週刊少年マガジン 2011年1号(2010年12月1日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ

●『振り向くな君は』(安田剛士)<新連載・巻頭カラー>
桜木高校に進学したら父が作ったサッカー部に入る。持病のためひきこもりがちで引っ込み思案なしゅうじの、それがひそかな夢。しかし当のサッカー部は今回の試合で負けたら廃部決定という弱小チームだった。
前半4失点、2人欠員のピンチに助っ人を申し出たのは、しゅうじが町で偶然出会ったマイペースな少年、犬童かおる。部外者の乱入に戸惑うイレブンにかおるは告げる。自分がここに来たのは、かつて自分にサッカーを教えた男から「生涯のライバルになる」と予言された彼の息子・しゅうじに出会うため。そして二人でサッカーをするためだと。
弱小サッカー部を守るため、二人の少年が立ち上がる! ●『我間乱~GAMARAN~』(中丸洋介)
次なる修行の階梯に進むことを許された我間たち。その一方で、伊織と真ノ丞は次期当主の座を賭けて真剣勝負に臨んでいた。

●『FAIRY TAIL』(真島ヒロ)
悪魔の心臓(グリモアハート)の侵攻でS級昇級試験は一時中止。先遣隊として投入された「煉獄の七眷属」の一人・アズマと遭遇したのはウェンディ、シャルル、パンサーリリー、そして評議会から送り込まれたスパイと判明したメスト。戦力的にはいかにも頼りないが…?

■ 掲載順チェック!

【今号の掲載順】
 振り向くな君は(安田剛士)
 我間乱~GAMARAN~(中丸洋介)
 FAIRY TAIL(真島ヒロ)
 AKB49~恋愛禁止条例~(宮島礼吏/元麻布ファクトリー)
 GE~グッドエンディング~(流石景)
 あひるの空(日向武史)
 さよなら絶望先生(久米田康治)
 ヤンキー君とメガネちゃん(吉河美希)
 ダイヤのA(寺嶋裕二)
 エデンの檻(山田恵庸)
 エア・ギア(大暮維人)
 魔法先生ネギま!(赤松健)
 新約巨人の星 花形(梶原一騎・川崎のぼる/村上よしゆき)
 君のいる町(瀬尾公治)
 ブラッディ・マンデイSeason2絶望ノ匣(龍門諒/恵広史)
 生徒会役員共(氏家卜全)
 エリアの騎士(伊賀大晃/月山可也)
 A-BOUT!(市川マサ)
 CODE:BREAKER(上条明峰)
 ゴッドハンド輝(山本航暉)
 BUN BUN BEE(榎本智)
 波打際のむろみさん(名島啓二)
 ベイビーステップ(勝木光)
 もう、しませんから。(西本英雄)

【コメント】
『はじめの一歩』『GTO』『だぶるじぇい』は休載。
2011年最初の号の巻頭を飾ったのは『OverDrive』の安田剛士の新連載『振り向くな君は』。
タイトルとしては文芸系でやや地味な印象を受けるが、破天荒な天才肌の少年、引っ込み思案だが隠れた才能を持つ少年など、鉄板ながら魅力的なキャラクターが配置されており次回以降の展開が楽しみである。
桜の真の母親? 登場の『CODE:BREAKER』やまさかの伏兵登場でパーティ絶体絶命の『ネギま!』など、読み応えのある作品が揃った号だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。