作成者別アーカイブ: なつめれいな

非行少年の驚くべき実態を描いた衝撃作『ケーキの切れない非行少年たち』

保護処分となった少年が、更生を図る目的で収容される施設が少年院です。現在の法律では4つの区分にわかれ、12歳以上23歳未満(心身に著しい障害がある場合は26歳未満)の少年が収容されています。

少年の非行事実は、強盗や性犯罪、殺人などさまざま。しかし、そんな少年たちの中には知的発達(認知機能)に問題を抱えている可能性があることはあまり知られていません。そうした実態を描いた作品が、今回ご紹介する『ケーキの切れない非行少年たち』です。 続きを読む

【LGBT特集】母と息子のやり取りにほっこりできるコミックス『うちの息子はたぶんゲイ』

以前から少なくない割合で存在すると言われていた、セクシャルマイノリティのひとつでもあるLGBT。日本でも、少しずつですが市民権を得つつあります。しかしながら、ステレオタイプなイメージによって差別や偏見が存在するのも現実です。

この数年で増えてきたLGBT関連の作品で、「ゲイ」にスポットを当てたコミックスは多くありません。そんな中で、自らの経験をもとに母親と息子の日常での軽妙なやり取りをマンガにした作品が、おくら先生が描いた『うちの息子はたぶんゲイ』です。 続きを読む

【特集:『はたらく細胞』シリーズ-6】 小さなプロ職人の仕事を描く『はたらく血小板ちゃん』

『はたらく細胞』シリーズ-1は、こちらよりどうぞ

『はたらく細胞』シリーズ-5は、こちらよりどうぞ

人間の体内では、赤血球や白血球などさまざまな細胞が働いています。その数は約37兆2,000億個。病気になったときはこれらの細胞が病原菌や細菌と戦うことで、私たちの身体を健康に保ってくれているのです。

その中で、血管が損傷したときにみんなで止血する役割を担うのが血小板です。一般的な細胞よりも小さいながら、仕事ぶりはまさにプロフェッショナル。そんな血小板たちを描いた作品が、今回ご紹介する『はたらく血小板ちゃん』になります。 続きを読む

【特集:『はたらく細胞』シリーズ-5】 ちょっとシリアス!?『はたらく細胞BLACK』

『はたらく細胞』シリーズ-1は、こちらよりどうぞ

『はたらく細胞』シリーズ-4は、こちらよりどうぞ

人間は年齢を重ねるにつれて、生活習慣病に罹ることが多くなります。その他、喫煙や飲酒がやめられない人や痛風や心筋梗塞などの生活習慣病、胃潰瘍や水虫などになったことがある人もいるのではないでしょうか。

不健康・不摂生な成人男性の体内は、細胞が働くには劣悪な環境です。そのような環境をブラック企業にたとえ、人間の体内環境を元に戻すべく日夜休まず働き続ける細胞の奮闘を描いた作品が、今回ご紹介する『はたらく細胞BLACK』です。 続きを読む

【特集:『はたらく細胞』シリーズ-4】 記念すべき第一作!『はたらく細胞』

『はたらく細胞』シリーズ-1は、こちらよりどうぞ

『はたらく細胞』シリーズ-3は、こちらよりどうぞ

人間の体内にはいくつ細胞があるか、ご存知でしょうか。なんと、約37兆2,000億個もの細胞が、日々休むことなく働いています。この細胞のおかげで、私たちは病気しても回復したら再び元気に動くことができているのです。

そんな細胞たち(主に免疫系の諸細胞)を擬人化して、私たちの体内で行っている日常の活動を描いた物語が、今回ご紹介する清水茜先生の『はたらく細胞』になります。ストーリーは基本的に1~2話完結型で、新米の赤血球「AE3803」や白血球「U-1146」などを中心とした群集劇のような形式で細胞達の日常を描いた作品です。 続きを読む

ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』DVD・Blu-ray販売決定!

原作レビュー記事はこちら

新型コロナウイルスの影響でスタートが遅れたものの、今年7月16日~9月24日にかけて全11回放送されたドラマが『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』です。

原作となった作品はコアミックスの「月刊コミックゼノン」にて、2018年7月号から連載されている荒井ママレ先生の『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』。病院薬剤師(薬剤部)と医師・看護師・外部の薬剤師など医療に関わる人物との間に起こる問題に向き合い、解決していく過程を描いています。 続きを読む

【特集:『はたらく細胞』シリーズ-3】 『はたらく細胞!!』第1期をおさらい!&要注目なキャンペーン情報

『はたらく細胞』シリーズ-1は、こちらよりどうぞ

『はたらく細胞』シリーズ-2はこちらよりどうぞ

1月9日の第2期開始まであと4週間(執筆時点)ということで、ここでは2018年に放送された『はたらく細胞!!』第1期の内容や放送時および放送後に起こった反響、第2期放送前のキャンペーンについて簡単におさらいしていきます。

ちなみに第1期は、2018年7月8日から9月30日までTOKYO MXなどで放送されました。DVDはレンタルショップに置いてあるところもあるので、興味のある方はぜひスタート前に見ておいてくださいね。 続きを読む

【落語マンガ特集】『どうらく息子』から見えてくる落語の新たな魅力

落語とマンガは親和性が非常に高く、落語を扱った作品も数多くあります。これらの作品は、落語初心者はもとよりある程度見慣れている人も楽しく読み進めることができるものばかりです。

その中でも、もっとも落語の世界観を色濃く表しているのが、今回ご紹介する尾瀬あきら先生の『どうらく息子』という作品です。 続きを読む

【野球特集:後編】メジャーのオーナーか?追放か?一世一代の大勝負『フォーシームNEXT』

前編のリンクはこちら

前作『フォーシーム』では、日本球界を永久追放同然で追い出された逢坂猛史が、MLB挑戦を表明してからメジャー契約を勝ち取り、レギュラーシーズンでの活躍までを描きました。

今回ご紹介する『フォーシームNEXT』は、ポストシーズン(プレーオフ)に舞台を移し、同じく主人公・逢坂猛史の活躍を描く物語です。 続きを読む

【野球特集:前編】メジャーを目指す破天荒な男の物語『フォーシーム』

後編のリンクはこちら

近鉄バファローズに在籍していた野茂英雄さんがメジャーリーグに挑戦を表明したのが1995年のこと。その当時は、誰も通用するとは思っていませんでした。しかし、両リーグでノーヒットノーランを達成するなどの活躍を見せ、日本人メジャーリーガーのパイオニアとなりました。

野球マンガの中でもMLBに挑戦した日本人を描いた作品の代表格とも言える作品が、今回ご紹介するさだやす圭先生の『フォーシーム』です。 続きを読む