対決を言い渡す。

これで仁科が負けたら笑いものですよね。でも佐藤監督の指導もあって多少はパワーアップしているはず。ただし千葉が抜けてると再び9人体制になるんですよね。

続きを読む