1月開始ドラマレビュー『美咲ナンバーワン!!』『最上の命医』

美咲ナンバーワン!! 1 (ビッグコミックス)

●予想通りか『美咲ナンバーワン!!』

モデルやタレントで大活躍の香里奈が主演でプッシュされているのが、この『美咲ナンバーワン!!』です。番組宣伝を見ても、テレビ局の力の入れようが感じられます。

原作は小学館「月刊スピリッツ」で連載中の同名の漫画。以前は「ビッグコミックスピリッツ」で連載されていましたが、一時中断となり、2010年12月号から連載再開となっています。六本木のキャバクラでナンバーワンキャバ嬢だった天王寺美咲が、高校生の教師となって落ちこぼれ達を更正させていくのが話の流れです。以前にも書きましたが、ワケあり教師とワケあり生徒の組み合わせは、これまでにも描かれています。そう言った教師ドラマを越えることができるかどうか難しいところでしょう。

視聴率は13%でスタート。悪い数字ではないのですが、テレビ局が押しているわりには今ひとつの結果だと思います。香里奈の頑張っている感じは全面にでているので、キャストの力ではこれが精一杯かもしれません。あとはストーリーでどこまで盛り上げていけるか。注目して見て行きたいところです。

【関連URL】
・日本テレビ『美咲ナンバーワン!!』公式サイト
http://www.ntv.co.jp/misaki/

●ベーシックな医療ドラマ『最上の命医』

最上の命医 11 (少年サンデーコミックス)

視聴率6.5%と低スタートだったのが、小児科医を描いた医療ドラマ『最上の命医』です。原作は小学館少年サンデーで連載されていた同名の漫画で、複雑に絡み合う医療業界の中で活躍する小児科医を描いています。現在はその続編『最上の明医-ザ・キング・オブ・ニート-』が連載中です。

主人公の若き小児科医師、西條命を演じるのはNHKの大河ドラマ「江-姫たちの戦国-」にも出演中の斎藤工。男性キャストには陣内孝則、泉谷しげる、池内博之など、女性キャストには比嘉愛未、北川弘美、板谷由夏と実力、人気を備えた面々が揃っています。 第1話を見た限りでは、ストーリーもなかなかの出来ばえでしたので、6.5%は意外な結果でした。 強いて言えば、医療ドラマのパターンから抜け出せていないため、引きつける要素が薄かったことが原因かもしれません。

ここから数字を上げていけるかは、正直難しいところです。同じ時間帯には、フジテレビで「SMAP×SMAP」「報道ステーション」などもありますしね。ただドラマ前作の『モリのアサガオ』の視聴率が初回5.8%、平均で3.6%に終わったことに比べれば、奮闘しているのかもしれません。今少し推移を見守りたいと思います。

【関連URL】
・テレビ東京『最上の命医』コーナー
http://www.tv-tokyo.co.jp/meii/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。