jump2011_13

週刊少年ジャンプ 2011年13号(2011年2月28日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ

●『magico』(岩本直輝)<新連載>
黒魔女であるがゆえに森の中の牢獄に閉じ込められていた彼女を迎えにきたのは一人の少年だった。自分の運命を変えたいというエマに、少年シオンは儀式『魔女結婚儀(マジコ)を迫り……!少女漫画的展開の新連載ですね。主人公の2人はかわいいですが、ジャンプ読者層に支持されるかは微妙なところでしょうか。ただこういった作品も1つくらいあってもいいと思います。

●『バクマン。』(大場つぐみ&小畑健)
強敵・七峰の連載が決まり、作品で勝負することとなった最高と秋人。自らのやり方で原稿を書き進める七峰に対し、担当・小杉は「絵が亜城木夢叶に劣っている」と指摘。そんなことは分かっていると言わんばかりに、七峰は秘密兵器として有能なアシスタントを探してきたといい──。アニメも金未来杯編がクライマックスで盛り上がりをみせています。

●『めだかボックス』(西尾維新&暁月あきら)
以前奪われた自分の能力をを返してもらうため、安心院なじみのもとを訪れた球磨川。彼はそこで「才能のあるものたちに勝ちたい」という本音をもらす。そんないつになく真剣な球磨川に安心院は口づけをし──。能力を取り戻した球磨川はめだかとラストバトルとなるのでしょうか。あまたの能力を持つ安心院は一体何者なのかも気になります。

 

■ 掲載順チェック!

【今号の掲載順】
 magico(岩本直輝)<新連載巻頭カラー>
 NARUTO-ナルト-(岸本斉史)
 ONE PIECE(尾田栄一郎)
 銀魂(空知英秋)
 BLEACH(久保帯人)
 メルヘン王子グリム(渡邉築)
 ənígmə【エニグマ】(榊健磁)
 黒子のバスケ(藤巻忠俊)
 バクマン。(大場つぐみ&小畑健)
 DOIS SOL(村瀬克俊)
 トリコ(島袋光年)
 べるぜバブ(田村隆平)
 めだかボックス(西尾維新&暁月あきら)
 いぬまるだしっ(大石浩二)
 家庭教師ヒットマンREBORN!(天野明)
 SKET DANCE(篠原健太)
 こちら葛飾区亀有公園前派出所(秋本治)
 ぬらりひょんの孫(椎橋寛)
 逢魔ヶ刻動物園(堀越耕平)
 保健室の死神(藍本松) 

【コメント】
今週から新連載第3弾『magico』がスタート。ジャンプにしてはかなり珍しい雰囲気の作品ですね。最近不調だった『黒子のバスケ』が今週は順位を上げています。黒子の活躍で試合に勝ち、盛り上がりを見せました。『保健室の死神』は最後尾、しかも若干急展開気味で、心配になります。

来週は新連載最後の1つ『戦国ARMORS』が開始します。これで今回の新連載陣が出そろうこととなりますが、長く連載できる作品はでてくるでしょうか。相変わらず『NARUTO-ナルト-』や『ONE PIECE』が強さをみせており、その次に『BLEACH』などが続く状況がしばらくは続くでしょう。またもう1作品連載終了するか否かも気になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>