作成者別アーカイブ: 桜木尚矢

女の愛と嫉妬と裏切り……短編集『モナリザの影』で本音を映す!

眉目秀麗、頭脳明晰、性格明朗と、非の打ち所のないデキる女性の葛西小夜花。男性からだけではなく、女性からも慕われる温厚な性格に、誰もが一目置いていた。そんな小夜花には英里花という双子の妹がいる。見た目はほとんど同じだが、性格はキツく積極的。いつも小夜花が理不尽な目に遭うと、どこからか手を回してくるのは──?

続きを読む

週刊少年ジャンプ 2020年19号(2020年4月6日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2020.19
●『ONE PIECE』(尾田栄一郎)
カン十郎がモモの助をさらって逃げようとしている。絵に描いた鶴で舞い上がり、墨の矢を降らせる中、モモの助は強がりで部下たちに「一人で逃げてみせる」と告げるが……?一方で、逃げたと思っていた船から長距離砲が?!しかしそこへ現れたのは、かつて別れた仲間──無事だったのか?!

続きを読む

週刊少年ジャンプ 2020年18号(2020年3月30日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2020.18
●『鬼滅の刃』(吾峠呼世晴)
とうとう朝日が昇り始める。肉塊と化した無惨は太陽の明かりに焼かれ、灰になって消え去った──。生きている隊員は喜び涙するが、すぎにそんな場合ではないと察する。怪我人の手当という救護の仕事があるのだ。悲鳴嶋は自分に薬を使っても貴重なものが無駄になると言い、思い出とともに尽きる。伊黒と甘露寺はお互いに思いを打ち明け、次に人間に生まれ変わったら一緒になろうと誓った。そして炭治郎は……?!

続きを読む

本当に愛する人は誰?『紺青の鬼』の真実を見抜け!

愛する人が既に誰か他の人のものだと知った時、その失恋を受け入れられるものだろうか?何も知らずずっと思い続けてきた相手、けれど本当のことは何一つ知らない──。4つの短編が収録された『紺青の鬼』は、それぞれに若干異なるテイストながらも、真実の愛とは何かを突きつけてくる。果たして読者は本物を見抜けるだろうか……?

続きを読む

週刊少年ジャンプ 2020年17号(2020年3月23日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2020.17
●『約束のネバーランド』(原作:白井カイウ 作画:出水ぽすか)
鬼と約束を結んだのはエマ。そのエマさえ殺してしまえば、「約束」はまだ不履行なため、食用児たちも道連れで地獄行き──。ピーター・ラートリーは道連れを計画するが、エマは「あなたを殺すつもりはない。話し合いに来た」と言う。お互いに不可侵・不干渉であることさえ約束してくれれば、ラートリー家にも報復しない。だから食用児の自由を認めて欲しい、と……。武器を捨てたエマにラートリーは?!

続きを読む

週刊少年ジャンプ 2020年16号(2020年3月16日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2020.16
●『ハイキュー!!』(古舘春一)
連載開始から「8」年と「19」日突破記念表紙&巻頭カラー。高校編のシールの付録も付いている。一人だけ姿を現さなかった西谷がどうしているのかとTO中に東峰に問う澤村。返って来た答えは「イタリアでカジキを獲ってる」というもの?!大物を抱えた写真を送ってきた様子は、まさに海の男!!かつて東峰が進路の話をしている時、「行けるとこまでいって、見たことも聞いたこともないことをいっぱいやってみたい」と……?

続きを読む

夢か家族か恋人か?!『ラバーズ・コンチェルト』で何を掴む?

憧れのウィーンの楽団からオファーを受けたバイオリン奏者の涼子。両親が再婚だというだけで一流の音楽家を輩出する名門校を不合格になり、資金不足で海外留学も諦めて、コツコツ演奏を続けてやっと掴みかけたチャンスだった。しかしプロポーズされた恋人に誤解され、その時に急に鳴った電話で両親の訃報を告げられる──。

続きを読む

週刊少年ジャンプ 2020年15号(2020年3月9日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2020.15
●『ブラッククローバー』(田畠裕基)
連載5周年突破記念表紙&巻頭カラー!アスタとゴーシュの絶妙な連携攻撃だったが、空間を歪ませて回避されてしまう。アスタは「同じ悪魔憑き同士で話が合うと思う」と言われるが、まったくどこも似ていない。お互いの価値観の大きな差に、交渉は終えられる。ヴァネッサの魔力がすべて奪われ、ヘンリーの魔力も尽きかけている。そこに大きな攻撃が来て、大きな剣がゴーシュに──!?その時アスタは目覚める!!

続きを読む

週刊少年ジャンプ 2020年14号(2020年3月2日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2020.14
●『Dr.STONE』(原作:稲垣理一郎 作画:Boichi)
連載3周年祝&新章開幕記念表紙&巻頭カラー!石化装置を無事ゲットして島に帰り着いた科学チーム一行。実は石化装置には寿命があるようで、それを察した千空だけが顔のヒビを残していた。獅子王司を一度石化させて復活液をかけ、見事生還させた千空。しかしゲンが「戦化粧」と言い、石化の元凶に買ったその瞬間にみんなでヒビを消そうと決めた。そして司も仲間に加わった!!

続きを読む

近未来SF『天使失格』は不思議も冒険もてんこ盛り!

2126年、トーキョーベイシティ。嵐(ラン)は夢の中で天使に出会った──。目が覚めるとそこは自宅。アメリカ出張の母親を見送って、学校にでかける途中、用水路から奇妙な手が出てネズミを捕まえるのを見た。50年ほど前に「バイテク(バイオテクノロジー)バブル」と言われた時代があり、さまざまな生物が作られたという。それらが下水道に逃げ込んで増殖しているという都市伝説があったが……。

続きを読む