花とゆめ 2011年2号(2010年12月20日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ

●『星は歌う』(高屋奈月)
サクヤと千広が離れてから月日は流れ、サクヤはプラネタリウムで働きながら、一人暮らしをしていた。お見合いを進められても断り、今だ心の奥で千広を想いつづけるサクヤだったが……クライマックスの直前まで来ているこちらの作品。まだ、千広への想いを大切にしているサクヤに果たしてどんな決着がつくのか…静かにそのときが近づいています。 

●『学園アリス』(樋口橘)
事件から3ヵ月。アリス学園には平和が戻ったが、蜜柑は初等科校長の管理下におかれ、みんなと離れ離れになってしまった。蜜柑のことを案じる蛍や流架、そして棗たちだったが……こちらも最終章がスタート。みんなと離れ離れになってしまった蜜柑。しかし、今回のラストで彼女が微笑みかけた相手は一体誰なのか……?こちらはまだまだ心配なときが続いていますね。

●『LOVE SO LOFE』(こうち楓)
足をくじいて子守のバイトお休みして、施設で休む詩春だったが、そこへやってきたのは自称・「直の彼女」という森川穂乃香?……直が詩春を好きなのは明らかですが、そんな直に別の女性の影があらわれたことは、詩春と直の関係に何か影響を及ぼすのかどうか……直は多少戸惑いが多気なくなっているようですがまだ、微妙なところですね。

■掲載順チェック!

【今号の掲載順】
 星は歌う(高屋奈月)<巻頭カラー>
 学園アリス(樋口橘)
 王子と魔女と姫君と(松月滉)
 月刊なかとば(山口舞子)
 声優かっ!(南マキ)
 スキップ・ビート!(仲村佳樹)
 今日も明日も。(絵夢羅)
 LOVE SO LOFE(こうち楓)
 俺様ティ―チャ―(椿いづみ)
 ラブ×テキ!-LOVE TEXT-(ミユキ蜜蜂)
 花の騎士(西形まい)
 暁のヨナ(草凪みずほ)
 妄想接触メランコリー(間宮にこ)※第57回ビックチャレンジ賞佳作受賞作
 ※第57回ビックチャレンジ賞佳作

【コメント】
表紙は『学園アリス』。巻頭カラーはクライマックス間近で盛り上がっている『
星は歌う』が飾りました。その後は『王子と魔女と姫君と』『声優かっ!』が続きました。『暁のヨナ』と『花の騎士』はやはり後半に定着感が強いですね。

次号は『スキップビート!』が表紙。キョ―コの振袖姿が見れるかもしれませんね。巻頭カラーは『神様始めました』が飾ります。クライマックスを迎える『ラブ×テキ!-LOVE TEXT-』と、こちらも佳境の『星は歌う』がいい位置にやってきそう。連載再開の『モノクロ少年少女』にも期待です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。