万能鑑定士Qの事件簿 I (角川文庫)

人の死なないミステリ『万能鑑定士Qの事件簿』実写映画化が決定!

万能鑑定士Qの事件簿 I (角川文庫) 【あらすじ】
都内全域のあちこちに貼られている「力士シール」を巡って、雑誌記者の小笠原悠斗(おがさわら・ゆうと)はガードレールを運んでいた。入社4年目で、そろそろ実績を挙げたいドジな問題児の小笠原は、シールの鑑定をひょんなことから凜田莉子(りんだ・りこ)に依頼することになる。それが実は政界まで巻き込むような偽札事件にまで発展するとは……?!

【みどころ】
松岡圭祐の名作、シリーズ累計300万部突破を誇る、「人の死なないミステリ」がコミック化した。自称「万能鑑定士Q」という、不思議な通名を持つのは、23歳の美女、凜田莉子は、物に限らず、音や人まで「鑑定」できてしまう。しかし、そんな彼女も、上京してくるまでは、勉強が苦手な問題児だったのだ。

小笠原悠斗は、出版社入社4年目の冴えない記者。大衆雑誌を担当しているため、この「力士シール」事件も何か素っ破抜きたい編集長にどやされていた。ところが一転、社内が不穏な空気に……。気になった小笠原は、単独で莉子と真相究明に乗り出す。
この名作が、コミカライズだけでなく、2014年初夏に実写映画化することになった。タイトルは「万能鑑定士Q モナ・リザの瞳」。コミックとは違うヴァージョンで、ファンが選ぶ人気ランキング1位の原作作品を題材にしている。気になるキャスティングは、凜田莉子役に綾瀬はるかさん、小笠原悠斗役に松坂桃李さんと、原作に近いイメージの二人が起用。これは期待大!実は日本映画史上初の、フランスのルーブル美術館でのロケを敢行したのだとか。
公開は2014年5月31日から。続きが気になるコミックス第3巻は、この春刊行される。どちらも今から楽しみでならない。

【作品データ】
・作者:原作/松岡圭祐 漫画/神江ちず キャラクター原案/清原紘
・出版社:角川書店
・刊行状況:1~2巻(以下続刊)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>