作成者別アーカイブ: 県田勢

週刊少年サンデー 2017年30号(2017年6月21日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0330
●『第九の波濤』(草場 道輝)
サークル活動の勧誘で盛り上がる新入生歓迎会。会の締めとして、全員で肩を組んで「水産放浪歌」を歌うことに。他人との距離に戸惑うものの、湊の目に涙が浮かんでくる。

雰囲気に飲まれちゃったようですが、肝心の恋愛モードはどうなるんでしょう。東京と長崎の2場面連載が、延々と続くとは思えませんし。

続きを読む

週刊少年サンデー 2017年29号(2017年6月14日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0329
●『MAJOR 2nd』(満田 拓也)
ピッチャーの練習を投げ出しかけた佐倉のフォローをする大吾。厳しい状況に変わりはなく、練習試合の相手も決まらない中、大会にエントリーしていたことが明らかになる。

大会と言っても初戦の相手が気になります。ここで勝ってチームがまとまれば良いのですが。しかしもう人数ギリギリでは厳しいので、もう少し助っ人が欲しいですね。

続きを読む

【ネタバレ感想】隕石少女-メテオガール-【少年サンデー2017年5月31日号(2017年5月17日発売)~】

神様からの贈り物…なワケない!例え少女型ロボットでも

いきなり空から降ってきて世界中を恐怖に陥れた少女型ロボット。原因不明でメテオガールと名付けられた異常事態も、3年過ぎれば慣れつつある毎日へと変化する。しかし壊れて動かないはずだったメテオガールは、いつの間にか動き出して人々の中に入り込んでいた。

【ネタバレ感想】まどろみバーメイド【週刊漫画TIMES2017年3月24号(2017年3月10日発売)~】

夜の街を彩る屋台 バーメイドが心を込めた一杯をどうぞ

夜もふけた街の片隅。どこにでもありそうな屋台ながらも、客を待ち受けるのは、ずらり並んだ酒瓶と女性バーテンダーだった。眠そうな彼女が作り出すカクテルは、悩みを抱えた人々の心をいやしていく。一流バーテンダーとしての腕前を持つ彼女が、1人屋台を引く目的は?

【ネタバレ感想】キング・オブ・アイドル【少年サンデー2017年5月24日号(2017年5月10日発売)~】

目指せアイドル!女の園に飛び込んだ男の娘の行く末は?

かつての人気アイドルで、幼い頃に亡くなってしまった母親の面影を追いかける遥名まほろ。難関を勝ち抜いてアイドル養成学校に入学したものの、もちろんそこは女の子だけの花園だった。たぐいまれな才能と股間に立派なモノを持つ、まほろの活躍から目が離せない!

週刊少年サンデー 2017年28号(2017年6月7日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0328
●『初恋ゾンビ』(峰浪 りょう)
選挙のお疲れ会で盛り上がるタロウ、リリト、メイの3人。リリトがトラブルに見舞われる中で、タロウとメイの距離が再び近づいた模様。

見つからなくて運が良かったリリトですが、あれをメイとメイ母を比較対象にしては、可哀そうでしょう。しかしリリトの家族関係も複雑そうですし、今後の展開に影響を与えそうです。

続きを読む

週刊少年サンデー 2017年27号(2017年5月31日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0327
●『名探偵コナン』(青山 剛昌)
どこか気分が浮かれ気味の蘭が気になってしまうコナンと小五郎。こっそり蘭を尾行した2人だったが、カフェであっさり見つかってしまう。そこで殺人事件が発生!

しっかし人殺しの多い町ですね。犯沢さん(「サンデースーパー」にて新連載の主人公)が引き付けられるのも無理はないかもしれません。容疑者は絞られていますが、トリックが問題です。無理のないものなら良いのですが。

続きを読む

【ネタバレ感想】妖怪ギガ【少年サンデー2017年5月10・17日合併号(2017年4月26日発売)~】

気づいていないだけかも…ほら、あなたの背中に妖怪が!

人と共に生まれ、人と共に生きてきた妖怪。そんな妖怪達の生き様は、時におかしく、時に哀しく人々の生活に関わってくる。御主人をひそかに見守るクロ、女性の覗き見が大好きな目目連(もくもくれん)、幼なじみを待つ女郎クモらが続々登場!新釈妖怪絵巻の始まり始まり~

【ネタバレ感想】第九の波濤【少年サンデー2017年5月3日号(2017年4月19日発売)~】

ボーイミーツガールin長崎 少年は海の男になれるか

亡き父親の故郷である長崎を訪れた高校3年生の海老原湊(えびはら みなと)。偶然入った漁港の食堂にて出会った女の子にひと目ぼれした彼は、長崎大学水産学部に進路を変えてしまう。オシャレにしか興味のなかった少年のカルチャーギャップに揉まれる様が秀逸!

週刊少年サンデー 2017年26号(2017年5月24日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0326
●『境界のRINNE』(高橋 留美子)
幽霊のオウムを捕まえたものの、オウムの口癖が気になって、成仏させることができないりんね達。偶然、元の飼い主を見つけたところ……。

カラーボールって、そんなに高くないんですけど、お礼が大福3個ではワリに合わないですよね。口に出さないりんねの本音をしっかりキャッチできるさくら。単なる恋心なのか、何らかの能力者なのか。

続きを読む