カテゴリー別アーカイブ: 未分類

【ネタバレ感想】サキちゃんは今夜もぺこぺこ【週刊漫画TIMES2017年1月6・13日号(2016年12月22日発売)~】

フェロモンたっぷり!男の精が必要な女の子の正体は?

腹ペコで行き倒れていたサキを助けた恋太。アパートに連れて帰ってはみたものの、あふれるフェロモンに恋太の股間は収まらない。鳴り止まないサキの腹の虫を治めたのは、夜中に恋太が漏らした男の精だった。恋太の我慢とサキの強がりはどこまで続く?

【ネタバレ感想】東京卍リベンジャーズ【週刊少年マガジン13号 (2017年3月1日発売~)】

惚れた女は拳で救え! 東京クライムサスペンス!

駅のホームから転落したタケミチは、中学時代にタイムリープ。暴力団の抗争で弟・直人と共に命を落とした元カノ・ヒナタと再会した彼が目覚めると、目の前には大人になった直人がいた。直人はタケミチが未来を変えたと言い、守れなかった姉を救うため力を貸してくれと告げる…!

花とゆめ 2015年6号(2015年2月20日発売)

■掲載漫画ピックアップ

hanayume_201506●『暁のヨナ』(草凪みずほ)
緋龍王と生きた“始まりの龍”黄龍ゼノ。まだ龍の力について何も知らなかったころ、自分はキズの治りが早いだけの無力な少年だと思い込んでいた。しかしある時知ってしまった異常な体質。四龍も緋龍王も年老いていく中、一向に歳を取らない自分――ゼノの笑顔の下に潜む、乗り越えてきた苦しみと壮大な過去が今明かされる。 続きを読む

花とゆめ 2015年5号(2015年2月5日発売)

■掲載漫画ピックアップ

hanayume_201505●『なまいきざかり。』(ミユキ蜜蜂)
ついに始まった集中合宿。前日に成瀬から「先輩とお泊まり」発言をされていた由希は、平常心を保てずにいた。微かな期待と混乱で、ついつれない態度を取ってしまう由希。そんな由希にしびれを切らした成瀬が出た行動とは――? 続きを読む

花とゆめ 2015年2号(2014年12月20日発売)

■掲載漫画ピックアップ

hanayume_201502●『高嶺と花』(師走ゆき)
今日も今日とて超絶上から目線の高嶺(たかね)は、あくまで“見合い”と称して花(はな)を連れ回す。そんな中、花は同級生から「見合い=結婚」の現実を突きつけられうろたえていた。「高嶺さんのことは嫌いじゃない。だけど……」当の高嶺がどう思っているのか、気になり出した花は平常心ではいられず――? 続きを読む

2014年11月7日発売の新刊コミックのご案内

★本日発売の注目コミック

『男三女四 DANSANJOSHI』 第1巻
水あさと/講談社

若気の至り!?思春期ぶっとびコメディー!
3人の男子高生と4人の女子高生――好奇心旺盛な思春期の少年少女が集まれば、タガが外れる!?彼らがアホでエロい、ぶっとび会話を繰り広げる下ネタ・コメディ。“理解不能”はほめ言葉!本能に忠実な青春が始まる!! 続きを読む

週刊少年マガジン 2014年45号(2014年10月8日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ

cover_2014WM_no45●『ダイヤのA』(寺嶋裕二)<巻頭カラー>
薬師に1点リードを許したままのラストイニング。青道にとってはこれが最後の得点チャンスだ。倉持は出塁できないまま痛恨のワンナウト、続く東条に希望が託される! 続きを読む

花とゆめ 2014年18号(2014年8月20日発売)

■掲載漫画ピックアップ

●『アンのマゴマゴ図書之国』(樋口橘)
赤居組組長の娘である杏音(あんね)は、超美少女でありながらケンカ上等&妄想癖の激しい15歳。町を乗っ取ろうとするマゴ教の信者たちと戦いながら、今日も自分だけの世界に浸っていた。「恋がしたい」「モテたい」と願うものの一向に出会いなど訪れる気配のないある日。杏音はある男に一瞬で心奪われる。しかしその男、なにやら不穏な空気をまとっていて――?

樋口橘先生待望の新作! 冒頭の意味不明なテンションにはどんな話なのか一瞬戸惑いましたが、いつの間にかストーリーに引き込まれてしまいました。タイトルの「図書之国」についてはまだ明かされていないものの、筆者はすでに次回が楽しみです! 続きを読む

agata

研究員のご紹介


【研究員名】

県田 勢



【プロフィール】

証券会社勤務を経て、フリーライターへ転身。
出自から金融関連の仕事が多かったが、興味のあった漫画関連の分野へと手を広げている。
メインは青年誌と4コマ誌。これに加えて、古い漫画を掘り起こして読むのも大好き。
また日の当たりにくい4コマ漫画に、もっと注目を集めるべく奮戦しつつあるところ。

【好きな漫画】

『信長協奏曲』小学館/石井あゆみ
『ハルシオン・ランチ』講談社/沙村広明
『ベルとふたりで』竹書房/伊藤黒介
『天使様がくる!』芳文社/安堂友子

【研究員名】

桜田 理加



【プロフィール】

2007年、フリーライターとしてデビュー。
好きな漫画のジャンルは、ホラー以外何でもOKの雑食系。
最近は、懐かしの漫画を本棚の奥から引っ張り出して読むことも。
今、一番ハマっている漫画は、『メイちゃんの執事』。
自分にもいつか執事が現れるのでは?と叶わぬ期待を抱くアラサー女子。
海外に数年住んでいたため、海外漫画事情や海外オタク事情などの執筆経験有り。
外国の書店に日本の漫画が所せましと並んでいる光景を見かけると、嬉しくて思わず駆け寄ってしまいます。(笑)

【好きな漫画】

『メイちゃんの執事』集英社/宮城理子
『海月姫』講談社/東村アキコ
『らんま1/2』小学館/高橋留美子

【研究員名】

染谷 まき



【プロフィール】

2009年よりフリーライターとして活動開始。
芸能やサブカルチャー、ファッションなどのジャンルを中心に執筆活動を行っています。
幼いころは少女漫画を、現在は主に少年漫画や4コマを好んで読んでいますが、ジャンルにこだわらずおもしろそうな漫画があれば何でも読んでみたくなるタイプです。
こちらのサイトではジャンプやサンデーといった少年誌のレビューを中心に、話題の作品についてやちょっぴりコアな情報など、幅広くご紹介していきたいと思います。

【好きな漫画】

『彼氏彼女の事情』白泉社/津田雅美
『あずまんが大王』メディアワークス/あずまきよひこ

【研究員名】

田下 愛



【プロフィール】

会社員へ経てフリーライターとして独立。
以後、ビジネス、サブカルチャー、音楽など多方面にわたる執筆活動に奮闘中。
著書に「選挙はエンターテイメントだ!」(HK INTERNATIONAL VISION)がある。

小さい頃から漫画が大好きで、少女マンガを中心に読みあさりました。
2009年、『サイボーグ009』のイベントを取材した時、故・石ノ森章太郎先生のライフワークであったこの作品を改めて見直したことで、戦争の愚かさや平和の尊さなどを、なによりも漫画の世界から自分は教えられてきたのだと実感しました。このサイトを通じて、日本が誇るサブカルチャー・漫画の放つメッセージを伝えられる仕事ができたらと願っています。

【好きな漫画】

『まんが道』藤子不二雄A
『編集王』小学館/土田世紀

【研究員名】

浜田 六郎



【プロフィール】

2006年、パソコン誌の編集を経てフリーライターに。
IT系やサブカルなど、若干オタク寄りのジャンルを好んで手がけています。
自分にとって漫画は人生の一部で、これまで読んできた量は(推定)のべ数万冊。ファンタジーからラブコメ、グルメやギャグまで普段から何でも雑食的に漁っています。
このサイトではライターと編集者を兼任。「研究所」の名に恥じないよう、楽しめて役に立つ漫画情報サイトを目指していきたいと思います!

【好きな漫画】

『パンプキン・シザーズ』講談社/岩永亮太郎
『redEyes』講談社/神堂潤
『はやて×ブレード』集英社/林家志弦

【研究員名】

永瀬 晶



【プロフィール】

1999年よりフリーライターとして活動中。
コスメ(ビューティ)系、パソコン・携帯系、占い系、ニュース・情報系など、さまざまなジャンルでお仕事をさせていただきましたが、現在のメインはゲームシナリオ、小説、ガイド本などのエンターテインメント系です。
こちらのサイトでは、メディアミックス系情報などを中心にご紹介していけたらいいなと思っております。
すべての原稿執筆に共通するのは、『読んでくださった人が、ほんのちょっぴりでも楽しく&幸せになれますように』との想いです。
全世界のマンガ好き&エンタメ好きに幸あれ!!

【好きな漫画】

『7SEEDS』小学館/田村由美
『風光る』小学館/渡辺多恵子
『大奥』白泉社/よしなが ふみ
『GIANT KILLING』講談社/ツジトモ、綱本将也
『EXIT』幻冬舎/藤田貴美
『ラ・サタニカ』コアマガジン/天禅桃子