切ない「トモダチ」物語『一週間フレンズ。』舞台化決定

一週間フレンズ。(6) (ガンガンコミックスJOKER)
「ガンガンJOKER」で連載中、2014年の4月~アニメも放映された『一週間フレンズ。』(葉月抹茶)が11月に舞台化されることになりました。

『一週間フレンズ。』は、「トモダチ」になろうとする男の子と女の子の物語。

主人公・長谷祐樹は、クラスメイトの藤宮香織と友達になりたいと願います。しかし、香織は友達との楽しかった記憶が1週間たつと消えてしまう女の子。友達との記憶が消えてしまうのは悲しすぎるからと、長谷を遠ざけようとする香織でしたが、そんな彼女に長谷は「一人にさせない」と、なお友達でいようとします。こうして、1週間ごとに「トモダチ」の記憶を綴りなおしていく二人の交流が始まるのです。

記憶をなくしてしまうというハンデがある長谷と香織の友情は、とても切ない。でも、それを承知で心を通わせていく二人。

いつまでも友達なんて保証はない。いつか、忘れてしまうかもしれない友情。でも、それでも、友達でいたい。友達って温かいなあ…と、ほろりとさせられる涙あり、笑いありの作品です。

公演スケジュールは、2014年11月14日(金)~11月24日(月・祝)
会場は渋谷のCBGKシブゲキ!(http://cbgk.jp/

キャスト情報ですが、公式サイトによると、主役の長谷祐樹役には岡山智樹、藤宮香織役には岡野真也、長谷の親友の桐生将吾役に戸谷公人、長谷と香織のクラスメイトの山岸沙希役には川上ジュリアがそれぞれ決定しています。

ほっこりしていて、ちょっと悲しくて切ない二人の友情物語『一週間フレンズ。』。情感のある舞台劇になることを、期待しています。

【関連URL】
舞台『一週間フレンズ。』
http://oneweekfriends-stage.com/