週刊少年サンデー 2011年1号(2011年12月1日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ

●『最上の明医~ザ・キング・オブ・ニート~』(橋口 たかし 取材・原作/入江 謙三)
最上達と共に症例検討会議が始まる。伊達の予想に反して、父親の仇とも言うべき今川教授にこびる義明。だが当然のように義明は何か企んでいる様子。不勉強で傲慢な人間が教授になってしまう。そんなシステムが残ってる状況が問題なんですよね。しかし‘今川’って名前は、いろんなところで引っ張られます。桶狭間で負けたのが、こんなところに影響がでるとは。そして1月のドラマ開始も期待大。

 ●『鋼鉄の華っ柱』(西森 博之)
勤め始めた便利屋の不正を暴こうとする夏野。ことごとく空回りするが、真道の策略により不正が暴かれる。便利屋そのものにも真道の策略が……。夏野の空回りっぷりが見事です。でもあんな力技も、そこそこ効果があったようです。真道と良いコンビではないでしょうか。次号、爺の活躍が楽しみです。

●『怪体真書0』(険持 ちよ)
山賊を倒した宗太郎を村人は歓迎する。しかし逢坂に向かわなくてはいけない宗太郎は複雑な思い。一方、むかでは山賊の口車に乗ってしまう。すんなり対決にはならないと思うんですが、何か予想外のことが起こるのかもしれません。ところでどこに流されたのか。もしかしてまた西に逆戻りしてるとか。

■ 掲載順チェック!

【今号の掲載順】
 史上最強の弟子ケンイチ(松江名 俊)
 神のみぞ知るセカイ(若木 民喜)
 最上の明医~ザ・キング・オブ・ニート~(橋口 たかし 取材・原作/入江 謙三)
 最後は?ストレート!!(寒川 一之)
 戦国八咫烏(小林 裕和)
 ARAGO(新井 隆広)
 名探偵コナン(青山 剛昌)
 國崎出雲の事情(ひらかわ あや)
 ハヤテのごとく!(畑 健二郎)
 鋼鉄の華っ柱(西森 博之)
 結界師(田辺 イエロウ)
 境界のRINNE(高橋 留美子)
 マギ(大高 忍)
 アラタカンガタリ~革神語~(渡瀬 悠宇)
 MiXiM☆11(安西 信行)
 絶対可憐チルドレン(椎名 高志)
 はじめてのあく(藤木 俊)
 怪体真書0(険持 ちよ)
 月光条例(藤田 和日郎)
 DEFENSE DEVIL(原作/尹仁完 作画/梁慶一)
 オニデレ(クリスタルな洋介)
 T.R.A.P.(大和屋 エコ)
 喝!!ワシが師匠ぜよ![旧電脳遊戯クラブ](小笠原 真)

《休載》
 KING GOLF(佐々木 健 技術指導&監修/谷 将貴)

【コメント】
戦闘が開始となり『戦国八咫烏』は順位上昇中。ただし敵も手ごわいため長期戦が予想されます。『國崎出雲の事情』の新展開は新キャラクターの登場でした。可愛いけど‘男の娘’では人気はどうなるか。それでも台風の目にはなりそうです。今週休載の『KING GOLF』は次号センターカラー。残り2ホールでトップタイの争いからは目が離せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。