作成者別アーカイブ: 県田勢

週刊少年サンデー 2019年18号(2019年4月3日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0518
●『ゼロの日常』(新井 隆広、原案協力/青山 剛昌)
子供相手の料理教室で先生となる安室。生徒を追いかけて地下室に入ったところで、地震が起こり地下室に閉じ込められてしまう。臨時のサバイバル教室を開講。

子供たちを喜ばせるためなのはともかく、あんな場所で火を焚いたら危ないんじゃないかなと思うんですが。とりあえずは助けが来るまでの辛抱です。

続きを読む

週刊少年サンデー 2019年17号(2019年3月27日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0517
●『水女神は今日も恋をするか?』(三簾 真也)
収穫期に襲いかかる飛龍。その危機を救ったのは、砂衛団の副団長であるトルファンだった。寡黙な彼だったが、その実態は感動しやすい性格の持ち主だった。

ライバルかと思ったら、強烈にアシャの後押しをしそうなキャラでした。しかしアシャは恋敵と勘違いしているようですし、この辺りが今後の展開に関わりそうです。

続きを読む

週刊少年サンデー 2019年16号(2019年3月20日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0516
●『双亡亭壊すべし』(藤田 和日郎)
自衛隊員を操る和装の男は、圧倒的な力で鬼離田姉妹の童子やアウグスト博士の放電、ジョセフィーンの火炎を弾き飛ばす。その正体は100歳近いすご腕の呪禁師だった。

そんな腕前を持つ呪禁師がなぜ敵対するのか。単に操られたとは思えませんし、何か裏がありそうです。もっとも強い人間ほど簡単に操られそうですが。

続きを読む

「合コン小付」の異名は伊達じゃない!『あおざくら 防衛大学校物語』

一般的な大学とは異なる「省庁大学校(しょうちょうだいがっこう)」と呼ばれるものがあります。例えば、気象庁の職員養成を目的とした気象大学校、警察官の幹部を対象にした警察大学校などがそれにあたります。本作の舞台となる防衛大学校もまた幹部自衛官となる学生向けの大学です。

こうした省庁大学校でほぼ共通しているのは公務員として給料がもらえることです。そんな待遇に惹かれて、というか家庭の事情もあって入学したのが、本作の主人公である近藤勇美(こんどう いさみ)。高校で成績優秀だった彼は進学を希望していたものの、家があまり裕福でなかったことから先生の勧めに応じて防衛大学校に進学します。

続きを読む

週刊少年サンデー 2019年15号(2019年3月13日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0515
●『アノナツ-1959-』(福井 あしび)
祖父の正也が火傷をしたことを知らされたナツ。さらに本来キャッチャーを務めていたはずのチームメイトが退部したことを知り、もっとショックを受けてしまう。

ナツがタイムスリップしたことで、過去が変わりつつあるのでしょう。ここから修復を目指すとしても、一筋縄では行かないだろうなと。

続きを読む

週刊少年サンデー 2019年14号(2019年3月6日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0514
●『FIRE RABBIT!!』(ひらかわ あや)
見知らぬ相手に捕らわれた兎高。実は仲間達によるサプライズの歓迎会だった。その後、ふとしたことから隊長に「戦争をしている」との言葉を聞かされる。

いきなり物騒な言葉ですが、消防隊同士の活躍でも競っているのでしょうか。なんとなくライバルでも出てきそうな予感がします。

続きを読む

週刊少年サンデー 2019年13号(2019年2月27日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0513
●『BE BLUES!~青になれ~』(田中 モトユキ)
一足早くプロになった久世に対抗心を燃やす桜葉が、高校サッカーで実績を重ねるためにタイトルの獲得を宣言する。そしてインターハイの決勝に進出した武蒼高校サッカー部。

いきなり数か月飛んだようですが、まずはタイトル1つ獲得でしょうか。いろいろライバルらしき存在もいたと思うんですが、どうやって蹴散らしてきたのかが気がかりです。

続きを読む

週刊少年サンデー 2019年12号(2019年2月20日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0512
●『名探偵コナン』(青山 剛昌)
大雪に加えてトンネル崩落により孤立してしまったコナン達。正体不明の人物から仕掛けられた謎を解くゲームに挑む中で、最初の死者が出てしまう。

女房とかキャプテンとかってのは「野球」なんでしょうね。しかしそれがどう結末に結びつくかは分かりません。しかし行く先々で人が死ぬ漫画だなあと。

続きを読む

週刊少年サンデー 2019年11号(2019年2月13日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0511
●『あおざくら 防衛大学校物語』(二階堂 ヒカル)
クリスマスダンスパーティーの盛り上がりが続く。近藤はパーティーに招待した多くの女性の相手をする中で、同じように招待した幼なじみの松井を放置してしまう。

さて、武井と岡上のハッパは近藤に通じるのでしょうか。沖田(姉)からのアプローチもこのまま終わるとは思えないですし、三角関係どころか四角にも五角にもなりそうです。

続きを読む

『凪のお暇』で大人気!コナリミサト先生の最新作(の1つ)『ひとりで飲めるもん!』

『凪のお暇』で人気沸騰中であるコナリミサト先生によるもう一作が、この『ひとりで飲めるもん!』です。芳文社「まんがタイムオリジナル」で連載していた本作は、大手化粧品メーカーの広報部に勤めるキャリアウーマンである紅河メイ(べにかわ めい)が主人公。美人でスタイル抜群なだけでなく仕事もできて愛想も良い彼女は、上司からの信頼も抜群で同僚や部下からの評判も上々です。

続きを読む