作成者別アーカイブ: なつめれいな

揺れ動く女の子の繊細な感情を描いた読み切り百合短編集『妹ができました。』

女性同士の恋愛(ガールズラブ)を描いた作品は、「百合」と呼ばれます。今でこそ広く知られるようになり、さまざまな人がカミングアウトするようになりましたが、周囲に打ち明けにくいものでした。

そのため、どこか繊細な感じのするそんな恋愛のような感じがします。そんな女の子たちの恋愛の一部を描いた短編集が、芥文絵先生の『妹ができました。』という作品です。2011年~2014年にかけて「つぼみ」と「ひらり」に掲載された読み切り作品に、描き下ろしが入って一冊の短編集になりました。 続きを読む

【祝アニメ化!】村岡ユウ先生の『もういっぽん!』2023年1月アニメ放映決定!

女子高生の部活をテーマにした作品は、かなりたくさんあります。その中でも、柔道は古くから名作と呼ばれる作品も多いですね。筆者自身も柔道をしていたこともあり、やはり柔道をテーマにした作品は注目してしまいます。

今回は、以前にレビューを書いた村岡ユウ先生の『もういっぽん!』がアニメ化されると聞いたので、その件について書かせていただきます。昨年にはアニメ化が発表されていましたが、ついに2023年1月より放送が決定しました(以前のレビュー記事はこちら)。 続きを読む

竹嶋えく先生によるさまざまなテイストの極上な百合作品が楽しめる短編集『君に好きっていわせたい』

ひとことで「ガールズラブ(百合)作品」といっても、あまあまな恋愛を描くものから心のどこかに闇を感じさせるもの、際どい性描写のあるものまでさまざまあります。そういう意味では、それぞれの好みが分かれやすいジャンルといえるでしょう。

あまあまな百合恋愛作品の中でも、かわいい絵柄で人気の高い作者といえば竹嶋えく先生です。その中でも、読み切り(短編)作品を集めた『君に好きっていわせたい』を紹介します。 続きを読む

書店・書店員を思わず応援したくなるお仕事コミック『本屋の堀ちゃん』

取引先や来店するお客様に接客していると、そんなに低くない確率で横柄な態度に出る人など、想定外の事態に遭遇します。特に接客業の経験のある方ならば、思わず何度も首を縦に振るでしょう。

小売業者は日本国内にもたくさんあり、おそらくどの業界にもそれぞれの「あるある」が存在するはず。その中で、書店業界で発生しがちなあるあるを描いた作品が、今回ご紹介する佐久間薫先生の『本屋の堀ちゃん』です。本作は「Webアクション」で連載されていた『カバーいらないですよね』のエピソードを改題したものと番外編を収録した、オール新作となっています。 続きを読む

ほのぼのした恋愛を描くガールズラブコミック『女ともだちと結婚してみた。』

日本では、自治体単位でパートナーシップ制度を制定していますが、同性婚はまだ法的に認められていません。もしも結婚が認められるようになったら、婚姻届を出したいと思う人は一定数いるのではないでしょうか。

今回は同性婚にちなんで、雨水汐先生の『女ともだちと結婚してみた。』を紹介させていただきます。本作は、同性婚が法律で認められるようになった日本が舞台の、女同士で結婚した「ふうふ」の物語です。 続きを読む

朗読にかける青春を描いた話題作! 『花は咲く、修羅の如く』

新型コロナウイルス感染症が世界的に流行したこともあり、音声SNSが大きく盛り上がっている昨今。朗読や落語、講談など声で表現する芸術の良さが見直され、朗読が身近なものになりつつあります。

マンガでは朗読の奥深さは伝えにくいですが、今回ご紹介する武田綾乃先生原作、むっしゅ先生が作画を担当した『花は咲く、修羅の如く』で、その奥深さや面白さを伝えるべくトライしています。

続きを読む

学習意欲をかきたてられる? 学習参考書の編集部を舞台にしたお仕事コメディ『ガクサン』が熱い!

小学校から高校・大学受験まで、学習参考書(学参)にはほとんどの人がお世話になっているのではないでしょうか。ちなみに、私はよく間違えていたところを情報カードにまとめているうちに、覚えたことで得意になったという思い出があります。

今回ご紹介する佐原実波先生の『ガクサン』は、タイトルのとおり学習参考書の出版社(編集部)を舞台にした、参考書オタクとサブカルミーハー女子のお仕事コメディです。本作は昨年12月に連載がスタートして、早くも多くのファンがついています。

続きを読む

多くの柔道家に影響を与えてきた柔道マンガの最高傑作!『柔道部物語』

野球であれば『ドカベン』、サッカーであれば『キャプテン翼』のように、マンガとスポーツは非常に高い親和性があります。皆さんの中にも、マンガがきっかけでスポーツを始めたという人も多いのではないでしょうか。

日本で誕生した武道で、今や世界に広がった競技といえば柔道です。今回は多くの柔道家に影響を与えた小林まこと先生の『柔道部物語』を紹介します。主人公は、岬商業1年生の三五十五。彼が高校に入学した日が、物語のスタートです。 続きを読む

百合カップル同士の繊細な心を感じ取れる繊細な百合作品集『きみのために世界はある』

「百合(ガールズラブ)」といっても、いろいろなテイストの作品があります。作風は作者の志向などによってもさまざまです。当然、読者側の好みによっても、好き嫌いはわかれてくるでしょう。

筆者は長編の連載作も好きですが、それ以上に短編作も好んで読みます。特に百合の短編集は、いろいろな作風の作品を一冊で読めるので、読み応えがあります。その中でおすすめしたいのが、雨水汐先生の『きみのために世界はある』です。 続きを読む

上質でややアダルティな社会人百合短編集『好きなのは女の子 北尾タキ百合作品傑作選』

ボーイズラブ(BL)に対して、ガールズラブ(GL、百合)は好きな人が表に出てきにくい分野でした。しかし、「LGBTQ+」という言葉が市民権を得る中で、少しずつ男女を問わず愛好する人が表に出てきています。

そんな百合作品の中で、同人誌時代から根強いファンの多い、北尾タキ先生です。今回ご紹介するのは、彼女が「エクレア 百合アンソロジー」で描いた作品を集めた、『好きなのは女の子 北尾タキ百合作品傑作選』です。 続きを読む