スーパージャンプ『JIN-仁-』最終回。そしてドラマへ

集英社スーパージャンプ誌上で連載されていた『JIN-仁-』が11月24日発売の24号で最終回を迎えました。医師、南方仁は少しだけ変化した現代で生きていくことになる。そして意識を共有した坂本龍馬と新たな世界を進んでいく。最後に野風の子孫であるマリー・ルロンと出会ったのはオマケっぽいですが、輪廻と人の輪の一端を示した面白い演出でした。仁ともう一人の仁(最初に正体不明だった怪我人)、そして坂本龍馬の意識なども一通り説明がついています。

漫画の『JIN-仁-』は最終回となりましたが、ドラマの『JIN-仁-』は続編に向けて順調に進みつつあるようです。放送は2011年4月、前作同様、TBS系列の日曜劇場枠です。主人公の仁と演じる大沢たかお他、主だったキャストにも変更は無い模様。

 

ただし問題があるとすれば、漫画のストーリーとの整合性でしょう。ドラマ1期では、中谷美紀を江戸時代の野風、そして現代での恋人、友永未来として登場させました。その時は2期があると思わなかったのかもしれませんが、今となってはスタッフも『余計なことしたなぁ』と思っているかもしれません。漫画のストーリーが完成度の高いものとなったことで、ドラマ版もそれを意識せざるを得ないでしょう。ある程度、軌道修正して漫画版へと沿ったものにしていくのか。それともやはりドラマ版なりのストーリーに徹するのか。興味を持って放送を待ちたいと思います。

またドラマ1期のディレクターズカット版が、12月27日、28日の夜7時から放送されます。ドラマ2期の放送が4月なので、ちょっと早いとは思いますが、年の瀬に落ち着いて見るのも良いでしょう。ドラマのファンも漫画のファンも、ぜひ見逃さないようにしてください。

【関連URL】
・集英社スーパージャンプ『JIN-仁-』コーナー
http://sj.shueisha.co.jp/contents/jin/index.html

・TBS『JIN-仁-』公式ホームページ
http://www.tbs.co.jp/jin2009/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。