週刊少年サンデー2014年33号(2014年7月16日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0036

●『ヘブンズランナーアキラ』(二階堂 ヒカル)
鶴嶺学園のライバル達が続々と明らかになる。自らの言葉と周囲に乗せられて、100メートルにも出場することになったアキラ。アキラの処遇に悩む部長に笑顔が戻る。

2メートル30センチって、バレーボールかバスケットボールでもやってた方が良いのではないでしょうか。それとも投擲競技とか。しかし宮崎君はアキラの手綱を握るのが上手くなってきましたね。

●『境界のRINNE』(高橋 留美子)
アネット先生の依頼で怒らせてしまった小人を駆除……ならぬ捕獲することに。りんねの奮戦むなしく、小人の仕返しが終了。アネット先生は相変わらずでした。

ガトーショコラでどこまでの手伝いができるのか知りたいところです。結構いろんなことをしてくれそうですが、小人達を上手く使いこなすのも、人徳の内になるのかな。

●『AREA D 異能領域』(原作/七月 鏡一 漫画/梁 慶一)
分子を操る能力を持つ「前衛芸術家(アバンギャルド・スカルプター)」を前に壁や床と一体化させられてしまうジン達。ただしリオのシャドウプレイには効かなかった。

間違いなくリオの勝ちでしょうけど、どうやって勝つのかが分かりません。上手く気絶させる方法でもあれば良いのですが。

■ 掲載順チェック!

【今号の掲載順】
銀の匙 Silver Spoon(荒川 弘)
サイケまたしても(福地 翼)
姉ログ(田口 ケンジ)
史上最強の弟子ケンイチ(松江名 俊)
ヘブンズランナーアキラ(二階堂 ヒカル)
常住戦陣!!ムシブギョー(福田 宏)
氷球姫 常盤木監督の過剰な愛情(小野 ハルカ)
銀白のパラディン(岡 啓介 監修/太田 雄貴)
だがしかし(ことやま)
BE BLUES!~青になれ~(田中 モトユキ)
ファンタジスタ ステラ(草葉 道輝 原案協力/本田 圭佑)
名探偵コナン(青山 剛昌)
何もないけど空は青い(原作/西森 博之 作画/飯沼 ゆうき)
競女!!!!!!!!(空詠 大智)
キャラクタイズム(萬屋 不死身之介)
マギ(大高 忍)
ノゾ×キミ(本名 ワコウ)
キャプテン・アース(原作/BONES 漫画/中西 寛)
境界のRINNE(高橋 留美子)
電波教師(東 毅)
クロノ・モノクローム(磯見 仁月)
NOBEL-演-(原作/野島 伸司 作画/吉田 譲)
キリヲテリブレ(森多 ヒロ)
AREA D 異能領域(原作/七月 鏡一 漫画/梁 慶一)

《休載》
E.T.~映画と天使~(猫砂 一平)
ハヤテのごとく!(畑 健二郎)
アラタカンガタリ~革神語~(渡瀬 悠宇)

【コメント】
休載明けの『銀の匙 Silver Spoon』が表紙と巻頭カラー。中段掲載の『ファンタジスタ ステラ』は、ワールドカップ以後も盛り上がりが続くかに注目です。漫画でもドイツが勝つのでしょうか。このところ後方掲載の多い『NOBEL-演-』は展開でテコ入れを図るよりないですが、果たして大丈夫でしょうか。