img_3492

「メカデザイナーズサミットVol.2」取材記1 白熱のメカバトルトーナメント!

さる3月8日(土)、東京都稲城市にて、メカバトルと大河原邦男氏をはじめとするメカデザイナーたちの座談トークで構成されたイベント 「MECHANICAL CITY INAGI PRESENTS メカデザイナーズVol.2」 が開催されました。
『ガッチャマン』『無敵鋼人ダイターン3』『機動戦士ガンダム』『ヤッターマン』『装甲騎兵ボトムズ』などのメカデザインを手がけ、多数のロボットやメカの生みの親として知られる大河原邦男氏ですが、稲城市はこの大河原氏の地元であり、今回イベント会場となった稲城市立iプラザは、以前、「大河原邦男展」が開催された場所でもあります。

当日の会場は、男性の観客が非常に多く、また、若い方から、それなりに年齢の高い方たちが多数訪れていて、『ガンダム』をはじめとするロボット作品のファンたちの熱気が伝わってきました。

さて、まずサミットに先駆けて始まったのは、「大河原杯メカバトルトーナメント」。
2足歩行のロボットたちが戦うロボット・バトルですが、こちらに出場するロボの面々は、大河原作品でおなじみの顔ぶれ。
そう、テレビで見ていたあのロボットたちがリアルバトルをするという、まさに夢の対決ということで、観客たちも大興奮。

ご存知『機動戦士ガンダム』より、ガンダム登場。


 

『ヤッターマン』より、オモッチャマとドロンボー一味のメカ・ダイドコロンの対決が実現。
 

『ガンダムビルドファイターズ』より、人気のベアッガイⅢも参戦
 

出場者の中で特に異彩を放っていた「稲城なしのすけ」。大河原氏デザインによる稲城市の公認キャラクターです。
 

ロボットたちは素早い動きを見せたり、飛び道具を駆使したりと、見ごたえのある戦いを展開。
さらに、作品のキャラクターに扮装したコスプレで登場し、テレビアニメさながらのセリフ・パフォーマンスを繰り広げるチームなどもあり、おおいに盛り上がりました。
 

 

アニメの中でも、激しい戦いを繰り広げているロボットたちですが、リアルの彼らの戦いも見ごたえは十分。
そして、白熱の戦いの末に見事SDGガンダムが優勝を勝ち取り、メカバトルトーナメントは幕を閉じました。
戦い抜いたロボットたち。みなナイスファイトでした。素晴らしい戦いをありがとう。

【関連URL】
・稲城市ホームページ
http://www.city.inagi.tokyo.jp

・ヒーローメカドリームス
 http://k2g2.sakura.ne.jp/HMDreams/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>