週刊少年サンデー 2010年47号(2010年10月20日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ

●『最後は?ストレート!!』(寒川 一之)
新連載。舞台は一部の生徒に英才教育を施すマンモス学園。主人公の高津睦月、中学1年生はその一員ながら凡人として埋もれかけていた。しかし才能ある転校生の登場で、彼の周りが賑やかになりつつある。
名前が違ってるってことは、明らかに別人なんでしょう。野球マンガの気配はあるんですが、何週でそこに突入するのか。また才能を見出している黒幕、学園長の存在も不気味です。選抜組と一般生徒が一緒に授業を受けているようですが、英才教育ブログラムはどんなものなんでしょう。それがあっても芽の出ない主人公、覚醒するきっかけが楽しみです。

●『國崎出雲の事情』(ひらかわ あや)
出雲達は、斬歌舞伎を率いる薊清良の師匠を訪ねる。過去を知った上で仲を取り持とうと、師匠にチケットを渡す。これにより出雲達は抜擢される。清良の師匠は叔父ですが、激情しがちなところは似ているようです。しかし写真を取っておくなんて、未練たらしいと思うんだけどなぁ。

●『電脳遊戯クラブ』(小笠原 真)
各週刊少年誌が擬人化されて登場。超実験的作品とのことですが、やったもん勝ちってところも。マガ君とサン君の一年前の蜜月を覚えている人がどのくらいいるのでしょうか。サン君の地味ってのは、自虐的です。間違ってはいないんですが。

■ 掲載順チェック!

【今号の掲載順】
 最後は?ストレート!!(寒川 一之)
 結界師(田辺 イエロウ)
 名探偵コナン(青山 剛昌)
 神のみぞ知るセカイ(若木 民喜)
 鋼鉄の華っ柱(西森 博之)
 KING GOLF(佐々木 健 技術指導&監修/谷 将貴)
 ハヤテのごとく!(畑 健二郎)
 最上の明医~ザ・キング・オブ・ニート~(橋口 たかし 取材・原作/入江 謙三)<センターカラー>
 史上最強の弟子ケンイチ(松江名 俊)
 マギ(大高 忍)
 ARAGO(新井 隆広)
 境界のRINNE(高橋 留美子)
 國崎出雲の事情(ひらかわ あや)
 アラタカンガタリ~革神語~(渡瀬 悠宇)
 戦国八咫烏(小林 裕和)
 MiXiM☆11(安西 信行)
 絶対可憐チルドレン(椎名 高志)
 T.R.A.P.(大和屋 エコ)
 怪体真書φ(険持 ちよ)
 月光条例(藤田 和日郎)
 オニデレ(クリスタルな洋介)
 DEFENSE DEVIL(原作/尹仁完 作画/梁慶一)
 電脳遊戯クラブ(小笠原 真)

《休載》
 はじめてのあく(藤木 俊)

【コメント】
『境界のRINNE』『戦国八咫烏』が中ほどに定着しつつあります。底堅い人気はあると思うものの、上位を伺うには今少しインパクト不足かも。『史上最強の弟子ケンイチ』がようやく決着。アパチャイの生死も含めて、注目必至。上位進出が見込まれます。『鋼鉄の華っ柱』は新連載の勢いが落ち着いて、そろそろ真価を問われそうな時期。新たな生活の元での展開を待ちましょう。『最後は?ストレート!!』の連載開始で、また弾かれるものがありそうです。下位の連載陣で危なそうなところが2つ3つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。