名作フィギュアが集結!「リボルテック99作品展」~ホビーロビー東京取材記:後編

さて、前編の記事に引き続きホビーロビー東京の「リボルテック99作品展」です。

こちらには、現在「リボルテックヤマグチ」が世に送り出した99の作品が集結しています。

 

 

つい最近発売されたばかりの『ルパン三世』。ファンの心を盗んでいくこと間違いなし?

 

「リボルテックヤマグチ」の生みの親・山口勝久氏が「ゲッター」好きということで、『ゲッターロボ』の名作フィギュアも多数生み出されています。

 

実写映画が話題を呼んだ『デトロイト・メタル・シティ』より、クラウザーさんたち御一行も。

 

おなじみ女性に大人気の『戦国BASARA』。こちらの作品が登場したときは、ホビーロビー東京に、いままでになく女子のお客さんが多数ご来店されたそうです。

 

『リボルテックヤマグチ』の中でも、やはり特に人気という『新世紀エヴァンゲリオン』のフィギュアも健在。

以上のようにリボルテックシリーズの数々が並ぶショーケースは、アニメ、マンガ好きならば見ているだけでも、本当に楽しい。全作品を予約して揃えている熱心なファンがいるというのもうなずけます。

ホビーロビー東京には、他にも漫画・アニメ好きの心をそそるフィギュア作品が多数。
取材に訪れた日、入口で待っていてくれたのは『北斗の拳』のケンシロウの等身大フィギュア。

 

さらにお店の中に待っていたのは『ああっ女神さまっ』より美しい女神たちの饗宴。

ホビーロビー東京は、いわゆる「マニアのためのマニアの商品ショップ」にならないことを目指しているホビーショップとのことですが、実際、入口が広く、店内も非常に明るい雰囲気。

さらにスタッフには女性店員さんも待っていてくれるので、いわゆる「マニア」ではない人でも気軽に訪れることができるオープンな雰囲気があります。

そして、お店の中に待っているのは、日本のフィギュア市場をリードしてきた海洋堂が誇る「さすが」としかいいようのないクオリティのフィギュアたち。

今回紹介させていただきました「リボルテック99作品展」は11月初旬まで開催予定。

アニメ、漫画好きのみなさん、秋葉原駅前・ラジオ会館のホビーロビー東京へGO!です。

【関連URL】
・株式会社海洋堂
http://www.kaiyodo.co.jp/

・100弾目は何だ!? REVOLTECH YAMAGUCHI100
http://www.kaiyodo.co.jp/100yamaguchi/index.php

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。