作成者別アーカイブ: 浜田六郎

『るろうに剣心・北海道編』連載再開にファンから歓迎の声!

明治初期を舞台に、スゴ腕の剣士たちが死闘を繰り広げる大ヒットアクション漫画『るろうに剣心』。その最新シリーズである『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』が、ジャンプSQ7月号(6月4日発売)から連載再開されることが判明した。

集英社公式サイトでその告知が出され、複数のメディアでニュースになるとともに、再始動を待っていたファンからは喜びの声があがっている。

【参考】ジャンプSQ.お知らせページ
http://jumpsq.shueisha.co.jp/contents/oshirase/index180423.html 続きを読む

格闘家たちの究極バトルがますますヒートアップ!『喧嘩稼業』

前作『喧嘩商売』のレビューはこちら

【あらすじ】
天才的な頭脳と恵まれた体格の佐藤十兵衛は、ヤクザすら倒してのける喧嘩自慢の高校生。だが常人を遥かに超えたパワーとタフネスを誇るプロ喧嘩師・工藤優作に完敗し、人生最大の屈辱を味わう。リベンジのため古武術「富田流」の秘伝を身につけた十兵衛だったが、すでに工藤は最強格闘家を決める優勝賞金100億円のビッグイベント「陰陽トーナメント」にエントリーし、気軽に挑める立場ではなくなっていた。それなら自分がトーナメント出場者を闇討ちし、参加枠をもぎ取ればいい――十兵衛の新たな格闘伝説がはじまった。 続きを読む

“最強の殺し屋”が日常に溶け込んだ殺伐系コメディ『ザ・ファブル』

【あらすじ】
平和な日本の裏社会で暗躍し、最強の殺し屋と呼ばれる男・通称「ファブル」。あまりに人を殺しすぎたファブルは上司のツテで一般人の身分を手に入れ、誰も殺さず1年間平穏に暮らすよう命じられる。佐藤明という名前を与えられたファブルは、仕事のアシスタントである女・佐藤洋子とともに“偽名の偽装兄妹”として大阪での新生活をスタートするのだが……!? 続きを読む

圧倒的な“動物ドラマ”でマンガ大賞を獲得!『BEASTARS』

【あらすじ】
ヒトではなく動物が文明をもった世界。主人公はエリート高校2年生のレゴシ(ハイイロオオカミ・雄)。頑強な肉体でありながら気弱でやさしい彼は、演劇部の裏方を黙々と務めていた。そんなある日、彼はひょんなことからハル(ウサギ・雌)と出会い、抑えきれない衝動を自覚する。これは恋愛感情なのか、オオカミとしての捕食本能なのか? まわりの生徒たちにも影響を受けながら、平穏だったレゴシの学園生活は少しずつ変わっていくのだった……。 続きを読む

あの傑作の外伝『ドラゴンボール外伝 転生したらヤムチャだった件』が大好評!

1984年に誕生し、いまや世界的な人気を獲得した大物タイトル『ドラゴンボール』。現在も旧作の続きを描く『ドラゴンボール超』が連載されており、新たな劇場アニメも発表された現役コンテンツである(TVアニメは先日終了)。

今回はその本編ではなく、スピンオフとして高い評価を得ている『ドラゴンボール外伝 転生したらヤムチャだった件』(ドラゴン画廊・リー/集英社)を紹介したい。

続きを読む

紆余曲折を経て再始動(コンティニュー)――『ハイスコアガール』TVアニメ版の放送開始が発表!!

月刊ビッグガンガン連載中の人気ラブコメ漫画『ハイスコアガール』(押切蓮介/スクウェア・エニックス)。一度はTVアニメ化が発表されながら著作権問題(後述)によって実現が危ぶまれていたが、ついに今年7月からの放送が正式発表された。長らく待っていたファンからは、さっそく喜びの声があふれている。 続きを読む

【ニュース】マンガ大賞2018は、板垣巴留の『BEASTARS』に決定!

「面白いと思ったマンガを、その時、誰かに薦めたい!」

漫画を愛する有志によって2008年に誕生し、『テルマエ・ロマエ』『ちはやふる』など傑作を多く世に送り出してきたマンガ大賞。その11回目となるマンガ大賞2018の授賞式が都内にて催され、多数におよぶノミネート作の中から『BEASTARS』(板垣巴留/秋田書店)が大賞に輝いた。 続きを読む

女子力たっぷりなヤンキー&グルメ漫画『頂き!成り上がり飯』

【あらすじ】
ケンカ自慢の少年・ケニー(通称)は、有名な不良高校に入学して3年生の最強番長に挑むも、ボコボコに完敗。しかもカバンに入っていた手作り弁当まで笑われ、屈辱の極みを味わう。だが、奪われた弁当の美味さが番長の度肝を抜いたことで、ケニーの生き方が変わった。「全員の胃袋をつかんでヤンキーたちの頂点に立つ!」――そんな決意を抱き、彼のケンカ&料理ライフが始まる! 続きを読む

傑作コミカライズ『皇国の守護者』絶版が確定

佐藤大輔による架空戦記小説をコミカライズした人気作『皇国の守護者』。2007年に集英社ウルトラジャンプで連載を終え、全5巻が出揃ってから10余年経った本日3月6日、コミカライズ担当の漫画家・伊藤悠が自身のTwitterで正式な絶版を報告した。その後わずか数時間で絶版を惜しむツイートが2万を超え、なおファンの嘆きの声は増え続けている。 続きを読む

迫真の心理戦がアツいダーツ漫画『エンバンメイズ』

【あらすじ】
平和な日本において、数億単位の金銭や人命までもがやりとりされる「賭けダーツ」の世界。そこに集まる天才ダーツプレイヤーの中でも、ひときわ異彩を放つ最強の男がいた。“迷路の悪魔”という異名をもつ青年・烏丸 徨。なぜ彼はそんなに強いのか、なぜ彼は命をかけてまで勝ち続けなければいけないのか。その謎は凄惨な試合を重ねるごとに、少しずつ明らかになっていく……。 続きを読む