花とゆめ 2010年23号(2010年11月5日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ

●『モノクロ少年少女』(福山リョウコ)
三学期を迎えたケダ校。年度末最終試験を前に、図書館に通う呉羽。だが、そんな呉羽を見てなぜか右京はイライラして……呉羽に対する自分の気持ちを認めつつある右京。彼の不機嫌が解消される日ははたしていつやってくるのでしょうか?

●『星は歌う』(高屋奈月)
一緒に夜の海へ星を見にいくサクヤと千広。お互いの想いを通わせながらも、ふたりは別れを告げて……やっと、心をつなげたサクヤと千広ですが、ふたりの前にあるのは、離れなくてはいけない現実。佳境に来ているこの作品。彼らの結末ははたしてどのような形でついていくのか、まだまだ目が離せません。

●『声優かっ!』(南マキ)
「四神戦隊ビーストレンジャー」での姫の出番が終了。多くの人たちとの出会いと貴重な経験をしたことを胸に番組を去る姫。しかし、声優業に頑張っていた一方で、学業の方がヤバいことに……? つらい経験も乗り越えて頑張ってきた番組が終わった姫ですが、今度は学校の成績という難関が立ちふさがってきます。さてこの試練を姫はどうやって乗り越えていくのでしょう?

■掲載順チェック!

【今号の掲載順】
 モノクロ少年少女(福山リョウコ)<巻頭カラー>
 王子と魔女と姫君と(松月滉)
 神様はじめました(鈴木ジュリエッタ)
 月刊なかとば(山口舞子)
 スキップビート!(仲村佳樹)
 The Killimanjaro City(磁ロックス)
 星は歌う(高屋奈月)
 声優かっ!(南マキ)
 LOVE SO LIFE(こうち楓)
 一緒にねようよ(高尾滋)
 花と悪魔(音久無)
 今日も明日も。(絵夢羅)
 花の騎士(西形まい)
 魔女と野獣(藤緒あい)<読み切り>
 蒲田ギュウ乳販売店(此花高見)

【コメント】
表紙は『星は歌う』。巻頭カラーは『モノクロ少年少女』です。その後、『王子と魔女と姫君と』が続きました。『神様はじめました』が今回は大きく前に来ましたね。

次号は連載再開の『天使1/2方程式』が、巻頭カラー。表紙は『モノクロ少年少女』。こちらは冬を迎えてクリスマス仕様になる模様です。その他、最終回を迎える『花と悪魔』や、友藤結の読み切り作品、別冊付録「花とゆめアンコール劇場」など、見どころはたくさん期待できる号になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。