映画『岳』5月7日ロードショー

岳 14 (ビッグコミックス)

2011年マンガ大賞は羽海野チカの『3月のライオン』に決まった。私が押していた『花のズボラ飯』は残念ながら4位。やはり単巻の弱さがあったのかもしれない。

さてこのマンガ大賞の第1回・2008年で受賞した作品が『岳 みんなの山』(石塚真一)だ。(コミックスでは『岳』)

小学館のビッグコミックオリジナルで連載しており、コミックスは13巻まで発行中。山岳救助隊を題材にした漫画で、民間の救助ボランティア団体に所属する島崎三歩(しまざき さんぽ)を主人公として、山に関わる人々との話が展開している。作者の石塚真一氏もロッククライミングをたしなみ、その経験が作品の随所に活かされていると言えよう。同氏にとっては、この作品が初の連載だが、先に書いた通り、2008年にマンガ大賞、2009年に小学館漫画賞一般向け部門を受賞した。

この『岳 みんなの山』を原作とした映画『岳』が、いよいよ5月7日に東宝系で公開される。
主人公の島崎三歩を演じるのは小栗旬、同僚の女性隊員である椎名久美役は、つい先ごろ人気グループEXILEのAKIRAとの交際報道が流れた長澤まさみだ。どちらもいろいろな漫画原作作品に関わっており、小栗旬なら映画『クローズZERO』やテレビドラマ『名探偵コナンスペシャル』『花ざかりの君たちへ』が、長澤まさみであれば映画『タッチ』やテレビドラマ『ドラゴン桜』が思い出される。他のキャストは佐々木蔵之介、市毛良枝、石田卓也など、期待できそうな面々だ。

監督は『木更津キャッツアイ』や『タイガー&ドラゴン』の片山修。同氏にとっては、『ヒートアイランド』に続く映画監督2作目となる。また主題歌はコブクロの『あの太陽が、この世界を照らし続けるように。』に決まった。このところ洋画より邦画に人気が集まる傾向にある。その中でも見所の多いこの作品が、どのような結果になるか楽しみにしたい。

【関連URL】
・映画『岳』オフィシャルサイト
http://www.gaku-movie.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。