sunday_ws0031

週刊少年サンデー 2014年28号(2014年6月11日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ 

●『ファンタジスタ ステラ』(草葉 道輝 原案協力/本田 圭佑)
イタリア戦を前にビーチで休日を楽しむ日本メンバー。偶然、イタリアメンバーもその場を訪れていたことで、歩美をめぐって大久保とマリオがビーチフラッグで対決する。

茶々が入って引き分けってところでしょうか。現実でもワールドカップが始まりましたが、日本戦の盛り上がり次第で、漫画の人気に影響が出そうです。恋愛面は一時おいといても良いんだけどなぁ。

●『マギ』(大高 忍)
ダビデが倒されて、最終決戦はあっけなく勝利……と思ったものの、手薄な後方基地をダビデ達が襲っていることが判明。ダビデ達の罠にかかった一同は……。

これを誰も読めなかったのが不思議です。守り無くして攻めは無いんですよね。しかしアルバの動向も気になります。あの表情は何か知ってそうです。

●『BE BLUES!~青になれ~』(田中 モトユキ)
紅白戦の残り時間が少なくなる中、桜葉が龍のチームに加わる。得意の早いパスが決まり出す中で、龍から桜葉へのパスが通る。

ここで1点取れれば展開も変わってくるはず。やはり「おまじない」次第ですね。桜葉が素直にパスを出すとは思えませんが、代表監督を務めたほどの人ならではの人心掌握術がありそうです。

■ 掲載順チェック!

【今号の掲載順】
 ファンタジスタ ステラ(草葉 道輝 原案協力/本田 圭佑)
 E.T.~映画と天使~(猫砂 一平)
 ノゾ×キミ(本名 ワコウ)
 ヘブンズランナーアキラ(二階堂 ヒカル)
 何もないけど空は青い(原作/西森 博之 作画/飯沼 ゆうき)
 競女!!!!!!!!(空詠 大智)
 マギ(大高 忍)
 氷球姫 常盤木監督の過剰な愛情(小野 ハルカ)
 キャラクタイズム(萬屋 不死身之介)
 ハヤテのごとく!(畑 健二郎)
 名探偵コナン(青山 剛昌)
 銀の匙 Silver Spoon(荒川 弘)
 電波教師(東 毅)
 姉ログ(田口 ケンジ)
 銀白のパラディン(岡 啓介 監修/太田 雄貴)
 BE BLUES!~青になれ~(田中 モトユキ)
 史上最強の弟子ケンイチ(松江名 俊)
 常住戦陣!!ムシブギョー(福田 宏)
 キャプテン・アース(原作/BONES 漫画/中西 寛)
 クロノ・モノクローム(磯見 仁月)
 境界のRINNE(高橋 留美子)
 NOBEL-演-(原作/野島 伸司 作画/吉田 譲)
 キリヲテリブレ(森多 ヒロ)
 超推能 KEI(原作/五味 一男 漫画/田中 克樹 シナリオ/水野 光博)
 AREA D 異能領域(原作/七月 鏡一 漫画/梁 慶一)
 ふだつきのキョーコちゃん(山本 崇一朗)
 からかい上手の高木さん(山本 崇一朗)

《休載》
 アラタカンガタリ~革神語~(渡瀬 悠宇)

【コメント】
休載が1本のみに加えて、ゲストが2本と久々のボリューム。新展開の『名探偵コナン』ですが、相変わらず時間軸が不明瞭です。将棋のタイトル戦のカウントは矛盾しますよね。中段掲載の『電波教師』は大きな戦いがあった割には盛り上がりも少なく推移しています。ラスボス対決はどうなるのか。またしても後方に掲載された『キリヲテリブレ』は夏には移籍しそうです。最後のゲスト2本。なぜ今週号の掲載だったのでしょうか。分厚くした意味があったのか。