作成者別アーカイブ: 桜木尚矢

死者の願いを叶えるのが仕事!?「視える」『ようこそ亡霊葬儀屋さん』

【あらすじ】
両親を亡くしてからずっと姉と暮らしてきた少年は、その姉をも亡くす。
奇しくもその日の朝に喧嘩し、謝れないまま永遠の別れになってしまった。
しかし姉の霊が視える葬儀屋は、自分を責める弟に自分の本当の気持ちを伝えたいと現れる。
その行方は──?

続きを読む

週刊少年ジャンプ 2023年9号(2023年1月30日発売)

■掲載漫画ピックアップ

●『マッシュル-MASHLE-』(甲本一)
連載3周年記念表紙&巻頭カラー!ドゥウムとの120%の戦いが白熱する!無数の分身からの攻撃を受けるマッシュだったが、ドゥウムは何か違和感を感じる。自身の分身の数がまばらになっている……?分身が消えている……?そしてドゥウム本体の両肩を掴む手が!!マッシュ、圧勝!!

続きを読む

週刊少年ジャンプ 2023年8号(2023年1月23日発売)

■掲載漫画ピックアップ

●『アンデッドアンラック』(戸塚慶文)
連載3周年突破記念表紙&巻頭カラー!まだ「不可避」の能力を得ていないボクシング世界王者ボイドと勝負することになった風子。「不運」を使ってゴリ押しするようにニコにアドバイスされるが、風子は否定能力に頼らずに戦う。アンフェアな戦いはしたくないというが、そこで不意にボイドに変化が──?!とうとう「不可避」を得たボイドを前に、これから否定者ボクシングが始まる!!

続きを読む

週刊少年ジャンプ 2023年新年6・7合併特大号(2023年1月7日発売)

■掲載漫画ピックアップ

●『ONE PIECE』(尾田栄一郎)
ルフィのカードが付録になっている新年第1号となる今号。「赤い港」では、天竜人の無敵奴隷のはずのバーソロミュー・くまが現れ、エッグヘッドではベガパンクが脱出を試みる。結局7人のベガパンクを船に乗せることになった麦わらの一味だったが、ルフィはまだ別行動だった。そして「新世界」のとある海域では、とある海軍が巨人族の総本山に至るところだった──!!

続きを読む

週刊少年ジャンプ 2023年4・5合併特大号(2022年12月26日発売)

■掲載漫画ピックアップ

●『僕のヒーローアカデミア』(堀越耕平)
第8回キャラクター人気投票結果発表もある今号。気になる首位は!?本編ではトゥワイスの群れを生み出していたトガヒミコだが、もうお茶子と「恋バナ」をするつもりはないらしい。ヒーロー側が目論んでいた分断作戦は敗れ、もはや戦いにならない状況になっている。熱でみんなが戦えない中、すべてがデクと死柄木に向かってしまうと危惧したヒーローは、エンデヴァーに燈矢と止めてくれと頼むが──?!

続きを読む

行方が読めないのは人間も同じ!?気象を学べる人間模様が魅力の『BLUE MOMENT』

【あらすじ】
地震大国と言われている日本だが、異常気象は世界規模の問題だ。その気象を扱う漫画『BLUE MOMENT』が、雲研究者の荒木健太郎先生を監修に迎えた本格的な描写で非常に胸を打つと話題になっている。

続きを読む

【ネタバレ感想】人造人間100【週刊少年ジャンプ1号(2022年12月5日発売)~】

一族を全滅させられたたった一人の生き残りの子供が!?

生涯をかけて100体の人造人間を作った天才博士の死後、自分たちの一族を根絶やしにされたあしび。唯一ののぞみを託し、人造人間100号と契約をする。そしてそれまでに作られた99体の人造人間を消していく旅に出るのだが、途中で人造人間を消そうとしている人間に出会い…?

週刊少年ジャンプ 2023年3号(2022年12月19日発売)

■掲載漫画ピックアップ

●『あかね噺』(原作:末永裕樹 作画:馬上鷹将)
朱音はうらら師匠に言われる。「禄郎の高座を見て知りなさい。何故私が開口一番を彼に頼むのか」そして彼が「麒麟児」と呼ばれる所以が明らかに──!?うららの独演会の裏手で、可楽杯を獲った時の記事を書いた記者に出会った朱音。その記者によると、禄郎は確かにいつもヘッドホンをしている。彼は落語を「音」としてとらえ、言葉の調べが心地良いのだ。穏やかな禄郎らしい高座だったが、後半に入ると一転し?!

続きを読む

【ネタバレ感想】イチゴーキ!操縦中【週刊少年ジャンプ52号(2022年11月28日発売)~】

マッドサイエンティストの幼馴染に命を救われたが!?

子供の頃から仲が良かった一剛木と操。しかし、操は自分の発明した薬で小さくなってしまい、元に戻る薬を作るために一剛木の力を借りようとして、彼は事故に遭ってしまう!命を救われた一剛木は、なんと改造人間になっていた!?操縦者はポンコツの操。果たして青春はどうなる?!

週刊少年ジャンプ 2023年2号(2022年12月12日発売)

■掲載漫画ピックアップ

●『僕とロボコ』(宮崎周平)
TVアニメ超大反響&放送開始記念巻頭カラー!作者念願の表紙も飾り、インパクトのある今号。本編ではボンドとガチゴリラがぶつかった拍子に心と身体が入れ替わるという、例の起きてしまった!お互いの家に帰ってばれないように過ごそうとするが、二人ともとても続けられないと言う。そこでロボコは入れ替わった時と同じ状況を作り出すが、今度はボンドとロボコが入れ替わってしまって?!

続きを読む