カテゴリー別アーカイブ: まんが雑誌定点観測

週刊少年マガジン 2020年52号(2020年11月25日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
2020WM_no52
『カッコウの許嫁』(吉河美希)
入院した幸を心配するあまり、合宿途中で一人で帰ってしまった凪。さぞエリカに馬鹿にされると思いきや、彼女は意外にも理解を示してくれた。その態度に、凪は以前エリカが話していた「届けたい人」のことを思い出す……。

続きを読む

週刊少年ジャンプ 2020年51号(2020年11月21日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2020.51
●『SAKAMOTO DAYS』(鈴木祐斗)
新連載第2弾は、元殺し屋の個人商店店主が活躍のコメディアクション!かつて最強の殺し屋だった坂本太郎は、恋をして結婚して子供をもうけた。そして太った……。勝手に殺し屋の世界から足を洗った坂本を許さない組織から、かつての坂本の相棒であるエスパーのシンが派遣される。他の誰かに殺させるくらいなら、せめて自分がと──!!しかし太っても坂本は最強だった!!

続きを読む

『カノジョも彼女』TVアニメ化決定!!

週刊少年マガジンで連載中の『カノジョも彼女』のTVアニメ化が決定したことが、11月18日(水)発売の週刊少年マガジン51号にて発表された。マガジン公式サイト「マガポケ」では現在1話・2話を無料公開中だ。

『カノジョも彼女』は、週刊少年マガジンで2020年14号からスタートしたヒロユキ先生のラブコメ。

続きを読む

【ネタバレ感想】カンギバンカ【週刊少年マガジン50号(2020年11月11日発売)~】

”くに”を夢見る少年が戦国の世に戦いを挑む!!

戦国時代前夜。人買いに売られた九兵衛と甚助を救ったのは、強いカリスマで野盗を束ねる少年・多聞丸だった。彼に共感した九兵衛は共に”くに”作りの夢を抱く。おりしも都では後に応仁の乱と呼ばれる戦が幕を開けようとしていた…若き日の松永久秀を描く歴史巨編!!

週刊少年サンデー2020年51号(2020年11月18日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0651
●『葬送のフリーレン』(原作:山田鐘人、作画:アベツカサ)
毒蛇にかまれたシュタルクを助けるため、小さな村を訪れたフリーレン達。そこで強力な治癒力を持つ僧侶のザインに出会う。

4人目の仲間の加入が決定ですね。しかし仲間を増やすのはともかく、魔王の復活でもあるんでしょうか。単なる旅の道連れってだけでなないですよね。

続きを読む

週刊少年マガジン 2020年51号(2020年11月18日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
2020WM_no51
『カッコウの許嫁』(吉河美希)
いつもと少し違うエリカとひろの態度にドキドキしながらも合宿を満喫していた凪。ところが熱を出して留守番していた幸が入院してしまったと知らされて!?

続きを読む

週刊少年ジャンプ 2020年50号(2020年11月16日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2020.50
●『BUILD KING』(島袋光年)
4年ぶりに新しく連載をスタートした島袋光年先生の最新作は、家と平和を築く血の繋がらない兄弟の物語。立派な家を建てられる弟のレンガと、吹けば飛ぶような家しか建てられないトンカチ。しかしレンガは気付いた。兄が何だかんだと理由をつけて毎日泊まりに来るのは、本当は彼を魔物から守っているからなのだと──!!

続きを読む

週刊少年サンデー2020年50号(2020年11月11日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0650
●『魔王城でおやすみ』(熊之股 鍵次)
魔王城をモデルにしたアニメ「魔王城でおやすみ」が放映開始。しかしアニメチャンネルに未加入だったため映らないことが分かります。そこでスヤリス姫が…。

まあ中華鍋でもアンテナ傘の変わりになるそうですし、姫の工作能力も役に立ちました。ただし城の修復費用の方がはるかにかかったのは間違いないですね。

続きを読む

週刊少年マガジン 2020年50号(2020年11月11日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
2020WM_no50
『カンギバンカ』(恵広史/今村翔吾)
孤児の九兵衛と甚助兄弟は、人買いに売られる途中で野盗の襲撃に遭遇する。孤児ばかりの野盗を束ねていたのは多聞丸。大人顔負けの器量を持ちやがて「くに」を作る野望を抱く少年だった!戦国乱世の梟雄・松永久秀の知られざる物語が今、幕を開ける!!

続きを読む

週刊少年ジャンプ 2020年49号(2020年11月9日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2020.49
●『チェンソーマン』(藤本タツキ)
最終局面突入&単行本最新第9巻発売記念巻頭カラー!岸辺にかくまわれたデンジとコベニだったが、多分マキマに殺されるだろうと言われる。しかし、家族と離れる理由ができてよかったというコベニ。一方で、世の中ではチェンソーマンを応援する声が高まっていた。それを知ったデンジは──?!

続きを読む